蒸かし芋が「二色芋きんとん」になるまでのお話

お正月にはきんとん。
そう決まってるらしい。

買うと、結構高いな〜と思う。

妻実家でお正月にきんとんを作る。
も何十年も。

今年の紫芋は本当に美しい色だったから、皆様にもご紹介したいな。

芋きんとんは、案外キツイ。
ただただ、ゴシゴシと裏ごしする作業。

 

まずは芋を蒸す。まずは通常バージョンの「黄金色」の芋。

これをね。
ざるで、ごりごりごりと裏ごしする。

 

こんな風に。
押し出された芋は、何かの結晶のようにキラキラしてる。
水晶みたいなかたちにも見える。

 

さて、次は紫芋。

紫芋は甘みがない、味もあまりない。
なのでお菓子とかにしか使われないそうだ。

この紫の美しさ!
プリンスに食べさせてあげたい!

 

本当に、自然の色。カロテン。

 

この芋たちに、砂糖とバター、塩などで味付けして。
結構砂糖使うんよね〜。

 

それを、サラシでぎゅっと一口大に握る。
キュッと、ね。

並べます。

 

紫も。

 

黒豆と、栗の甘露煮を切って、のっけます。

キンカンを間に飾って、出来上がり。

 

作るのは結構大変なのに、あっという間に食べてしまう。

 

新年あけましておめでとうございます。
また、来年作りましょうかね。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら