ビック鯛はのぼる@サンセルコ【こんな食堂車だったら旅も楽しいはず】

博多駅からの帰り道。
お昼ちょっと前。

なんか食べたい。

そう思いながら自転車をこいでる。
いろんな看板が目に入るけど、うーん。ピンとこない。
財布の中のクーポンを見るけど、うーん。ピンとこないな。

清川あたりに来た時、ふと思い出した。

 

「サンセルコになんか、わーって張り紙してた店、あったよな」

 

駐輪場に止めて(100円かかるんだよなー)サンセルコへ。
サンセルコの閑古鳥の感じとか、モダンロマンチックな感じとか、好き。

地下に降りると、あった。「ビック鯛はのぼる」
でも、一瞬、引いた。

あまりに情報量満載の、熱量の多い張り紙。
メニューが選べない(笑)
僕は一回通り過ぎて、また、寄った。

 

「なんか、カレーが食べたいけどなあ。カレーになんかプラスしたいけど」

 

溢れる情報の中、選んだのは「ポークソテー+カレー」というもの。
豚肉の焼いたのがのってるやつ。よし。注文する。

 

「はいよ!」と、ご主人。

 

「ご飯は好きなだけ注いでください」と、大きなジャーを指差す。

ほら、僕ももうようやく大人になったから、食べ放題と言われても適量をつぐことができるんだ(笑)
とはいえ、少しだけ多めにご飯を注いでご主人に渡す。ここにカレーをかけてくれるんだね。

 

「よっしゃ」

「よし」

「おいしょっと」

と掛け声をかけながら調理する。
そういうのあんまり好きじゃないはずなのに、なんかここは「ピタリ」とはまってる。
合いの手を入れたくなるような(笑)

 

「はい!お待ちどう」

と、出てきたのがこれ。

 

超ハードに焼かれた目玉焼きと、たっぷりすぎのケチャップパスタ。
しかしそれは問題ではない。

この溢れそうなカレールー!!

 

そうか。ご飯はセーブしたけど、かかるルーは同じなんだ。

カレーも「ノスタルジックな味」で、しかしご飯とのバランスが悪くて、最後はルーだけ食べてた(笑)

 

昭和が「昭和時代」なんて呼ばれるようになって久しいけど、「ビック鯛はのぼる」はまだその時空の中にある。

僕は溢れるカレーを食べながら「銀河鉄道999」を思い出す。
こんな食堂車があれば、銀河の旅も退屈しない。
銀河を旅するという「夢」自体の昭和感を感じながら、ベルトの穴を一つ、緩めた。

 

「またどうぞ!」

 

メニューとスタンプカードをもらったよ。

次回はやっぱ、生姜焼きかな

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら