ceroとコラボライブしたSMAPやっぱり最高!

you tubeで見つけて大好きになったceroが、3月7日のスマスマでSMAPとコラボライブした!
もうねー保存版ですよ、録画。鬼リピですよ。

 

地上波初出演がスマスマ。
ceroが、というよりSMAPがすごい。

なんたって、コラボライブそのものがすごくよかったの。
ceroのボーカルフルート(フルート!)高城くんはさすがにちょっと緊張してたけど、彼らの演奏が見られて感激。

SMAPはね、うつろいやすい音程(by あまちゃん)とか些細な問題なんですよ。
むしろこれだけうつろいやすい音程なのにいつも生歌な彼らの意気を感じてほしいですね。
やっぱり口パクからは伝わらない、ライブの熱というものがあるんですよ。

 

SMAPの音楽的懐の深さはこれまでの楽曲とパフォーマンスで既に折り紙つきだけど、
今回のコラボ見てさらに確信。

あっ だんだん長くなってきたので、ちょっと1曲、挟みますね。

それでは、ceroで『Orphans』です。どうぞ。
スマスマでやったsummer soulもいいんだけど、私はこの曲がとても好き。

 

さて、ceroと共演したSMAPね。

ceroのゆるい雰囲気、ルーズさを、巧まざるうちに5人ともが出してる。
むしろ若いceroに比べて年齢がいってる分、
テレビでのパフォーマンスに慣れてる分、余裕もある。
大人の男性がこんなふうに肩の力を抜いて音楽を楽しめるんだー、ってのが具現化されてて。

 

やっぱりSMAPはすごいよ。
歌がうまいとかヘタとか、そういう次元じゃないんだよね。もはや。

 

ゲス極の川谷絵音。
サカナクションの山口一郎。
赤い公園の人(名前知らない)。
凛として時雨の人(名…以下略)。
SUPERCARの人。MIYAVI。
中田ヤスタカ。椎名林檎。前山田健一。

プロデュース実績のある人から新進気鋭のミュージシャンまで、
みんなみんながこぞってSMAPに楽曲提供するビジネスモデルがどうやって生まれたのか知らないけど、
やたらかっこいい曲が作られ、パフォーマンスされてきたのは事実。

今このときの、ナウな(死語)ミュージシャンの音楽をどんどん受け容れられる器に、なぜかなってるんだよ。
年のいったアイドルグループが。

俺さまが作った曲をSMAPのやつらに歌わしちゃろーじゃないの。
って人もいれば、

そんな既製のステータスなんぞにのまれてたまるか、いくら金積まれてもやらん!
って人もいるでしょう。

それがポップアイコンなんだと思う。

私はね、嵐の等身大の華やかさも、TOKIOのガチ農家ガチ業者っぷりも大好きだけど、
やっぱりSMAPは別格な存在なんですよ。
京都五山・鎌倉五山でいえば南禅寺よね(たとえがオタクですまん)。

ポップカルチャーをバカにする人も嫌いな人もいるよ。
無名でも面白い人はいっぱいいるし、評価の無いところでやり続ける大変さもある。
でも、矢面に立ち続けるすごさって、やっぱりあると思う。

それやり続けてきたのがSMAPで、
本来、ポップがあるから、カウンターとしてのサブがあるんだけど、
なんかそういう垣根をとっぱらってるとこもある彼らの音楽が本当に不思議で素敵。

 

大人が楽しめるポップミュージック。
って、21世紀のこの国に少ない気がしてた。
キリンジとかスガシカオとかクラムボンとか・・・
いや、探せばいっぱいいるけどさ。

大人になったら音楽をあんまり聞かなくなる人もたくさんいる。
だから大人向けの音楽シーンじゃなくなる。
タマゴが先かニワトリが先かわかんないけど、
ヒットチャートが大人向きでなくなれば、よっぽど能動的にならなけりゃ、聴きたい音楽も探しにくい。

 

それが、ここんとこ、すごく変わった気がする。
ゲス極とかサカナクションとか大好きでよく聴いてる。ceroも、そう。
個性的で、洗練されてて、甘ったるくも暑苦しくもくどくどしくもない、大人のポップミュージック。

そんな流れをSMAPが作った、とまでは言いませんが。知らないんで。
でも今の音楽シーンにSMAPがいるのはほんとだと思う。

彼らのアルバムをまた借りようと思ってるんだ。
(そこまで言うなら買えよ、って突っ込んでくれていいですハイ)

かっこいいなと思った曲のクレジットを見ればまた、音楽の世界が広がる。

img_0





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

「ママじゃない私ポートレート」に、サニーさん!... 【Life-is-mine】をごらんのみなさん、こんにちは。 エミです。 もう見てくださった方もいるかもしれませんが、 私(たち)がやっているサイト 「“ママじゃない私”ポートレート」で、 ...
【映画】『エル ELLE』 タフな彼女の変態ムービー... 映画からなかなか遠い生活を送る、出不精で財布のひもが固い私。 こないだ、友だちが『シン・ゴジラ』のDVDを貸してくれたのがきっかけで、 1年ぶりくらいに映画作品というものを見た。家で、夫と。 ...
青天白日のラストゾンビーズ 9月の晴天。半袖が心地よい。 夫の車に乗せてもらって某ホールへ、友人のバンドのライブを見に行く。そのバンドにとっては解散ライブになる。 夫と5歳の息子はそのまま博多駅に向かった。ホームで新幹線...
リリー・フランキーの遠い星 NHK Eテレに、「スイッチインタビュー達人達」という番組があります。 毎回、ジャンルの違う有名人が2人出て、互いにインタビューし合うのです。 有名人がインタビューされるのはいろんなテレビや雑...
垣内美希さんの歌を聞きに、小倉「ぶらん亭」へ ~ その2... >>垣内美希さんの歌を聞きに、小倉「ぶらん亭」へ ~ その1 垣内さんが歌い始めると、たった1フレーズで空気が変わった気がした。 あたりを払うような声。 一年前にたった一度、ライブで聞い...
FBS「めんたいワイド」の収録に居合わせちゃったーぃ!... 新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。   さて。 ウッキウキーな2016年、いきなり面白いことに出くわしたので報告いたします。 さる1月某日、冬休み...
石川竜一「okinawan portraits 2012-2016」@三菱地所ア... 福岡にもついに台風がやって来るという話だったけど、やっぱりわかんないもので、いたって静かな朝が来ていた。電車もバスも通常通りに動いていて、夫はよどみない足取りで出勤していった。 さあ1日、息子(...
又吉がニュースZEROに出てた 2016年3月10日の「ニュース ZERO」。 ピース又吉が、被災地の中学校に行って特別授業をする様子が流れていました。 石巻市立、雄勝中学校。 もとの校舎は津波に流されて、 5年...
松田翔太さんのことなど こないだ、NHK「あさイチ」のインタビューコーナー「プレミアムトーク」に松田翔太が出てた。 作品以外での露出が少ない役者。しかも生放送。まさにプレミアム感あふれるトークじゃないですか! ...
垣内美希さんの歌を聞きに、小倉「ぶらん亭」へ ~ その1... 去年2016年の6月、 「斜め45度企画」 というイベントで偶然見たアーティスト、 垣内美希さん。 子持ちになり夜のお出かけから遠ざかってるとはいえ、 こう見えて私はライブ慣れしてて、そ...