浅田真央がめざす光、見せる光 (前・その日まで)

フィギュアスケートは思いきり、オフシーズンですが。

3月初めにNHKで、浅田真央の番組がありました。
『浅田真央 未来への光 ~子供たちとともに~』

1月9日、盛岡市で行われた復興支援のチャリティアイスショー。
彼女がそこで、東北の子どもたちと一緒に
「ジュピター」というプログラムを滑るまでの、数日間の密着取材です。

fc0846d4cce8c902e82c4439c031e79b

今回は、彼女が初めて、セルフプロデュースをつとめるプログラム。

前年11月末、競技シーズン真っ最中、
NHK杯を終えたころから、仕事は始まっていました。

全体の流れの構想。
プログラムに合った衣装。
メロディ後半につける、歌詞。
それぞれにスタッフがいるけれど、彼女が統括していきます。

年が明けて、1月4日。
浅田真央、盛岡市アイスリンクに到着。

競技プログラムでも毎年タッグを組む振付師、
ローリー・ニコルもカナダから来日します。

プログラムは、1曲、時間にすればわずか4、5分。

「大震災を経験して苦しむ人々が、やがて手を携え合い、未来への光に向かって進む」
という、いってみればシンプルな筋書きなのですが。

氷上で一緒に滑りながら、ローリー・ニコルは振付の意図を解説します。

「あなたは完全にひとりなの。ひとりぼっちなのよ。
天を仰ぎ、希望を失う。
がんばってがんばって、もうこれ以上がんばりたくない、って時がくるの。
その悲しみや孤独を表現してほしい」

もうこれ以上がんばりたくない、という悲しみや孤独。
もちろん、震災の経験とはまったく種類が異なるだろうけれども、
彼女にも、身にしみてわかる感覚なのではないかと、ふと思いました。

1月5日、盛岡市アイスリンクに子どもたちがやってきます。
小学校高学年から中学生まで、全部で8人。
皆、5年前に震災を経験しています。

最初は陸上で大まかに振付けるのですが、
市営の、さほど大きくはないリンクだから、
受付ロビーの狭いスペースにそれぞれが小さなマットを敷いて練習。
子どもたちも。もちろん浅田真央もその中にいます。

真央、子どもたちに説明
「一人ではなく、支えられて生きていることを表現しています」

やがて氷上に移ってからも、いつも彼女が中心にいて、
子どもたちに手本を示し、言葉をかけます。

ローリー・ニコル
「真央はとても良い先生役ね。いいわ」

jupitar-practice

1月7日の練習中、突然、トリプルアクセルを跳ぶ浅田真央。

女子の現役選手で、継続的に挑んでいるのは彼女ひとりだけという大技。
それも試合に限ってのことで、アイスショーで跳ぶのは、まったく異例のことです。
成功する確率も、必ずしも高くはないし、
トリプルアプセルを1本跳ぶだけで、体力を消耗してしまいます。

ローリー
「(トリプルアクセルを跳んだことに)驚きはありませんでした。
子どもたちと滑ることで勇気をもらったのね。
子どもたちの存在が、真央を羽ばたかせた。
跳びたいと思ったのは当然よ」

真央
「子どもたちが、朝から晩までがんばって練習してくれて…。
(私は)やらなきゃいけない立場。
どんな状態であっても、できるまでやります。」

1月8日、本番を前にローリー・ニコルは帰国します。

「このプログラムはあなたの夢だったのよね。
だから楽しんでね。夢を忘れないで。」

と真央に言い残して。

(後編につづく)





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら