頭の中が乱雑になることがたまにある、いや、割とある。皆さんはどう?

こんばんは。

マルチタスクといえば聞こえがいいけど。
いろんな考えが同時に頭の中の違う部屋で動き始めることがある。
子供の頃からそう。

学校で授業を聞いている。
目はバレないように窓の外を見ている。
遠くに小さな飛行場があって、セスナ機が離着陸してる。
僕はあっという間にそのパイロットになり、急旋回をする試験を受けていることは想像する。
想像、なんて軽いものじゃない。
心拍はあがり、手に汗をかき、気分が悪くなる。

それでも家に帰る道すがら、授業で聞いたことが再放送される。
つまり、「全く集中して、我を忘れてるわけじゃない」んだ。

教室を出て行ったり、急に立ち上がったりはしないけど、頭の中は複数のことがらでいっぱいいっぱいで。
体も疲れていた。

 

 

いまもそう。

仕事に集中してる時。
今日中に仕上げなければならない文章やデザインをあたふたとやりながら
夕食の献立を確認していたり、海外ドラマの続きが気になっていたり
使ってない部屋のエアコンを切っていたかが気になる。
気になるだけじゃなく

  • 料理を作ってる自分
  • ドラマを見ている自分
  • エアコンを確かめに行ってる自分

が、確実に頭の中にいる。

これはとても困ったことで、「体験してるけど実際はやってないこと」ってのがボロボロ出てくる。

 

 

こうなってくると小さい頃の自分の記憶が、「もしかしたら体験してないのかも」と不安になる。
母親の認知症が進んでて、同じ話を何回も電話かけてくるのだけど、最近は急に、僕の子供の頃のことを話始める。その話の内容が、自分の記憶と同じとき、ほっとする(笑)

ああ、あの池で溺れた記憶は確かだったんだ。
幼稚園でお祈り時間が嫌いで、マリア様の像にキックしたのは確かだったんだ。
いとうず遊園地の裏から、やぶれたフェンスをくぐって中に入っていたのは確かだったんだ(笑)

僕もそのうち記憶が定かじゃなくなってくるだろう。
そんなときこのブログが役に立つだろう、立つだろうか?

 

 

揺れてるものとか、外の風景とか
そんなものに意識を持っていかれて、想像(妄想?)の羽がどんどん広がっていく。
しまいには子供の頃の爆竹遊びを(頭の中で、子供の僕が)はじめてしまい、ドキドキする。
火薬の匂いさえする、気がする。

そんなこんなで1日は「やってもいないこと」でヘトヘトになる。
睡眠にうまく入れない。
頭痛と鼻血に見舞われる(笑)。

 

多分きっと多くの人がそんなふうに「頭の中が混乱してる状況」だったとしても、うまく優先順位をきめたり、メモにとったり、自らのタスク管理をしたりしてるんだとおもう。
まれに、「頭がスッキリ整理されて、部屋は一つ」というひともいるかもしれない。
外からじゃわからないよね。

 

エヴァンゲリオンのプラグのように「ぬけば強制停止するもの」が、何か欲しい。
それが今のところ「ソングライティング」になってる。

机の前でギターを持ってペンと紙を用意して、「なにか」を作ってる時は、脳の他の部屋が静かだ。そんなに長い時間はもなたいけど(数分、かな)
そういう「頭を落ち着かせる作業」で歌を作ってることが多い。
世の中の辛いニュースとかから誘発されて、全然違うお話になったりもする。

僕の「癒し」だ。

 

たまにはこんな「ほんとうにどうでもいいはなし」を、今年はアウトプットしていこうとおもう。
共感されることはなくても「へ〜〜〜。サニーへんなの」って思われても。

 

 





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。たっぷり30日も試せるからじっくり「体感」してみましょう。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら