F-POP【キャバーンビートが提唱する新しい福岡の音楽】

F-POP:J・POPではない。福岡のポップ

福岡のアマチュア音楽界のすみっこに、ここ数年身をおいているものとして感じるのは、
「最近10代~20代のシンガーソングライターが元気がいい」ってこと。

音楽をやる環境のよさもあるかもしれない。音楽を勉強する学校がたくさんあるせいかもしれない。ただそれだけじゃない「何か」が今の福岡にはあるんじゃないだろうか?

キャバーンビートアーティストファイルというライブレポートを書いてるんだけど、そこで出会う若者たちの多種多様な音楽。いろんなサウンドがあり、昔の「めんたいロック」みたいに括れるものではないけど。

IMG_9538

 

F-POP:キャバーンビートが仕掛ける福岡のポップを盛り上げるまつり

キャバーンビートの町田さんの「福岡の音楽を盛り上げたい。若手をもっと世に出したい」という思いがつまったF-POPイベントの第二回におじゃました。

よく知った顔も、はじめてみるシンガーも、それぞれバラバラに魅力的だった。
それを見守るお客様のあたたかくも厳しい目線。
人が育ち、磨かれるにはこういう目線が必要かもしれない。

オープニングアクトとして、僕も一押しの山田芭瑠。
なんと曲紹介をしながら三曲。
先日一緒にやった時と比べてもいい出来だった。
やるたびに成長していく段階なんだろうな。
ステージングなんかは考えずに、まだまだがむしゃらに「自分のための音楽」を鳴らしたらいい。

3

[blogcard url=”http://cavernbeat.lifeismine.me/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E8%8A%AD%E7%91%A0/”]

 

本編最初は「れーな」さん。
熊本のシンガーソングライター。元気いっぱいさわやかシンガーソングライターかと思ったら、かなりビートのきいた歌を歌う。今この時代に希望を歌うポジティブパワー。
この日は「きくちくん」はなかった。

0202

[blogcard url=”http://cavernbeat.lifeismine.me/%E3%82%8C%E3%83%BC%E3%81%AA/”]

 

次はわりとおなじみの武下詩菜さん。
毎日戦ってるじゃないか!とまっすぐ会場を射抜く視線。強く、迷いのない歌。いや、違う。迷いはあるけどそれを隠さない歌。
どっぷりとドラマティックなバラードに身をゆだねられる30分。

11

[blogcard url=”http://cavernbeat.lifeismine.me/%E6%AD%A6%E4%B8%8B%E8%A9%A9%E8%8F%9C/”]

 

三番手は荒金門亜くん
はじめてみたけど、こりゃすごい。かっこいい。男の子にもがんばってほしいもんだ。
美しいファルセットは彼の武器

101

[blogcard url=”http://cavernbeat.lifeismine.me/%E8%8D%92%E9%87%91%E9%96%80%E4%BA%9C/”]

 

ラストはえとぴりか
堂々としていながらも、気が抜けたMCと余裕のステージング。
乗せる曲も聞かせる曲も持つ原始の音楽。
次回彼女のバックでギターを数曲ひく。相当楽しみだ。

2

[blogcard url=”http://cavernbeat.lifeismine.me/%E3%81%88%E3%81%A8%E3%81%B4%E3%82%8A%E3%81%8B/”]

 

出演するアーティストは町田さんのイチオシがそろってるからはずれはないのはわかっていたけど、アーティスト同士が影響しあい、意識しあうこの環境こそが、新しい芽の養分にもなり、大雨や日照にもなり、いろんな困難をも栄養にかえるちからを手に入れるファームなんだなあと思いました。

スポーツなどでよくあるように、周期的に実力派がごっそり生まれるときがあります。悪い言葉で言うと「ブーム」。でもブームには人を巻き込む力もあります。

ブームという大波にのり、そのうずに飲まれずに自分の足で立っていければブームにも意味があります。

 

F-POP:さあ、九州の、福岡の祭りをはじめよう

いまは「祭り」から始めることが、福岡の音楽シーン(好きじゃない言い方だけど)には必要なことではないでしょうか?

そのために大人はがんばります。町田さんも本当に尽力しています。僕もアーティストたちに「君の歌を、棒はこう感じたよ」というメッセージと「アーティストを見にライブハウスへおいでよ」という思いをこめてブログ(これも好きじゃない言い方だけどね)を書いています。

音楽からもらったいろんなものを、音楽の現場に返したい。

F-POPは九州・福岡の音楽を吸って育った大人たちのつくる畑かもしれません。
巣立ちをまちながら、きょうもせっせと畑の手入れをしているんです。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

車検・保険・税金・ガソリン代【車を持つとこんなに貧乏】... 9月で車検が切れることに気がついて、先月予約に行った。 車って、本当お金がかかるねえ。 車検・保険・税金・ガソリン代。 駐車場代。 その他あれが壊れたこれを交換しなきゃって。 ほんと...
2016年4月14日の熊本震源の地震についての短い記事... 夜。 ヒステリックな警告音が妻のスマホからなる。妻は入浴中。 その数秒後(?) ガタガタガタガタと横揺れが。結構長い。   うちは丘の上の11階建てのマンションの9...
なまいきシャルロット:感想【ロリータ国家フランス/だけど大人の寛容性】... https://youtu.be/SobXzMJN1V4 WOWOWで見た。すごく懐かしい感じ。 なまいきシャルロット:シャルロットゲーンズブールの固い蕾 なまいきなんていう甘いものじゃない...
志賀島ドライブ:二月の青い空の下、あたたかい休日【志賀島センターでさわらめし】... 連日連日、食べたものをFBにアップしてるせいか、「贅沢な食生活してやがる。豆腐の角に頭ぶつけろ」なんて言われることが多い。 でもね、飲みになんてほとんど行かないし、服なんて古着しか買わない。 ...
gigiを知らない若者たち~福岡文化の源流で~... gigiで、ライブだった。 それも、いつものgigi主催の投げ銭ライブではなく、このごろ一緒にからんでる「ザ・エンタメ」の持ち込み企画。 20代の若者を中心としたザ・エンタメ。 当然、gig...
ちかえもん【NHKきらいな僕が木曜時代劇を絶賛する理由】... ちかえもんが50歳の僕にいろんなものをくれた いやあ。 よかった。よかったよ。 ちかえもん。 最終回ねたの半分くらいは「やっぱそうよね」と思ったんだけど、ほんとにすばらしいエンディング...
なんだか世界は「正義」に燃えてる?... 最近犯罪モノのTVドラマが多いかな? TVは家の中でも「通り過ぎる」ものなので正確なことはわからないけど。 恋愛モノに夢中にはなれないけど 犯罪サスペンスものが好きだ。 なんというか、...
どくんご【愛より速く】福岡公演〜僕らは心に味噌汁を〜... どくんご。 二年前、ようやくタイミングがあって観れた「テント芝居」 4月から11月、日本中をじわりじわりと感染させる前衛芝居。 前衛芝居っていうと、難しい顔をした大人とか、ちょっとイかれ...
51歳バースデーライブを前にして音楽活動を振り返る【第一期:発情期】... 【小山卓治コピーバンド「キュウコ」】 大人になって初めて参加したバンド。まだインターネットって言葉がそんなに一般的じゃなかったような気がする2002年くらい?パソコン通信かなにかでのメンバー募集を見...
鮫肌尻子とダイナマイト@タワーレコードPARCO店... 福岡を中心に活動しながらも、東京や大阪に「鮫肌号」でロックンロールをぶっ放しに行く「鮫肌尻子とダイナマイト」というバンドがある。 初めて見たライブは衝撃的で、面白くてかっこ悪くて、壮絶にかっこい...