キャバーンビート投げ銭【東京帰りの山田芭瑠とニューフェイスたち】

キャバーンビートで行われる「投げ銭LIVE」
もう誰も投げ銭はしないので実質オープンマイクイベントだけど、
昨日は初めて見る方が二人いた。

SAKURAさんとHISASHIくん

SAKURAさんはブルーが好きなシンガー。
ギターはまだ初めて2年らしいけど、おしゃれな展開を見せるコード進行。
等身大のラブソングをヒールの高さ分くらい、すこし高みに上げてくれるような歌。
短めのステージだったけど。また見てみたいと思った。
緊張気味なステージング。清涼感とほのかに香るガーリィな雰囲気はこれから楽しみ。
ゲリラハウスに出てるらしい。

HISASHIくんはギター愛に満ちてて、すごく好き。
ハーモニクスも、パラパラと溢れるような音も、すごく気を使ってる。
ギターが好きでたまらないようだ。
それが、ずんずん伝わる。
いさぎよくて、いい。

 

中学生、齋藤ゆいさんは、Fキーの曲に果敢に挑んでいた。
ステージ度胸も、しゃべりも。どんどん上手くなっていく。
怖いものしらず(笑)
ライフマップというオリジナルはやっぱり、いい曲。

NISAIくんはJ-POPのおいしいとこをつめこんだ楽曲と、聞いてて苦しくないハイトーンが魅力的だ。
作品のレベルも高い。
言葉を散弾銃のように放つ。優男風に見えるけど、硬派なんじゃないかな?すごくハードに尖った感じがする。

 

僕は初めてのエレガットでの弾き語り。苦労した。
座って弾いたんだけど、足の位置が決まらずであわあわした。

参議院選挙・都知事選の終わった今、どうしても歌いたかった「大統領殿」をやった。
会場、沈み込んでた。

この歌はもはや少数派の戯言なんだろうか。

 

 

山田芭瑠は単身、東京でライブをしての凱旋。いろんないい話もあったようだ。
彼女に世界が気がつくまで、あと少し。
本当に素晴らしい歌。

僕はごく初期からののファンだよね〜と彼女に言ったら

「ファンじゃないでしょ」

なんて言われた(笑)まあ、そういうところが山田だ。

この日は3曲だったけど。ほんと、聴くたびに打ちのめされる。
僕のイベントにもお呼びした。調整が必要みたいだけどうまくいくといいな。

さよならカラーを歌ったんだけど。
もう、感動的だった。

〜僕を忘れてもいいけど、自分はもう離さないで〜

なんてセンチメンタルルルルルな気分になる(笑)

111

 

僕は彼女の「夜更かし」という曲がたまらなく好きなので、アレンジして自分で歌ってる。
今度の音源に入れようかというと。

「やめてください」(笑)と言われた。
ま、あ、そんなとこが山田だ。

というわけで、音源には入りませんが「よふかし」お聞きください。

 

トリはタケッチ。

相変わらずオシャレなギターとしゃりしゃりサウンドで
エッジの効いたストーリーを聞かせる。

ああ、夏が終わったら「エロ本/夏の記憶」が聞けなくなるんだなあ。
いい歌だよなぁ。

タケッチと山田、森ゆめなと
タケッチと山田、森ゆめなと

 

新しい人と知り合えるし、頑張らねば〜と思える。
それが音楽の現場。

聞いてくれる人がいて、嬉しい。
まだまだ、これからさ。

 

0102

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

東京ディスティニーランドの一人芝居:池袋17人斬り【四面塔が語りかけるもの】... 東京ディスティニーランド@エレバン福岡 友人からのLINEで 「今晩、東京ディスティニーランドさんが一人芝居をやるよ」と。 前回の斜め45度企画で、身も心もすっかりファンになった僕ら夫婦は、...
雪の朝。それでも人は働きにいく... 勤勉だよね。 でもこれは血の中に流れてるものかも。 ああ~めんごくさいな~やだな~とおもってグズグズしてた。 バスは来ないみたいだし。 家で仕事できないこともないけど(そういうの後々ちくち...
ここ数日「とと姉ちゃん」をちらっと見て思ったこと... 朝8時から15分間。 ずーっと毎日放送されてる「朝ドラ」。 自営のころは見てたんだけど(宮崎あおいがでるやつとか、ゲゲゲとか)8時ちょっとに出かけるサラリーマンにはなかなか見づらい時間帯。 ...
トンタの森で会いましょう~歌の必然/3/27大刀洗大空襲:知ること・伝えること~...  第二次世界大戦中、旧甘木町やその近郊には当時“東洋一”と称された大刀洗飛行場がありました。 昭和20年3月27日、その大刀洗飛行場をねらった空襲があり、立石国民学校(現:朝倉市立立石小学校)の子ど...
湯川正和【新春演歌祭り】@住吉ブギに参加してきた... 2015年もいろんな人と交わりながら、自分にはない新しい世界を見たいなあと思ってます。 去年馬出ブローインで湯川君を見て、とっても気に入って。 自分のイベントにも出てもらって。 その趣意...
テイラー・スウィフトに踊らされる50歳... 身長180センチメートルの女型の巨人。テイラースウィフト。 カントリーミュージックの世界から出てきて、ポップミュージックの世界でも大成功したシンガーっていうくらいの知識しかなく。 ...
F-POP【キャバーンビートが提唱する新しい福岡の音楽】... F-POP:J・POPではない。福岡のポップ 福岡のアマチュア音楽界のすみっこに、ここ数年身をおいているものとして感じるのは、 「最近10代~20代のシンガーソングライターが元気がいい」ってこと。...
ロバ君といく東京旅行【浅草】写真レポート... 三日目は、浅草。 まずは浅草寺でおみくじを引くよ。 その前に、朝ごはん。 変なバッチで出かけるぞ   大きなメロンパン   昭和の香り...
51歳バースデーライブを前にして音楽活動を振り返る【第三期:混沌期】... 【ツワモノぞろいのサーカス団「ノスタルジア」】 福岡の切れ者アーティストがあつまるgigiやその周辺にカメラマンとして出入りを始めたことから、知り合いがグンと増えた。 そのなかでも牧畜業者...
10年ぶりに会う人も【アコナイという名の同窓会】... アマチュアミュージシャンになって13〜4年。 飽きずに、ずーっとやってる。 苦しいことも悔しいこともたくさんあったなあ。 あの頃、夜中じゅう飲んだり食べたりしながら思い思いに楽器を鳴らして、...