Amazonのレビューと、雑誌書庫の夢

いや、いい意味で熱いし、子供がわがまま言ってるみたいで楽しい。

昨日から雑誌をいろいろ調べてて、アマゾンに足を踏み入れてしまい、次から次へと「コレを読んでる」「これを見たあとコレを読んでる」(←このフレーズいいなあ)ってのでぐるぐるぐる。

 

ある雑誌について

 

  • おもしろかった
  • 記事多すぎで見づらい
  • モデルが暗い
  • ○○のパクリじゃん
  • もう買わない!
  • 買い続けててよかった

 

なんて、どうでもいいようなことが書かれてる。

どうでもいいようなことって、いいよねぇ。

 

「イヤなら買わなきゃいいじゃん」

 

それじゃすまないんでしょう。

この何百円かの仇、とったる!とか

他の人のために忠告しなきゃ!とか

もっといい本を作ってもらうためにあえて、苦言を、ね。とか

 

人は誰かに影響をあたえたいんだなあ。
雑誌から影響受けては、次の月にはさっぱりわすれてる僕にはその熱意はない。

 

でも、それだけ嬉しかったり頭来たりできるって、生きてるってことだよね。

 

TVよりも、ニュースサイトよりも、新聞よりも、雑誌が一番好きなメディアです。大きな部屋があったら、ずっと雑誌をすてずに本棚において、10年とかたってみたら面白いだろうな。

とかいいながら、置くところなくて捨てちゃうんだけど。

 

10405531_826334090754135_6230140092101997182_n

マガジンハウスにいくらつかったかな。

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら