【春の18きっぷ旅行記】②線路は続くよどこまでも

無事に4:51の始発に乗り込んで、まず最初の乗り換え小倉まではよく使う鹿児島本線、特別不安も何もなくぼーっと。

小倉(6:16)でおにぎりを買って乗り換えて、関門トンネルを通過。
IMG_1495
下関(6:50)から先は通勤時間で一瞬人が増えました。この辺の駅名は、2号線車で走ってても出て来る地名なんで、まだなんとなく場所のイメージがつきます。

岩国(10:37)乗り換えで時間があったので「コーヒー飲みたいな~」って、ちょっと駅前に出てみましたが。

コンビニがない。

ミスドとパン屋があるのにコンビニがない。

主要駅の前にコンビニがないなんて・・・と謎のカルチャーショックを受けながらミスドでコーヒーを買ったのでした。
IMG_1497
ネット情報によると、広島は18きっぷ移動における難関のひとつだそうで。

なんでかって言うと、とにかく横に長い。長い上に鈍行しかない。いつまでたっても広島県、ここ広島、まだ広島、で精神的にキツいらしい。

その上岩国から岡山までの直通運転列車がなぜかほとんどなくて、2・3回謎の乗り換えが発生するのです。メンドクサイ。

糸崎で乗り換えたときなんか、ホームを階段上り下りして移動なんですが、乗り換え駅なのにエレベーターもエスカレーターもない!車いすの人超困ってました。

ちょっとなんとかしてよJRさん!

でも、個人的には広島長くてもそんなに退屈しませんでした。

瀬戸内海や宮島、それに尾道が一望できる海沿いを走ったり、里山の中を走ったり、なかなか景色がよかったので。

18きっぷって、基本電車しか乗れないのですが、宮島に行くフェリーは運営がJRだから、船にも乗れちゃうらしいんですね。いつか18きっぷ宮島詣での旅なんてのもしてみたいなぁ。
IMG_1502IMG_1504
さて、岡山到着(14:48)まだまだ余裕ですがお腹もすいたので一旦下車して、小一時間ほど休憩です。駅前をうろうろして岡山ラーメンを食べてみました。
ここで一旦メイン線路の山陽本線を離れて播州赤穂線と言うのに乗り換えます(15:48)

こっちの方が時間はかかるのですが、次の乗り継ぎで新快速の始発に乗ると一気に兵庫、大阪、京都を抜けて滋賀まで行けてしまうのです。

一番混雑の時間帯、混雑するエリアなので始発にでも乗らない事には絶対座れません!絶対座る!

18きっぷのたび、それは、仁義なき椅子取りゲームなのです!
いやー、快速って早いですね!

今まで広島、岡山抜けるだけで夕方近くになっちゃったのに、そっから先ほんの2時間で関西を一気に走り抜けちゃう。

しかしやっぱり人が多くて、

デカリュックを膝の上に乗せてたら、だんだん足がしびれてきて、地味にしんどかった。
え、網棚に乗せなさいって?

背が低い上に腕力ないから無理なの!届かないの!持ち上げられないの!

一度オジさんが親切に乗せてくれようとしたんだけど、下りるとき取れなくなるかもしれないから断ったくらいです。

くそー、チビにもやさしいバリアフリー社会の実現はいつなんだ。
無事に兵庫、大阪、京都を突破して滋賀県、一端草津(草津温泉ではありません)で休憩してそして岐阜県の大垣駅(21:35)到着。

晩ご飯を食べてから、ホームへ向かいます。

22:49発のムーンライトがホームにやって来ると、みんな写メ撮影会。

が、やって来ると割とすぐ発車しちゃうムーンライト。

みんな写メると同時にダッシュで自分の車両へ飛び込んでいきます。もちろん私もダッシュ。
IMG_1514
ムーンライト車内は、主に若い男の子グループが多くて、次が1人オジさん1人お兄さん、あとは若いカップル、老夫婦がちょこちょこ、ときどき女子/おばさんってな比率。

一晩中車内は明るいままだし椅子も多少リクライニングするぐらいですが、幸い自分の横は空席だったので快適な一晩を過ごさせていただきました。

ってか前の晩、完徹やったから大体どんな環境でも良く寝れますけどね。

大体、夜行バスだろうとジェットスターだろうと、多少座席が狭くても快適に過ごせるんです。何たってチビなので!えっへん。

夜中いっぺん目が醒めたら、膝が冷えて固まっててちょっとビビりましたけどね・・・。
そうして翌朝早朝には東京駅に到着です。

ふぁぁあぁ、良く寝たー。
つづく
「おまけ」

乗り換え途中で見かけた可愛い電車達。

IMG_1498

IMG_1500

IMG_1505

IMG_1510





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら