この国の空:感想【長谷川博己も二階堂ふみにヤラレチャッタ】情念の乾いた冷たさ

安っぽいセットと、淡々としたセリフまわし
アングラ演劇のような舞台。
セリフの聞きづらさ。
女優三人の話し言葉だけがオズ的で。
いろんな違和感と居心地の悪さを感じさせて、物語はたいした展開もなく。
でも、だんだん映画に襲われる。

夏の青空。汗ばんだ肌。
蚊取り線香。
川の涼しげなせせらぎ。入道雲。

どれもが終戦の夏の風景なんだけど、そこにまったく「暑さ」を感じない。これは意図したものでなければ監督は三流だけど、たぶん、狙い。

二階堂ふみ

 

戦争は熱狂である。

感情の上がり下がり。恐怖と高揚。安心と無力感。そのバランスで普通戦争映画は描かれるはずだけど。
あえて、しない。

ま、サービスはする。後姿の裸身。

アングラ演劇へのオマージュとして、うたうオンナ。張りぼてのセット。もんぺの尻。

この国の空

 

映画が描きたかったのは
戦場で命がけで戦う男たちの熱狂でもなくて
戦場へいかない人たちの受身の恐怖心。
しかもドラマチックな死体ではなく、近しい人とのささくれ立った感情。オスメスとしての欲情。
戦時でなければならないものではなくて、いつの時代もひっそりと僕らの心の底にある姿をあぶりだす。

 

ここでも高等遊民風の長谷川博己。
しかし二階堂ふみの目線とくちびる、肉体にやられちゃう。
そら恐ろしいエンディング。
しかも、いままで寡黙に進めてきた感情の熱狂を、ひっくりかえして爆発させる。静かに。致命的に。

長谷川博己と二階堂ふみ

 

戦争映画はみない。キライだから。
戦争の悲惨さが「夢見る若者」をうっとりさせるから。
戦争の熱狂に踊らされる男たちにシンパシーを感じるから。

 

この映画も二階堂ふみと長谷川博己じゃなかったら、みなかっただろう。
二階堂ふみと対決して、勝てた男はいない。
今回も残念ながら、カメレオン長谷川博己の負け。
情念にふたをして、グツグツと煮えたぎる二階堂ふみに対して、長谷川博己は少しコスプレ感が強すぎた。

 

傑作!とはいえないけど、「私の男」の二階堂ふみはいつの時代も生きてて、じっどりといやらしい汗をかいている。

それがすばらしい。

 

あと、僕のような50歳くらいの映画ファンにとって

さびしんぼうの富田靖子VS台風クラブの工藤夕貴

というのは嬉しかった。この二人の絡みは舞台で見たかった。

この国の空





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

進撃の巨人、実写版。いよいよ始まるね。水原希子大丈夫だろうか?の声。... 「進撃の巨人」は息子がオーストラリアにいくまえに教えてくれて 漫画は見たことないのだけどアニメをずずずーーーと、続けてみた。 主人公が食われて再生するなんて、まるで仮面ライダーだし、 意外に...
映画 わたしを離さないで:感想《とおく、潮騒の風景》静かな映画。金曜ドラマ「わた... https://youtu.be/LE9ny5VDt1c   金曜ドラマ「わたしを離さないで」が、あまりに重いので。 箸休めになるだろうとおもって、映画版を借りた。 僕ら...
2016年:私のベストテン【映画館で観た映画編】〜この世界の片隅に・他〜... 2016年は、割と見たかもしれない。 とは言っても20本弱だから「映画ファン」の皆さんよりかは全然少ないし、話題の「君の名は」とか見てないので参考になるかどうかはわからないけど。 まずばベスト...
幕が上がる【夢追いの不安と希望】ももいろクローバーZ贔屓の人じゃなくても楽しめる... https://youtu.be/3K9yQHFBUxs   「幕が上がる」ももクロちゃんが好きだからこそ、ちょっと敬遠していた。 彼女たちのストーリー自体がまるで映画のようだから...
太陽:感想【劇団イキウメの舞台を映画化】夜に生きるか、土に生きるか。... https://youtu.be/4ur8tkxPOmc   太陽:人類の歴史は同じパターンで繰り返される 21世紀。ウイルスによって人口が激減した。(バイオテロ自体も...
一番好きな映画は【汚れた血】ボーイミーツガールの全てがここに... 赤は生命力の色。太陽の色。暗闇にいる赤が一番美しい。 青は海の色。広さをあらわす単位。暗闇の中では広く感じる。   赤いカーディガンを着たあの子は、ふっと前髪を吹き上げる。 ...
リップヴァンウインクルの花嫁:感想【黒木華と綾野剛がイライラさせる】岩井俊二のロ... https://youtu.be/vqy4J9gfBcY リップヴァンウインクルの花嫁:岩井俊二の作家性は閉じた世界の中での夢想。ゆっくりと落下する恍惚感。 岩井俊二は日本でもかなり珍しい「やりた...
KOTOKO:感想【塚本晋也の優しさとCoocoのボーダーライン】... https://youtu.be/G3LzXGQ54_8   KOTOKO:巻き込まれるものの優しさ 塚本晋也監督はいつも、巻き込まれるものが真ん中にいる。 急に鉄になったり、S...
ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画:【ジェシー・アイゼンバーグとダコタ・ファニン... https://youtu.be/J_5LJzc7fhk ジェシー・アイゼンバーグとダコタ・ファニングが悶々とする二時間弱。 湿気たっぷりの映像と憂鬱な顔。さらにスチームスチームのマッサー...
マッドマックス 怒りのデス・ロード《感想》砂漠アクション作が女の子たちに受けた理... https://youtu.be/4Krw9BbjzKQ マッドマックスが女子のリピート率が高い。なぜ? そんなニュースがロードショー時にネットでながれてた。 女子は壁ドン系の恋愛映画を...