鮫肌尻子とダイナマイト@タワーレコードPARCO店

福岡を中心に活動しながらも、東京や大阪に「鮫肌号」でロックンロールをぶっ放しに行く「鮫肌尻子とダイナマイト」というバンドがある。

初めて見たライブは衝撃的で、面白くてかっこ悪くて、壮絶にかっこいい!
そしてなんだか泣けたのを覚えてる、

なんでこんな面白いにのに泣けるんだろう。
なんでこんな下手くそなのにグッとくるんだろう。

その後、何度か(しか)ライブを見てないんだけど、いつもなんか胸にこみ上げる。
決して胃もたれではなく。

 

最近は耳の調子が悪くて、大きな音のライブハウスに行けなくなったんだけど、
今日は全国流通のCD「ヒアカムズ!!鮫肌尻子とダイナマイト」のインストアライブ@タワーレコード。

あの大暴れはっちゃけ四人組がCDショップで?
どんな風になるのか全然わからない(笑)

楽しみにやってきた。

 

ステージの前によく「ここから前に行ってはダメよ」ていう感じのテープがあるでしょ?
今回に限っていうとあれは「バンドの皆さん!ここから出ないでください!」っていう意味合いだった(笑)

 

いつものSEに乗ってメンバー登場。
紙芝居も始まった。

401

 

こんな小さな音の尻子たちを聞いたことがなかった(笑)

30分もしっかりやってくれて、アンコールもあった。
何百回もやったであろう曲をまだトチッたりしながら(笑)

でも本当、いい曲ばかりで。
本当にいい曲だらけで。

めんたいロックの「いかつい怖さ」が得意ではない僕にはぴったり。
上等のバブルガムミュージック。

実はツボを押さえてるアビーのギターは小さすぎて学生が部屋で練習してるような。
すごい気持ちのいいギター弾くんだよねアビーは。弾く時は、ね(笑)

402

 

入っちゃだめテープを突破して、アビーは転げまわる。
倒れるマイクスタンドをお客さんが元に戻す。
いつもの光景。

 

愛されてる。
恐ろしいくらいの愛のパワー。マジで。

 

最初の頃、ライブにはお客さんがあまり来なくて、ノルマを自腹で払ってた。
バイトして、必死に働いて。
で、ライブですっからかん。
なのに彼らはやめなかった。

軽自動車で走りまくって、東京に、大阪に。
18時間とか運転するんだよ?

403

 

鮫肌尻子とダイナマイトを見てると「ダメ」ってのはなんだろうと思う。

お客さんが来なくても
自腹切っても
やり続ける。

でもそんなドカン!と売れるわけはなく。
でもやる。
やり続ける。

いろんなことがあったと思う。
でも進んでる。軽自動車に夢を乗せて。
ヘトヘトでも朝起きる。

ダメなこと、うまくいかないことがあるから僕らは始めたことをやめちゃう。
もうダメだって言いながら。
でも、ダメってなんだろう?
尻子たちにも、何度も「ダメ」はやってきたはず。

 

でも今、ダメじゃない。

 

ダメは、ダメじゃないんだ。
ダメじゃないんだ。

 

ダメっていうのは甘く烏合のいい言い訳なんだなあ。

尻子たちは今日もたくさんの人を笑わせ、奇声を上げさせ、心の中で泣かせる。

 

危険な女作戦「KOS」が、着実に一歩一歩、進んでる。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら