ますらおる夜【爆音のバンドの中でのふたり】BURNな夜にププッピトゥ〜

7/16日曜日。
小佐井みなみのサポートで、「中洲のmasurao」というところに行ってきました。
ビルの中のライブハウス?
扉をくぐると(その前からだけど)ものすごい大きな音でハードロックバンドのリハがあってました。

うわーーー!すごい!

小佐井みなみは平気な顔でしたが、僕はちょっとびっくり(笑)
この作りに作られたエレキギターに、僕のしょぼしょぼエレガットは到底かなわんやろな〜〜と。

ライブは早弾きギタリストや、重低音のリズム隊に唸りを上げる会場。
ライブハウスぽいのは本当、久しぶり。
まさに「ますらお」やな!

アンプもすごい。本格的だ。
叩く積まれてる!!

 

楽屋で作戦を練ってると、他の出演者の方がズラをかぶってた。

「ここにあるやつ、お店のだから使っていいよ」と。

 

爆音では勝てないから、なんか変化球をと思ってたところ。
よし、ズラかろう!ではなくてズラかぶろう!

パンチパーマぽいのはどうかな??

小佐井みなみは200%嫌がってる(笑)この小さな写真からも見て取れるイヤさ加減(笑)
では、こっちはどうだろうか?

これでステージに出ることに。

「これ、一曲目の途中でとってもいいですかぁ〜〜〜」とまじに言われる。
まあ、それも面白いかもね。

 

サニーは真面目にやってない!とお思いのみなさま。
ライブはお祭り感が必要な時もあります。そんな時小佐井みなみさんは美しい主役、僕はどちらかというとアウェイの(お呼びでない笑)サポートギタリスト。そうなるとほら、僕が道化をやらんといかんでしょ?
だからやってるんですよ(笑)
どうやったら、お客様を喜ばせることができるか、それをいつも考えてるのです。

 

小佐井みなみも、本当によく考えています。
かわいい、綺麗な、そして少し清楚セクシーな格好でステージに上がるのは「お客さんに喜んでもらうため」だと。
女の子の持てる武器、やっぱり「彩り」「美しさ」「カワイさ」って大きい。男にはできない戦い方。

彼女は完璧な歌と、ひらひらなステージ衣装で戦うのです。

 

 

ま、本当はきてくれた方だけのお楽しみなんでしょうが、ここは少しおすそ分け。

あとは爆音と爆音の間の、ひとときの和みタイム。
いつものようにビシッとやりました。
ブルースハープでは客席に乱入しました。
あとでこっぴどく小佐井ボスに怒られました(嘘)

 

練習中のボス。話しかけると怒られます(嘘)

 

イベントは怒涛のハードロック大会
「BUR~~~~~~~~~N」と歌ってしまいましたよ!!

サウンドメイクはかなり大変だったけど、たまには大音量の中でも面白いかも。
呼んでいただいてありがとうございました。

そうそう。僕と二人のステージを見て、誘ってくださったんだって!!
「小佐井みなみを見たい!呼びたい!」という方は本当に多いのですが、「二人のセットで!」というのはあまりないことなので嬉しいです。
ミュージシャン冥利に尽きます。
ありがとうございました。

 

今週末は博多駅のイベントにも、小佐井みなみのサポート(?)で、出るとかでないとか。
お目にかかれた日は、是非よろしくお願いします。

 

まだまだ消えない不仲説?





【500円ならすぐにでも始められるね!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。たっぷり30日も試せるからじっくり「体感」してみましょう。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら