一番好きな映画は【汚れた血】ボーイミーツガールの全てがここに

赤は生命力の色。太陽の色。暗闇にいる赤が一番美しい。
青は海の色。広さをあらわす単位。暗闇の中では広く感じる。

 

赤いカーディガンを着たあの子は、ふっと前髪を吹き上げる。
その息は空気を震わし、別の世界に住む男の子の心に忍び込む。
裸のわきの下からそっと。

 

男の子には天使がいて、陽の光に透けて見えるほどの白い肌と、 ハチミツのような髪の毛を持っている。

 

「私を好き?」

 

天使はきく。男の子は答えない。聞こえないふりじゃない。 答えがここにないからだ。

51t8wIcsxCL

愛のないセックスによって感染する死の病。
そのワクチンを巡る暴力と愛憎。
こういうふうに「汚れた血」を伝えることもできる。

 

二度とおなじ世界では生きられないであろう、ジュリエット・ ビノシュとジュリー・デルピー。
一瞬の衝突がこの映画を奇跡レベルに持ち上げている。
ぼくの生涯第一位。「汚れた血」

 

青春病にかかっているこの映画の作者は、 膨大なセットを組んだ失敗作や、 自己投影しすぎてエンターテイメント枠を外れた作品などをポツポ ツと発表後、沈黙した。

それは答えがそこになかったんだろう。

 

ふたりの女優にはさまれ、昇天するのは怪人、ドニ・ラヴァン。
この世に落ちた天使の彼は、 美しい体と心をいやおうなしに見せ付ける。

 

男の子の恋心は一方通行。
彗星が地球に接近したおかげで触れ合えた一夜以外は。
ホテルの部屋を見上げて、想いを届けようとする。
幽玄のバレエを踊りながら。

 

電話線に縛られているからこそ、自分の居場所がわかるんだ。
この星の上に生きていることがわかるんだ。
でも、それに何の意味がある??

img_2

赤と青と二人の女優、そして怪物の白い肌。
それらを永遠のものとして焼き付けた功績は大きい。

 

願いはかなわない。想いは届かない。

 

この映画から受けたイメージに僕は今でもとらわれている。
ジュリエットビノシュがゴジラのせいで原発で亡くなっても
ジュリーデルピーがイーサンホークと痴話げんかを繰り返しても
ドニがホーリーモーターズで奇跡のカムバックをしても。

「おれはもう年老いた」

かつて青年だった男がつぶやく。

 

この映画を見た頃の僕は20歳そこそこ。
いま僕は年老いて、 青春の残り火をぼんやりと眺めているだけかもしれない。DVDという文明が、 いつも簡単に青春をリプレイしてくれるから。

 

僕の海馬にあるスクリーンにはいまでも「汚れた血」 が上映されている。

61few-KgefL._SL1439_





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら