お風呂に入ると体がかゆい【50歳をすぎてからアトピーになった】

こんばんは。
寒いと湯船に浸かりたいけど、地獄が待っているのです。

1日に数回はどどどどどどど〜と悪魔のような「かゆみ」が襲ってきて、かゆいかゆいと半裸で転げ回って薬を塗る。
乾燥がひどいのもあるし、アトピーもひどい。

子供の頃は多分「アトピー性皮膚炎」なんて診断がなかったんじゃないかな?
あちこちかきむしって飛び火?になってた。

ある時期からそれがなくなって。
またかゆいかゆい言い出したのは50歳くらい。

動物の毛アレルギーもあって(猫、だめじゃん)
アトピー性皮膚炎の予防薬も飲んでる。

 

 

かゆみってのは「小さな痛み」らしい。
そんな感覚、いらんって!
かゆくても「死に直結する」ことないから、この感覚、いらんから。

 

それにもまして「お風呂」だ。
湯船に入ると、集団でやってくる。

僕はリビングではだかになって、そのまま下着を持ってあるいて風呂に行くという「癖」がある。
洗濯機に入れて、風呂場のドアを開け、風呂のふたを開ける。

むわわと湯気が上がる。

洗うとこ洗って、足から湯船に入る。

 

 

ずずずずずずずずずずずz。

きたよ。かゆみがやってきた。上がってきた。
浸かってないのに乳首がかゆい。

かゆい。
かきたい。
でも、かいたら後がひどい。

 

 

そう思ってると

なぜか「10回まではかいてよし!」っていうルールが、脳内で勝手に閣議決定され、ぼくは全力でかく。
力の限り。
かきむしって、ようやくカサブタのできたところをはいでしまう。
でもとまらない。

6.7.8.9.10!

ところが。

 

さっきの閣議決定の変更が、またまた勝手にされる

「あと10回はオッケー」

僕はもう10回かく。
かゆい!

「20!」

 

今度は指をに握りしめて、ドラえもんの手にして擦る
『これならかいてないよね!」

 

 

皮膚の弱いところがとくにかゆい。
太腿の内側、脇腹、首。乳首。
そして不思議なことに「帯状発疹」のあと、感覚の戻り切ってない「もんやりした場所」もかゆい。
かいても、感覚があまりないのに、だ。
遠くの方でかきむしってるかんかく。
それでも皮膚は死んで、もう再生することはないらしい。
黒く、死んだ皮膚。
とおくでかゆい、皮膚。

 

ある程度入ってるとヒリヒリと痛むけどかゆくはなくなってくる。
かゆさが「痛み」にレベルアップしからかもしれない。

とほほ。

 

 

でも、かゆいところをかきむしるとき、なんであんなに幸せな気持ちになるんだろう?
後にやってくるのは痛みと、出血と後悔なのに。

かきむしる瞬間は快感しかない。
角川映画的に言えば「カ、イ、カ、ン」だ。
その後マシンガンでふっとばされるのは僕自身なのに。

 

麻薬中毒になった人なんかも、こんな感じなんだろうか?
頭ではダメだってわかっていても、ものすごい快感のせいで、脳内閣議決定がどんどん覆っていく。
アルコール中毒も、かもしれない。

 

僕がロックンローラーになれないのは
せっくすもドラッグもだめで、「かゆいかゆい」しかないからだろうか?

 

 

【803号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2021





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。たっぷり30日も試せるからじっくり「体感」してみましょう。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら