らるきい【なぜ並ぶのか全くわからない福岡のパスタ専門店】

20年近く前に湊に事務所を出していた。
その頃にできた「らるきい」というパスタ専門店。
昔はテラス席と室内だったんだけど、途中からお客さんが増えて、改装して大きくなった。

15年くらい前に食べた時は

「なんやこれ、まず」

て、感じで。値段も高いし、もう行くことはないかな〜と思ってた。
しかも最近、ずーっと外で並んでるんだ。お客さんが。

なぜ?

並だよ。パスタ。

 

でも、そうなると並んでみたくなるもので。

ちょうど開店時間11時すぎにお店の前を通ることがあったので、15年ぶりに行ってみよう!と。
車を止めて。

もう並んでる。
しかも11時の開店での第一陣はもう入店してる。
今から40分くらいは待つようだ。

でもどんどんお客は来る。
すごいな。

噂のパンケーキ屋さんのようだ。
一瞬で消える流行のパンケーキ屋さんと違って、らるきいはもう20年近い。

暑いさなか、日傘の配給がある。
みんな待ってる。

 

ようやく中に入り、僕らは

一番人気の「ペペたま」と高級な「うにのカルボナーラ」を頼む。
トーストもよく合いますよと言われ、トーストも。

 

きたのがこれ。

2016-07-31-12.02.17
ペペたま
うにカルボナーラ
うにカルボナーラ

 

一番人気の「ペペたま」はペペロンチーノの辛さと、カルボナーラ風ふわふわ卵がベストマッチ!
のはずだけど・・・

昔食べたのと同じくらい、味が塩辛いし。どっちかっていうとまずい。

しかも「うにカルボナーラ」はもう、卵黄が固まってる。
素人が失敗したようなパスタ。

パスタはダマになっておにぎりのようだし。
なぜこんなもののために、みんな並ぶんだろう。

うにパスタは濃厚で、いい味ではあった。ただ卵黄が残念なだけ。

 

ささっと食べて、店を出た。

みんな、この味が好きなんだろうな。
もうたぶん15年はいかないと思う。

 

あ、でもね。
パスタ頼むと、出てきた時に「あら〜〜少なかったな〜」っていっつも思うけど、
らるきいのパスタは普通盛りでもがっつりある。

僕はクリスティーとか、生パスタのもっちりのお店が好きだな。

2016-07-31-12.02.23

 

 

鉄分不足でイライラしてない?気になる人はちょっと見てみて>>>ここをクリック!!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

クロキカオリ作【お茶挽】椿亭豆猫:遊郭の舞台裏から~カフェソネス... どちらかというと落語は古典。古くから伝わる文化だし、残ってるものは残るだけの理由があるから。 でも、最近、桂文枝(もと桂三枝さん)の創作落語を聴くことが何度かあって、すごく良かった。 落語って...
がんばれがんばれアルバイト 【スープ&カレーのおみせで】 注文を確認するんだけど、なかなかでない。 いいよいいよ。焦らないで。 領収書をもらえますか? あ、レシート返しちゃった。 えっと領収書ってどうするんだっ...
立花綾香:アクアリウム小噺【クジラ雲と夕陽から東京水槽へ】あの日見た夕陽は今、ジ... 立花綾香:発光ダイオードの1秒 夕陽が沈む。今日が終わる。 朝、目を覚ました時に抱いた決意はバラバラになり、 どんよりとした頭痛はそのまま残されてる。 今日が昨日へ、明日が、今日へ。 無...
人生初!流し@白金・高砂・清川サルー【いやー楽しかった!ばてた!美味しかった!】... 大好きなスープカレーのお店「カヨカリ」のカヨちゃんから 「サニーさん。流しやってくれない?」といわれたのはバンドでのライブの打ち上げ時。 ほら、そういうときって「まともじゃない」でしょ(笑) ...
対馬観光PR展in福岡【博多駅でacaneさんサポート・2ステージ】... 博多駅で、オープンエアで演奏。 ギターを弾く。 考えただけでも気持ちよさそうじゃないですか。 しかも、海産物に囲まれて(笑) 時間をやりくりして、参加しました。 ざざざっと雨が降った...
gigiを知らない若者たち~福岡文化の源流で~... gigiで、ライブだった。 それも、いつものgigi主催の投げ銭ライブではなく、このごろ一緒にからんでる「ザ・エンタメ」の持ち込み企画。 20代の若者を中心としたザ・エンタメ。 当然、gig...