どくんご「愛より速く」@福岡初日【続行ピンチのトラブルの後、広がった美しい光景】

どくんご。
日本を旅するテント芝居。

2017年の作品は「愛より速く・ファイナル」

演目は去年と同じタイトルなんだけど、内容は9割新作と言えるかも。
つまり、去年のものとキャラクターは同じものがあっても進化してた。

どくんご「愛より速く」@福岡:スタートは歌から。

実はどくんごのバンドとしての演奏がかなり好きで。カバーだったり、映画音楽だったりするんだけど。すごいツボ。

楽器が集まって、ぽちぽちとなり始め「何かが始まる感じ」がする。
楽市楽座でも感じるんだけど「音楽の鳴らされる場所」として、こういうのが一番好き。

 

音楽が終わると

背景画が動かされ、小さな物語が次から次へとやってきては、去る。

  • 笑えるもの
  • わからないもの
  • さみしいもの
  • 怖いもの
  • やっぱり笑えるもの

が繰り返し繰り返し。くる。

 

考えたりしなくなて、そのままを受け取ったり。
お芝居中の一点が気になって、自分なりに深く掘り下げたくなったり
ただ、単に笑ったりできる。

次々に変わってくんだけど、心に少しずつ残っていって。
ある時あふれる。

ワーーーーーーーーーー!ってなる。

その時の気持ち良さは、もうたまらん。
絶対安全ドラッグだ。

 

どくんご「愛より速く」@福岡:中盤の大トラブル

歌のシーンの最中に

バチバチバチと音がして、火が上がった。
おおーすごい演出だーと思ったけど。
PAの近く、電源部分が燃えてる。

電源が落ちる。

観衆はゆっくりテントの外へ避難。
焦げ臭い匂い。
雨が降ってきた。

火は、割とすぐ消されたけれど、心配そうなみんな。

 

「お芝居はゾッコします。音楽は流せそうですが、通常の状態では続行できませんので払い戻しします。」

 

なんと。

払い戻すという。お芝居の世界では普通のことかもsれないけど、ライブではなかなかないんじゃないかな?中盤まできてて、払い戻し。

驚いた。
この世界はこんなにシビアなんだろうか。

 

 

上演は再開された。

「壊れそうで崩れそうな情熱を繋ぎ止める何かいつも探していた」

華原朋美のi’m proud。

この状況で聞くと、すごい。しかも「良いテロリスト外山さん」もコーラスで参加してるし。

 

そのあと、ゲストのカシナポが魔界からやっていて、緊張感をすっかり洗い流してくれた。リズザルのように落ち着きなく、しかし愛される何かを持って。
今日のゲストは大成功だ。

 

 

ここから後半の、お客さんの集中力とか役者さんのパワーとかって、なんか神がかってた。
照明装置がなく、暗転のワンスポットか、全部点灯かで行われたお芝居。

超クール!!!!

 

劇団どくんごのみなさんが、どのように生計を立ててるかわからない。
特に今日なんて、払い戻したらどうなるんだろう。
機材修理どうするんだろう。
経済的なことでしか、世の中を計れないなんて貧しいなぁと思いながら、僕には「お店」でいろんなものを買うくらいしかできない。

 

 

いつも思う。

こういう旅回りの一座のことを考えると、本当に「霞を食べてる」んじゃないかって。

僕ら普通の人間は(僕の場合だけかもしれないけど)借金したり、返済したり、商売うまくいったり、傾いたりしながら、「日々の生活」の中をウロウロしてるんだけど、彼らはそういう「生活」を飛び越えた「テンジョウビト」なのではないだろうか、と。

悪魔に魂を売ってそうなるとしたら、音楽よりももっと、お芝居はその率が高い気がする。

劇中にもあった「星が生まれて、死んで、また生まれる」それだけを繰り返す宇宙時間の中で、母kらの人生なんてないも同然だ。

でももしかしたら、他のほしにも生命があって、同じように悪魔に魂を売った人たちがいるんじゃないかな?とか思うと楽しくてたまらない。

 

どくんごはまだ公演があります。
ぜひ、見に行ってください。

>>>どくんごのHP

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら