路上で、公園で歌を歌う君へ

先日、何人かの人と話してるとき。

警固公園とかって、歌を歌ってる人がうるさいよね。ヤンキー車とおなじだよ。なんであんなバンバンでっかい音立てて逮捕されないわけ?

という人がいた。

自己主張ならよそでやれば?ライブハウスとかでやれないから道でやってるんだろうけど、はっきりいって気分悪いよね。

とも。

 

路上での音楽活動をやってる人がたくさんいる。
知り合いにも多い。
街中に音楽があるのはいいことだ。

でも話してる彼女たちにむかって「そんなことはないよ」っては、言えなかった。

だって、うるさいもん。音、おおきいもん。

 

充電できるアンプのせいかはわからないけど。音が大きすぎるよね。それでもやりたい。自分のことをわかってもらいたい!そういう気持ちもわかる。
でも「音楽を殺してるんじゃない?」って思うことがある。
お花見でカラオケを歌いまくって、嫌な顔されてる人と同じだよ。
信号待ちでドデカイ音で音楽かけてる車と同じだよ。
大きな音楽は暴力だよ。

 

umbrella-590727_640

 

公園やパブリックスペースは文化が生まれるところだと思う。と、同時に「あなたの自己主張の場所」ではない。

キーボードみたいにそのままでは音が出ない楽器ならともかく、ギターになぜアンプがいるのかな?どうして大きくしないと届かない音楽をやるんだろう。
どうしてリズムボックスでビートを刻まないといけないんだろう。
どうして、マイクを使うんだろう?

楽器のよさが死んでしまうよね。

人を傷つけたい。いやがらせをしたい。そんなメッセージもあるとは思うし、それはそれでよし。
でも歌われてるのはそんなメッセージじゃないかんじ。

 

このまま現状が続いて行くと、きっと規制がかかるだろう。
ねこそぎ禁止になると思う。

いま、やる側がなにかをしないと、次に続かなくなるよ。
ギターをひきたいな、歌いたいなって思う次の世代が、やりにくくなるよ。
君たちがいま、そうやって公園や通りで演奏できるのは、先輩たちが音楽を作り、商売になってるからだよ。音楽を楽しむ人が「多数派」ではないことをよく知ってほしい。

 

「迷惑をかけるな!」
そんな世の中は大嫌いだ。迷惑をかけたりかけられたりする世の中が大好きだ。
だからこそ急激な変化や、つけこまれるスキを与えるのはよくないんじゃないかな。

 

ある日、全員が、自分のまわり2~3メートルしか聞こえない「生音」の音楽をはじめたら、それは素敵な革命的なことだと思うんだけどな。
もっとよく聞きたいと思う人が、もっと距離を縮めてくる。
すばらしい光景な気がするんだけど。

 

大きな液晶画面から大音量で流される宣伝音楽。その隙間にふと流れてくる本物の音楽。それって素敵なことだとおもうけどなあ。

 

あなたの歌をききたいひとも、聞きたくない人もいる。それがパブリックスペース。
歌が凶器になる前に、すこし考えて欲しい。

bandurist-94609_640

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

仕事納めとか、御用納めとか、12月28日... 12月28日。 クリスマスも終わってなーんか、さむい。 お正月は地味だ。 そして今日は割と多くの企業で「仕事納め」ってかんじ。 百年橋通りのすきすき加減から見ると、今日からお休みのところもおお...
「散る」と「枯れる」サクラの花を散らす雨... 満開を迎えたサクラが、昨日の雨ですこし散ってた。 会社の近くの公園。 クローバーの緑の上に薄いピンクのはなびらがたくさん。   サクラの花は、枯れる前に散る。 美し...
能年玲奈が芸名変更「のん」という名で再出発【FRADAYスクープを読んで】... 能年玲奈:ホットロードのTV放送で久しぶりに見た TVをつけたら、前時代的なヤンキーたちが集団乱闘をしていた。 でくのぼうな感じの主演男性が「角川映画」を思い出させる中、すらりと伸びた手足と眉間の...
NHKドラマ トットてれび:感想【死にゆくものへの祈り】... トットてれび:始まりと終わり・生と死を描く 1965生まれの僕は、まぎれもないTVっこ。 白黒テレビ カラーテレビ 衛星放送 液晶テレビ ハイビジョン(このへんはよ...
中島晴香ワンマンライブ@ゲリラハウス【理想の音を求めるチカラ】... 中島晴香。妥協のない求道者 ずっとアレンジ考えたり、練習したり、スタジオで合わせたのは3回だったけど。 かなり真面目に取り組んだ「中島晴香ワンマンライブ」のサポート。 弾き語りのアーティスト...
日田まぶし千屋《豆田》香ばしさが口の中でラインダンス... 日田。豆田。 何度か来たことがあるし、何度かきそびれることも。 無料の駐車場があるんだけど、わりとすぐ満車になる。道が狭いので他には止めにくい。 早めのスタートが、いいと思います。 &nb...
ロックンロールをやりたいと、いつも思ってる。... 好きな音楽はいろいろある。 つまんない音楽もきらいじゃない。 でもいくらスキだからってドアーズばっかり聞いててもおもしろくない。   こないたTVで「小さな恋のメロディ」をや...
高橋プランクトンワンマンライブは「ワンマン=ひとりぼっち」ではなかった。... 高橋プランクトン:ワンマンライブ@ブローイン 朝から激しい雨で、ものすごい頭痛で。 立ち上がるのもやっとだった。這いながら、馬出ブローインへ。 いつもはゆったりとした空間に、ところせましとイ...
就活スーツをきた女の子たち@博多駅南... 黒いスーツを着た女の子たちがずんずんに歩いている。 博多駅あたりでは、説明会とかがあってるのか、黒スーツの一団をみるんだけど、僕の仕事場があるここ、博多駅南(っていっても駅から15分くらいかかるんじ...
ジブリの立体建造物展@熊本市現代美術館:仕事人たちの密かな欲望... ジブリの立体建造物展:目に見えない部分に愛情を注ぐ人たち ゴジラ展で見た、制作の人たちの狂気的な愛情。実際に物を作って、壊す!というカタルシスに満ちた模型作り。 たった一瞬でその形を失う。壊される...