キャバーンビート投げ銭【東京帰りの山田芭瑠とニューフェイスたち】

キャバーンビートで行われる「投げ銭LIVE」
もう誰も投げ銭はしないので実質オープンマイクイベントだけど、
昨日は初めて見る方が二人いた。

SAKURAさんとHISASHIくん

SAKURAさんはブルーが好きなシンガー。
ギターはまだ初めて2年らしいけど、おしゃれな展開を見せるコード進行。
等身大のラブソングをヒールの高さ分くらい、すこし高みに上げてくれるような歌。
短めのステージだったけど。また見てみたいと思った。
緊張気味なステージング。清涼感とほのかに香るガーリィな雰囲気はこれから楽しみ。
ゲリラハウスに出てるらしい。

HISASHIくんはギター愛に満ちてて、すごく好き。
ハーモニクスも、パラパラと溢れるような音も、すごく気を使ってる。
ギターが好きでたまらないようだ。
それが、ずんずん伝わる。
いさぎよくて、いい。

 

中学生、齋藤ゆいさんは、Fキーの曲に果敢に挑んでいた。
ステージ度胸も、しゃべりも。どんどん上手くなっていく。
怖いものしらず(笑)
ライフマップというオリジナルはやっぱり、いい曲。

NISAIくんはJ-POPのおいしいとこをつめこんだ楽曲と、聞いてて苦しくないハイトーンが魅力的だ。
作品のレベルも高い。
言葉を散弾銃のように放つ。優男風に見えるけど、硬派なんじゃないかな?すごくハードに尖った感じがする。

 

僕は初めてのエレガットでの弾き語り。苦労した。
座って弾いたんだけど、足の位置が決まらずであわあわした。

参議院選挙・都知事選の終わった今、どうしても歌いたかった「大統領殿」をやった。
会場、沈み込んでた。

この歌はもはや少数派の戯言なんだろうか。

 

 

山田芭瑠は単身、東京でライブをしての凱旋。いろんないい話もあったようだ。
彼女に世界が気がつくまで、あと少し。
本当に素晴らしい歌。

僕はごく初期からののファンだよね〜と彼女に言ったら

「ファンじゃないでしょ」

なんて言われた(笑)まあ、そういうところが山田だ。

この日は3曲だったけど。ほんと、聴くたびに打ちのめされる。
僕のイベントにもお呼びした。調整が必要みたいだけどうまくいくといいな。

さよならカラーを歌ったんだけど。
もう、感動的だった。

〜僕を忘れてもいいけど、自分はもう離さないで〜

なんてセンチメンタルルルルルな気分になる(笑)

111

 

僕は彼女の「夜更かし」という曲がたまらなく好きなので、アレンジして自分で歌ってる。
今度の音源に入れようかというと。

「やめてください」(笑)と言われた。
ま、あ、そんなとこが山田だ。

というわけで、音源には入りませんが「よふかし」お聞きください。

 

トリはタケッチ。

相変わらずオシャレなギターとしゃりしゃりサウンドで
エッジの効いたストーリーを聞かせる。

ああ、夏が終わったら「エロ本/夏の記憶」が聞けなくなるんだなあ。
いい歌だよなぁ。

タケッチと山田、森ゆめなと
タケッチと山田、森ゆめなと

 

新しい人と知り合えるし、頑張らねば〜と思える。
それが音楽の現場。

聞いてくれる人がいて、嬉しい。
まだまだ、これからさ。

 

0102

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

2014.3.5~2016.3.6《二年後のマーヤとストーカーズ》... 最近フェイスブックには「何年前の今日は?」なんて機能があるみたいで。 マーヤとストーカーズの再再再再結成ライブ(苦笑)を翌日に控えた2016年3月5日に、こんな写真が  ...
中島晴香ワンマンライブ@ゲリラハウス【理想の音を求めるチカラ】... 中島晴香。妥協のない求道者 ずっとアレンジ考えたり、練習したり、スタジオで合わせたのは3回だったけど。 かなり真面目に取り組んだ「中島晴香ワンマンライブ」のサポート。 弾き語りのアーティスト...
オージーパーティ@馬出ブローイン【目撃者の皆様に感謝】... 毎月一回出演させていただいてる馬出ブローイン。幾つかの奇跡的な夜を体験した。   ブローインに関する記事 >ベテランだらけの熱い夜 >たなかなな個展ライブ >高橋プランクトンについ...
NHKドラマ トットてれび:感想【死にゆくものへの祈り】... トットてれび:始まりと終わり・生と死を描く 1965生まれの僕は、まぎれもないTVっこ。 白黒テレビ カラーテレビ 衛星放送 液晶テレビ ハイビジョン(このへんはよ...
ちかえもん【NHKきらいな僕が木曜時代劇を絶賛する理由】... ちかえもんが50歳の僕にいろんなものをくれた いやあ。 よかった。よかったよ。 ちかえもん。 最終回ねたの半分くらいは「やっぱそうよね」と思ったんだけど、ほんとにすばらしいエンディング...
別冊漫画ジジ廃刊:最後のパーティに参加しました。... 福岡文化の中心地「cafe&bar gigi」 ここが発刊元になってる漫画雑誌があって、福岡のミュージシャンやその周辺の人たちが「8ページ」を基本に漫画を描いてる「別冊漫画ジジ」 ...