自撮りについて、ちょっと話を聞いてみた

自撮り。
もはや「地鶏」よりも完全に変換率の高いもの。

自分で自分の写真を撮ることだけの意味じゃなくて、たぶんその後SNSに公開することまでふくめて、の意味だと思う。

こないだ、わりと社会人(なんじゃそれ)な人たちとお話ししたとき

  • 自撮りする意味わからん。詐欺ってまで写真公開してなにがたのしいの?
  • もう自撮りとか古いですよね。なんかいまだにやってるんだと思う
  • 誰にも見てもらえないから、さびしいんでしょうねー

などなど、辛辣な意見が(笑)
まあ、たしかに「ええと?このひとは誰だっけ?」って思う写真もある。
でもさ、それを撮ってるときの楽しそうな気持が映り込んでて、自撮り写真見るのすごく好き。

 

そのときの僕は「自撮りなんてやってないけど、否定的ではない」というスタンスで話しました。そうしないと、反対意見きけないもんね(取材のため:嘘も方便)

その他にも男性陣は

  • 神アングルとか意味わからない!
  • リア充アピールされてもね
  • やってる奴に限って実際はぜんぜんかわいくないもんね

などの意見がたくさん。

 

 

ふむふむ。
そんな感じなのか・・・。

 

僕は、自撮りが好き(笑)

こんな見た目劣化した「くそおっさん」でもね。
見たくない人がいるものわかるよ。
かわいいおんなのこのなら見てもいいけど、おっさんとか最悪!ていう意見もあった。自分が馬鹿だっていいてるみたいですよねーって。

あらら。
自分がそんなに好きなの?といわれたら好きなところもあるし、きらいなところもある。

 

で、なんで自撮りがそんなに好きなのか?
そんなに嫌われるものなのか?

 

自撮りは自分のためにやるもので、それを公開するのは恥部をみせるようなはしたない行為っていうのも、わかる。

でもさーはしたない行為ってわかってるけど好きなんよね。
自撮り、というか2ショット。

昭和40年代うまれの初老からいわせていただくと、めちゃくちゃ新しい文化なんですよ。
むかし、彼女と旅行にいったりすると、二人の写真は誰かに頼まなくちゃいけなかった。
けっこうハードル高いよね。

知らない誰かに写真とってもらって、しかもそれがちゃんと取れてるかわからないっての。
だから結果的に彼女の写真しか、ない。

 

それがさ、いまはできるんだよ。

楽しかったその瞬間を、顔をくっつけてとることができるんだよ。
まあ、女の子の半数くらいは嫌がってるかもしれんとは思うよ(笑)そりゃ知ってる。

でも、「たのしかったこと」残しておきたいんだ。

 

誰かと一緒にいてたのしかったこと。
それを残したいんだ。

それはもしかしたら、人生の折り返しを終わって、もう後半もだいぶ進んだってのを実感してるからかもだけど。

自撮りをみっともないとおもう気持ちもわかる。
でも「見せられるような顔か?」というのには猛烈に反対したい。

自分がやりたいことをやる。それは自分に商品価値があるかないか、人様に見せられるかどうかは関係ないとおもう。

個人が個人でやりたいことをやってることには

  1. 好きだったら、、見る
  2. いやだったらスルー

その二つ以外にないとおもうんだなー。

 

というわけでぼくは自撮りが好きです。

だれかと一緒だった、楽しかった時間の記憶として2ショット写真を撮りたがる。
ものすごくいやだったら断ってもらってかまいませんが、なるたけ付き合ってもらえるとうれしいなー。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

猫は貧乏な家にいる? 2月2日。 にゃんにゃんの日にライブのリハをやってて。 シンガーの彼女は言いました。 「今日、私は犬の日だったんです」と。 え?犬の日?今日は猫の日よ。 もしくは安産のお願いとか?(...
ゲリラハウス週間その2【オープンマイクに参加して:3曲勝負って大好き!】中島晴香... オープンマイクっていうシステム 見る人も参加者もおなじチャージを払って、短い時間で自由にやる。 気に入ったアーティストがいたら、投げ銭してもらう、みたいな。 普通のライブはだいたい5〜6曲や...
2017年1月23日!ワンツースリーでバースデー!... 時々、キャバーンビートで開催してる「サニーデイ」 演奏を見たり、知り合ったりした人を「自分が見たい」というくくりでブッキングしてる。 2017年の2回目は、マスターの町田さんのお誕生日。 な...
お気に入りのお店がなくなる【大名の大衆フレンチ:ガザ】... ワイン飲みのかっこいい友人(すごいアーティスト)から教えてもらったお店。 しょっちゅう行くわけじゃないけど、その店に行くはワクワクする。 妻の誕生日。 そういうハレの日には、ここ「ガザ」へ行...
テレビショーを作ってみよう【人形と、歌手と。生放送のよなVTRを】... 妻のnicoran-coranは人形作家&人形劇作家。 僕は「アーティスト」という呼び名が今ひとつ好きになれないから、そういう風に呼んでる。 「人形を作り、人形劇を作る人」って。 &nb...
六本松蔦屋!自ら本気で探検してみた【ここは自分がハイソサエティだと勘違いする場所... 息子が探検したことを聞いたレポはこちら 購入する前に、コーヒーを飲みながら読むというシステムに非常に違和感を感じて、それを確認するために、再来店。 結論:六本松蔦屋!ここは自分が文化的でファッ...
SLEEPY DOGG@大橋ALAN【生まれて消えてゆく音楽の行方】... 今一番お気に入りのバンド「SLEEPY DOGG」が大橋の新しく出来たお店で「アコースティックライブをやる」というお知らせが。 マジか!間近でギタリストミサトのプレイを見るチャンス(笑)ということで...
歌姫たちの背中と横顔:03【小佐井みなみの頚椎と眉をひそめるクールネス】... 小佐井みなみ【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:03】 小佐井みなみには熱心はファンがいる。 迫力満点の歌とふわふわしたしゃべり。 彼女の醸し出す雰囲気に飲まれたらひとたまりもない(笑) 小...
FIN-LAND【こさいみなみと中島晴香W主演でお届けするSF映画】撮影好調!!... 実は去年の末から、映画を作っています。 企画原案は数年前からあり、ソロアルバム「FIN-LAND」としてほぼ完成していたんだけど、今回主演女優二人と知り合って、話をアレンジして。 「昼の光」を...
鈴木マサルのテキスタイル展【色のある世界】... 三菱地所アルティアムですごい楽しそうなのやってるから行こう! と言われたので出かけた。   最近とても消耗してて、いろんなことに反応できなくなっていたからどうかなーと思った...