歌姫たちの背中と横顔:03【小佐井みなみの頚椎と眉をひそめるクールネス】

小佐井みなみ【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:03】

小佐井みなみには熱心はファンがいる。
迫力満点の歌とふわふわしたしゃべり。
彼女の醸し出す雰囲気に飲まれたらひとたまりもない(笑)

小佐井みなみのことは何度も記事に書いてるので、もういいや、って人もいるだろうけど。もう少しだけ。

 

ライブだけを見ることが多いだろうお客様の知らない小佐井のことを。

彼女は動じない。
対バンが誰であろうと、会場がどこであろうと。
弾き語りガールズ、ハードロック大会,色物イベント、食の祭典。
どの会場だろうがやることは一つ。

きちんと歌うこと。

会場や対バンに流されまくる僕とは大違い。
冷静に雰囲気を見て、選曲を変える。
それであたふたするのはいつも僕だが。(笑)

彼女は選曲を前日・もしくは当日決める。
セッションミュージシャンとしては結構きたわれる。
僕じゃなきゃやってけないぜ(笑)

 

小佐井みなみ【出番前はずっと練習している】

ゲリラハウスのプレイボールに来場された方は知ってるかもしれないけど、彼女はライブ前、和まない。ずっと練習してる。

話しかけると怒る。スッゲー冷たい目で見る(笑)
かと思うと
「●●お願いします」と伴奏を強要する(笑)

選曲のことで、尋ねられることもあるけど、意見を求めてるわけではない。
確認するだけだ。
多くの女の子がそうだけど、「質問」に「答えては」いけない(笑)

この曲がやりたい!と持ってきて、全然やらないこともある(こっちはすげえ一生懸命アレンジ感がえたりしてるのにね笑)

逆に「こんなアレンジはどう?雰囲気変わっていいんじゃ?」と持っていっても採用されないことがほとんど。

彼女は輝く「歌」を知っていて、自分でできないことをして欲しいと思ってるだけだ。

 

横でギターを弾いてる僕は「すげえなあ」と思って歌を聴いてるのに、彼女は全然納得していない。ライブ終わると不機嫌だ。(僕にはね笑)反省点を反芻してる。
プロフェッショナルだ。

炭酸水だけを飲む。どこへ行ってもステージドリンクは炭酸水だ。

オフレコだが(笑ここで?)Bmが苦手だ。

 

小佐井みなみ【ゆるふわなんてとんでもないぜ】

最近はステージで絡んでくれるようになったけど、ほとんどその人生を語らない。
僕は彼女のほとんどを知らない。ものすごく頑固だということ以外は(笑)

私のことをわかってほしい。共感してほしい。
そんな空気が微塵もない。

そして、それなりに色々あったであろう「経験値」も持ってる。
mcのふわふわ感に騙されちゃいけないぜ(笑)

 

一年も経って慣れてきたのかもだけど、最近は打ち合わせにないことをやる。

例えばヴァレリーという曲。間奏はなかった。
ある時、一番の歌が終わって、こっちをちらっと見た。

え?何?

そう思ったら、彼女は歌わずにイントロとおなじコードを弾き始めた。

 

ギターソロ?と目できくと
静かに頷く。
打ち合わせ通りだったかのように僕はソロを弾く。

 

誰かとやる時、僕は道化であり、控えであり。でもライブ全体をコントロールしたいと思ってる。
僕のギターで小佐井をスイングさせて、お客さんのハートを掴んでやろう!とか
少し涼しめのギターを弾いて、お客さんをクールダウンさせようとか。
考えながらやってる。エンディングのフレーズを変えたら面白いかも?とか。

最近は彼女も歌い方を変えたりして挑んでくる。
とても楽しい。

 

小佐井みなみ【美しい首筋と背中が物語る】

彼女は薄いワンピースを着てる。
ひらひらしたものに目を奪われる野獣共の本能を知ってかしらずか。

背中の開いたものを着ることが多い。
彼女の美しい首筋と背中を愉しむことがギャランティだと思っている(笑)
そうじゃないと、「オーケーを出さない監督」とはやっていけないよ。
華奢だが、頼り甲斐のある背中だ。
首筋を流れる汗も、アスリートのように輝いてる(単に汗かきなだけかも…未確認)

僕の制作中の短編映画に主演していただいてる流れから、ファインダー越しに彼女を覗くことも多くなった。
だからといって「距離感が縮まる」ことがない。
不思議だ。別の世界で生きているような「空気の隔たり」を感じる。
とてもいい意味で。

その世界には彼女と、youtubeを見るためのモニターしかない。

 

 

彼女は船長で、僕は機関士だ。
行き先は船長のみが知っている。

最近は向かい合って弾くことも多くなった。
負けられない気持ちになる。

 

ま、そんな僕のことをMCでは全く放置するんだけどね。

 

そうそう、彼女は僕のことを全く褒めない(笑)褒められて伸びるタイプ=図にのるタイプというのがバレてるかも?

でもさ、褒めてほしくて弾いてるんだぜ!

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

スジの通し方について 最初に言っておきます。 これは「夢」です。   場所は野外フェス。 小さなステージ。緑がいっぱいで、日陰もあって過ごしやすい。 スタッフの方が「サウンドチェックお願いし...
音楽に助けられるって、本当にあるんだ。【あかたろの歌とピアノ、そしてギター】... 人生52年。 いろんな失敗を繰り返してきた。 また今度、かなりキツイやつが来た。 心の整理がつかない。 未来図が見えない。 生きてる意味さえわからない。   ...
倉敷へ。その4【一晩寝て考えた。欲しいもの】宇宙を首に、時計を指に... 倉敷でお買い物:作戦会議 朝ごはんをホテルでたっぷり食べながらいろいろと話しあった。 持ち金がいくらで、欲しいものはどれか。 一番欲しいものについて 今欲しいものについて ...
ELLE:エル:感想【やっぱり男は消耗品である:変わらないねバーホーベン監督】... https://youtu.be/_hycHCHryVI   ELLE:僕の周りの評判が真っ二つだったので 監督がポールバーホーベン(大人の女のバイオレンスが大得意)、原作がベティ...
ウーマンラッシュアワー@THE MANZAI【「我が国」に含まれない地域の人たち... お正月のTVが好きだった。 お笑い番組があるから。 でもひな壇番組が嫌いで。 つまんないから。   TVが終わって行ってる。僕らのTVが。 次の日の話題を絶えず提供し...
大森靖子:MUTEKIを聴いて【音楽は魔法ではないかもだけど、僕の人生は音楽のせ... このところ「思秋期」に悩まされ続けてる。 ティーンの頃に抱いていた不安とかいらだちとか、自分に自信がないことや、手に負えない承認欲求や夜になる襲ってくる「恐怖の波」に。 52歳にもなってまた、飲み...
歌姫たちの背中と横顔:02【山田芭瑠の憂鬱な柔らかいシルエット】... 山田芭瑠【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:02】 初めて行ったオープンマイクで見つけた、出会えたダイヤモンド。 カバーと、オリジナル2曲。 ステージの上での圧倒的な存在感と、ステージを降りた...
えとぴりかは向かい風に乗れたか?元気の余ったマザー★ァッカーども:ダンスは音楽を... 家の近く、六本松でイベントがあり、そこにえとぴりかが出演するというので行ってきた。 イベント内容は詳しくは知らないけど、博多から六本松まで歩こう!的なものだったのかも。 ずっと長い時間、おじいちゃ...
ネイティブアメリカン=マイノリティ?【自分が多数派だと思い込む不思議】高石純二く... 自分とは違う人たちを、僕らは品定めする。 なにがちがうのか?その考え方、生き方は「正しい」のか?常識に照らし合わせておかしくないか? 自分の属している、もしくは思想が似ている人たちと集まってい...
ハロウィン怖い【まんじゅう怖いじゃなくて】@ONEDROPプレイボール... ハロウィンで仮装して仮装空間に逃げ込む。 そりゃ楽しいと思う。 でも数年前の「焼き鳥屋門前払事件」から、若干、アンチハロウィン。 もちろん仮装する女の子は好きだし、ナイトメアビフォアクリ...