ceroとコラボライブしたSMAPやっぱり最高!

you tubeで見つけて大好きになったceroが、3月7日のスマスマでSMAPとコラボライブした!
もうねー保存版ですよ、録画。鬼リピですよ。

 

地上波初出演がスマスマ。
ceroが、というよりSMAPがすごい。

なんたって、コラボライブそのものがすごくよかったの。
ceroのボーカルフルート(フルート!)高城くんはさすがにちょっと緊張してたけど、彼らの演奏が見られて感激。

SMAPはね、うつろいやすい音程(by あまちゃん)とか些細な問題なんですよ。
むしろこれだけうつろいやすい音程なのにいつも生歌な彼らの意気を感じてほしいですね。
やっぱり口パクからは伝わらない、ライブの熱というものがあるんですよ。

 

SMAPの音楽的懐の深さはこれまでの楽曲とパフォーマンスで既に折り紙つきだけど、
今回のコラボ見てさらに確信。

あっ だんだん長くなってきたので、ちょっと1曲、挟みますね。

それでは、ceroで『Orphans』です。どうぞ。
スマスマでやったsummer soulもいいんだけど、私はこの曲がとても好き。

 

さて、ceroと共演したSMAPね。

ceroのゆるい雰囲気、ルーズさを、巧まざるうちに5人ともが出してる。
むしろ若いceroに比べて年齢がいってる分、
テレビでのパフォーマンスに慣れてる分、余裕もある。
大人の男性がこんなふうに肩の力を抜いて音楽を楽しめるんだー、ってのが具現化されてて。

 

やっぱりSMAPはすごいよ。
歌がうまいとかヘタとか、そういう次元じゃないんだよね。もはや。

 

ゲス極の川谷絵音。
サカナクションの山口一郎。
赤い公園の人(名前知らない)。
凛として時雨の人(名…以下略)。
SUPERCARの人。MIYAVI。
中田ヤスタカ。椎名林檎。前山田健一。

プロデュース実績のある人から新進気鋭のミュージシャンまで、
みんなみんながこぞってSMAPに楽曲提供するビジネスモデルがどうやって生まれたのか知らないけど、
やたらかっこいい曲が作られ、パフォーマンスされてきたのは事実。

今このときの、ナウな(死語)ミュージシャンの音楽をどんどん受け容れられる器に、なぜかなってるんだよ。
年のいったアイドルグループが。

俺さまが作った曲をSMAPのやつらに歌わしちゃろーじゃないの。
って人もいれば、

そんな既製のステータスなんぞにのまれてたまるか、いくら金積まれてもやらん!
って人もいるでしょう。

それがポップアイコンなんだと思う。

私はね、嵐の等身大の華やかさも、TOKIOのガチ農家ガチ業者っぷりも大好きだけど、
やっぱりSMAPは別格な存在なんですよ。
京都五山・鎌倉五山でいえば南禅寺よね(たとえがオタクですまん)。

ポップカルチャーをバカにする人も嫌いな人もいるよ。
無名でも面白い人はいっぱいいるし、評価の無いところでやり続ける大変さもある。
でも、矢面に立ち続けるすごさって、やっぱりあると思う。

それやり続けてきたのがSMAPで、
本来、ポップがあるから、カウンターとしてのサブがあるんだけど、
なんかそういう垣根をとっぱらってるとこもある彼らの音楽が本当に不思議で素敵。

 

大人が楽しめるポップミュージック。
って、21世紀のこの国に少ない気がしてた。
キリンジとかスガシカオとかクラムボンとか・・・
いや、探せばいっぱいいるけどさ。

大人になったら音楽をあんまり聞かなくなる人もたくさんいる。
だから大人向けの音楽シーンじゃなくなる。
タマゴが先かニワトリが先かわかんないけど、
ヒットチャートが大人向きでなくなれば、よっぽど能動的にならなけりゃ、聴きたい音楽も探しにくい。

 

それが、ここんとこ、すごく変わった気がする。
ゲス極とかサカナクションとか大好きでよく聴いてる。ceroも、そう。
個性的で、洗練されてて、甘ったるくも暑苦しくもくどくどしくもない、大人のポップミュージック。

そんな流れをSMAPが作った、とまでは言いませんが。知らないんで。
でも今の音楽シーンにSMAPがいるのはほんとだと思う。

彼らのアルバムをまた借りようと思ってるんだ。
(そこまで言うなら買えよ、って突っ込んでくれていいですハイ)

かっこいいなと思った曲のクレジットを見ればまた、音楽の世界が広がる。

img_0





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

赤いギターを弾いていたころ サニー安田さんから、面白いものが送られてきた。 なんかいろいろ整理してたら出てきたんだって。 https://mylifeismine.net/wp/wp-content/uploads/201...
【彼女たちのコトバ】 AKB総選挙(上)... AKB総選挙、毎年見ちゃいます。 これほど生々しい言葉・・・しかも若い人の言葉が次から次に聞ける機会って、なかなかないものです。気持ちをうまく言葉にできない子もいるし、敢えて隠したり演じたりする...
『ナイーブ GO ON !!! 』なサニーデイおめでとう... 3/21、サニーデイ@清川キャバーンビート サニーこと安田クニヒデさんの自腹誕生日イベント。翌日で53才。 ライブハウスの常識を超えたビュッフェスタイル! トークショーあり、ゲストライブあり...
「ママじゃない私ポートレート」に、サニーさん!... 【Life-is-mine】をごらんのみなさん、こんにちは。 エミです。 もう見てくださった方もいるかもしれませんが、 私(たち)がやっているサイト 「“ママじゃない私”ポートレート」で、 ...
独断と偏見によるドラマおすすめ、2016年1月期編... どうも。『真田丸』が面白くてご機嫌麗しい大河オタクです! 真田丸のことを語り始めると1万字くらい必要なのでおいといて・・・。 ドラマ『掟上今日子の備忘録』をやっと見終わりました。 ...
追悼、野坂昭如~もうひとつのトラウマ作品... 野坂昭如、逝去。   私(昭和53年生まれです)以下の世代では、圧倒的に『火垂るの墓』の印象が強いと思うんですが、私にはもうひとつ、彼の小説で、トラウマ級に衝撃を受けたものがあり...