迷わないクジラと赤い靴

ずいぶん前。まだマーヤとセーラーゾンビがあったころ。
gigiでタイバンした「赤い靴」さんから主催ライブのお知らせ。
ちょうどその日はいけそうな。盟友コーチ君もでるし。
以前からあちこちで「いい!」と評判の迷いクジラというバンドもでるし。

なんといっても、いま、誰かの叫び声とささやく声が聞きたかった。
ちょっといろいろ弱ってるんで。

この日は2000円で、ピザとワンドリンクが付いてくるライブ。
おもしろいね。
久しぶりの四次元。なんかすごく懐かしいのと、年をとった気分。

IMG_9771

  1. ナムアーメン
  2. 迷いクジラ
  3. コーチK
  4. BAKUGA
  5. 赤い靴

というラインアップ。

キャバーンビートでもお会いするお客さんもちらほら。
ケイクマもちらほら(笑)

最初の「ナムアーメン」。
アメリカの音楽に影響をうけたイギリスのバンドに影響をうけたイギリスのバンドが好きな日本人て感じ。リバティーンズみたいなグズッた若さや、昔ながらの材料のものまで気持ちのいい音。
ところどころ聞こえる歌詞。
しゅっとしてて、ひゃーとなる。気持ちのいいロック。

 

次はうわさの「迷いクジラ」だ。

IMG_9782

ドラムとギターの2ピース。ベース音のないぶん、浮遊感があり、ドラムの破裂音がよく聞こえる。
グシャついたギターの音のすきまに、かすかに頼りげない生音も聞こえる。

歌い始めの歌のまっすぐさ。
あんなタバコの煙と熱さにまみれたライブハウスに「ひやっ」とした冷たさが鋭利に走る。

初見のバンドは一曲めで決まる。
迷いクジラはいい。

短く切り刻んで放りなげる歌から、わりと青春ぽい王道のポップまで。独特の熱さと清涼感を持ってずんずん進む。

IMG_9808

終盤にうたわれた、「恵みの雨~」とかいう曲が素晴らしかった。
ぐおんぐおんに反響するジェラルミンケースの中で遊ぶようなサウンドと、土臭い水っぽいメロディーと歌。

ラストのハローって曲の開放感はずるい(笑)

リズムとメロディーとノイズと眼力。
ふたりで四つのパートを演じる迷いクジラは、迷ってなんかいない。

IMG_9790

 

コーチ君はさすが。
どこにいってもベース和音と口笛でするりと飛んでく。
おしゃれだ。
そしてものすごい皮肉屋さんだ。もう10年にもなるんだねー。すっかり人気者になった!
ピーチブルームの帽子の営業マンでもある。

 

BAKUGA。馬鹿すぎるパンク。愛おしくなるステージング。
ああ、こういうバンド見ると音楽の楽しさ思い出すな。
憂鬱で陰惨なさびしい世界をうたってばかりいるから、なんか、あたたかい爆音。

 

で、今回のマスター「赤い靴」
前に見たときより、かなり自信を感じる。
それに、愛されてる。
愛されてるっていいなあ。

IMG_9814

エキセントリックという言葉が「切れた女」みたいに使われてるけど、赤い靴のエキセントリックさはすこし詩的。
人が人とぶつかった時に「ひゃっ」と思ったり、「あ、すいません」って言っちゃったり、頭にきたのに黙ってたり。他人や、トラブルや、うれしいことに「接触」したときの歌を歌ってる。

だから聞いてても個人的でありながら、あるあるでもあるんだろう。

椎名林檎や大森靖子があけた扉をくぐってきた(直接・間接を問わず)たくさんいる女の子たちの一人でああるけれど、そこのとをどうこういう必要はない。

IMG_9819

 

ひどい目にあったこと、めちゃくちゃうれしかったこと。そんなものをステージに持ち上がって「ちょっと聞いてよ~こないださ~~」と話かけるような楽しさがある。彼女のもつ暗さと明るさが行ったり来たりするのを見るのは楽しい。

なによりも、愛されてる。

 

「赤い靴」という名前から感じる少女メタファーだったり、情景だったり、処女性、赤い血の色。
じつは彼女のシャイを隠すためのフィルターに過ぎないのかも。
元気よく悩み、喜ぶ。
どんがらがっしゃーんと壊したくなるときもあれば、割れたガラスをテープで止めるときもある。

IMG_9827

 

赤い靴、二周年おめでとう。

これからもぐんぐん進んだり、へばったりしようね。

IMG_9832

 

IMG_9806手作りCD、買いました。

 

 

どうしようもなく腹立たしい現実や、モチベーション下がる一方の人間関係や、屑にまみれた自分の心や。
そんなものを一瞬忘れさせる力が音楽にはあるね。
忘れたからって、すぐに思い出すんだけど。

そんな外の世界のクズヤマを忘れ、思い出してまた戦うためにロックンロールはあるのかもしれない。

IMG_9778

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

美味しい熟成肉ステーキ!【熊本の今を見ながら、家中の小銭をかき集めてすっからかん... 熊本城を後にして、食事に。 ここでもスマホ頼み。 文明は、使う。依存は良くないとは知ってるけどね。 意見が決まらず二人でウンウンと。 近くに熟成肉のステーキというものがあるようだ。13...
BABYMETALが大好き【業界は偶像を欲してるんだ】... https://youtu.be/Ro-_cbfdrYE 数年前からWOWOWやなんかでドキュメントだったり、ライブ映像だったりをみてて。 やたらポップでかっこいい楽曲で踊るツンなももクロちゃ...
大ピンチ!『私の人生、私のもの。』サイトに写真が表示されなくなった。... 昨日の夕方(1月8日)から、ブロブアパート『私の人生、私のもの』が写真が表示されなくなった。 もっと言えば 表示されるものも、されないものもある。 アイキャッチだけは表示されてる。 ...
旅館で見る朝ドラ《あさが来た》まるで親戚のおばちゃんのような... 旅館に泊まった、朝。 朝ごはんに食堂におりてくると、従業員さんや泊まりのお客さんが一点を凝視してる。 視線の先にはテレビ。 NHKの連続テレビ小説(?っていうんだっけ)「あさが来た」を見てる...
児玉知道【キープオン!ブローイン!】サヨナラ福岡ワンマンライブ... 馬出ブローインで出会ったすごいミュージシャンの中でも 本当に濃い時間を過ごさせてもらった一人が「児玉知道」くん。 リハーサルで彼の演奏を見て。 なんというか。その人柄が出るような演奏と歌に魅...
能年玲奈が芸名変更「のん」という名で再出発【FRADAYスクープを読んで】... 能年玲奈:ホットロードのTV放送で久しぶりに見た TVをつけたら、前時代的なヤンキーたちが集団乱闘をしていた。 でくのぼうな感じの主演男性が「角川映画」を思い出させる中、すらりと伸びた手足と眉間の...
小佐井みなみの正体は?〜goodmusicを届けてくれるカッコいいシンガーのアレ... 2016年。 一番たくさん一緒に演奏したのは間違いなく「小佐井みなみ」さん。   5月くらいだったか、キャバーンビートのライブレポ取材で初めて彼女の歌を聞いた。 ...
私の人生、私のもの。あなたの人生、あなたのもの。波乱万丈なM氏のこと。... 東京からかえってきて、福岡で就職したのが25歳くらい? あまりに刺激的な毎日から、まったく「なぎ」な毎日へ。 つまんない仕事と、つまんない職場。それを体験できたことは財産かも(笑) でも...
ローリングストーンズは「歌じゃなくて、歌手だ」といったけど【キャバーンビート投げ... レギュラー出演していた鈴音が休業。 キャバーンビート【投げ銭LIVE】第2幕。 この夜は「歌が、まわる」ライブだった。 その1:出演の碓井浩美さんの書いた「僕のことを少し話そう」という歌の歌...
本当にひどい料理・場違いな三人。それでも楽しい一夜のこと。... いやはや。久しぶりにこんなに不味い料理やさん(とは言えないかも)に行った。 当然のことながら店名とかは書かないけど(笑) チョイスを間違っただけかもしれん。 ハロウィンがらみの日曜の夜だった...