【春の18きっぷ旅行記】①18きっぷを使ってみよう計画

意外とね、初めて買ったんです18きっぷ。一度やってみたかったのです、鈍行列車一人旅。

ネットとかで情報を集めると、長距離になると修行になるとか、初心者は短い距離から使ってみようとか、親切丁寧なアドバイスがでてきますけど、

インドのバスに一日中ゆられるのに比べれば日本の鈍行列車の方がぜーーーーーーーーったいラクチンに決まってるんです。無問題!

(インド基準で考えるな!ここは日本だ!なんて良く言いますが(言うのか?)インド基準を一度身に付けると日本が素晴らしく思える事は結構あります。日本がダメに思える事も結構ありますが)
と言う訳で、私が組んだ大移動計画がこちら。

 

1日目:福岡発→大垣駅(岐阜)から夜行快速「ムーンライトながら」乗車。

2日目:「ムーンライトながら」東京着→仙台へ。

3日目:仙台からバスで福島へ。津波・原発事故被災地をみて、仙台に戻る。

4日目:仙台から名古屋へ。

5日目:名古屋で台本で関わった劇団の公演を見る。

6日目:同上。

7日目:名古屋→福岡へ。

 

うーん。
アホだな。

時刻表を買ってメモ取りながら計画したんですが。
飛行機だったら4時間くらいでいけそうな福岡→仙台間、どんなにがんばっても一日半かかるんですよ。

しかし、江戸時代の事を考えればやっぱり早いでしょう。
(江戸基準で考えるな!今は平成だ!)
この計画を実行する準備段階で一番大事なのは「ムーンライトながら」の指定席が買えるかどうかでした。
18きっぷシーズンだけに運航されるこの臨時夜行列車(寝台車じゃないから横にはなれません)、
指定席券520円を買わないと乗れないのですが、もしこれに乗れなかったら計画大幅見直しなのです。

ネット情報でも、ムーンライトは人気列車のため発売日(乗車日の一ヶ月前)に速攻で押さえるべしと書いてある。
しかし発売日、私は演劇ユニット「ぐにゃり」の公演直後でまだワタワタしていて、みどりの窓口に行けず。

ダメ元で翌々日くらいに空席照会してみたら。
「空席あり」
!!!
慌ててみどりの窓口へ!

ムーンライトの予約をしたら駅員さんが間違えて岐阜東京間の通常運賃まで加算して料金請求してきたんで、

「18きっぷ使うんで指定券だけでお願いします」

と大慌てでお願いしました。危うくムダにン千円取られるとこだったぜ。
恐らく福岡でムーンライトの指定券買う人ってそんなに居らんのやろうなぁ・・・
さて、これで準備はバッチリです。
あとは旅行当日を待つばかり・・・なんだけど。

実はこの出発の前日まで、ジョニー(例の手品人形)を売るために私、約一週間広島で車中泊生活をしておりまして。

夜中12時頃広島から運転して福岡に帰り着いて、荷物を放り投げると同時に準備を始めるという、っていうかまた12時間後には広島通過予定じゃん何やってるんだろう私状態。

当然相方からも何やってんだお前という呆れられた視線を背中に受けながら、荷造りしてたら3時くらいになって、今寝たら絶対始発に起きれない自信があったんで、

そのままお風呂に入ったりなんだりして、完徹状態のままリュック背負ってふらふらと始発に乗り込んだのでありました・・・

つづく。

IMG_1493





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら