小山卓治@キャバーンビート【思い思いのグラスに一本のシャンペンを】

1983年。
デヴィッドボウイの「1984」が来年だな〜なんて思っていた大学生の僕は、友人からあるレコードを勧められた。

小山卓治の「NG!」というレコード。

2016-11-06-10-02-26

部屋の隅に置かれた、今ではもう見なくなったブラウン管の曲線の画面は、ジョンレノンが射殺されたダコタアパート前を写してる。

さっと聞くと、その当時流行り始めたコールアンドレスポンス的なロックンロールや、しっとりとしたバラードなんだけど、そこで発せられる声の「ロックぽさのない、繊細なシャウト」が心に残った。

冒頭の曲で歌われる男女。まるで映画のようだった。

スプリングスティーンやニールヤング、ディランなどの「訳詞」のような構造的ストーリー。好きだったボリスヴィアンやラングストンヒューズの匂いもする。

明日の見えない若者たちの歌はたくさん溢れていた。(尾崎豊という巨星もいた)
でも小山卓治の歌から感じる、少し焦げたような斜陽感は他では感じられなかった。

 

 

1984年。僕はいろんな事情で大学を辞め、足元に薄く広がる不安に絡めとられそうになりながら生きていた。
彼女(今の妻)と語る未来だけが生きがいだった。
そんな時に出会ったレコードがこれ。「HIMAWARI」

2016-11-06-10-02-47

決定的だった。

そこで歌われる物語はさらに袋小路だし、ブルーカラーの労働者たちの苦痛や嘆き、さらに喜びや安らぎまでが描かれていた。

物語がそこにあった。

アーティスト(小山卓治)はカメラの裏に回り、自由に歩き出す主人公たちを見守る。

俺はこう思う!俺はこんな人間だ!

そんな主張を表に出さず、ただただ勇気と愛情を持ってキャラクターたちを動かす。

 

 

ガソリンが水たまりに虹をつくる道の向こう
すすけた赤い屋根が続いてる
「ひまわり」

 

ゆっくりと流れる川に沿った石畳
僕は自転車に乗って毎日ここを通る
一人前になるまでもう一息だ
「家族」

 

これからは二人で
つつましく過ごしてゆくんだ
「記念日」

 

歌われるのは4分程度のワンシーン。
でもその曲の前、その曲の後を考える。
想像する楽しみ。

物語を作るように歌を作る人がいるんだ。
それも、ここから少し離れた外国の景色の中で。

2016-11-05-09-24-34

 

 

21世紀を迎えて、子供も大きくなったある日。
インターネット(パソコン通信と呼ばれてたね)でバンドメンバー募集の書き込みを見た。

「小山卓治コピーバンドを結成します。メンバー募集 小山卓治を九州に呼ぼう会」

 

あ、ちょっと面白そう。
ギターはあるし。
バンドなんて20年ぶりくらいだけど、楽しそう。

チャットするのに「ハンドルネーム」が必要だという。
僕は何も考えず、当時やってたデザイン事務所の名前「サニーサイド」からとって

「サニー」と入れた。
今でも、そう呼ばれてる(笑)

すぐにコンタクトを取り、大橋のスタジオへ。
アンプの使い方もわからない(笑)

そのバンド「キューコ」に加入したことから、僕のアマチュア音楽人生は始まった。

 

 

 

2016年11月5日。
つい先日「サニーロックフェス」で大盛り上がりを見せた同じ会場で、小山卓治を見ることに。
20年くらい前、ビブレホール?だったかで「橘いづみ」がゲストのライブを見て以来だ。

2016-11-05-17-41-21

 

キャバーンビートで共演したりの「えとぴりか」のオープニングから始まって。
いつもより、より大きく息を吸い込む彼女に緊張したりした(笑)

 

そして、小山卓治。
年齢を重ねてきた分、傷の増えた顔、白髪。
でも歌い始めるとすべてが吹っ飛ぶ声。

歌を作り、歌を歌う。

そんなことを何十年も続けてきた人間だけが持つオーラ。

HIMAWARIに入っていたパラダイスアレイで始まった。
「約束なんか何も交わさなかったはずだろう」

 

新しい歌も幾つか。

身の回りで起きたこと。
地震やテロに巻きこまれた人たちを、そばに寄り添い、また空から俯瞰して歌う。
悲しいニュースを悲しみで彩らず、生きるってことを勧めてくれる。

視点が変わらないな。

 

不意に、「ひまわり」のコードが鳴る。
心のざわざわが溢れてきた。
今ままで生きてきたことが誇らしくなり
音楽活動を続けてこれたことを感謝し
あのとき大好きだった人と、今夜も一緒にいられることを喜んだ。

 

〜ガソリンが水たまりに虹をつくる道の向こう
すすけた赤い屋根が続いてる〜

 

その後も新旧取り混ぜ、バンド編成でYELLOW WASPや傷だらけの天使を聞く。

 

ライブが終わって、キャバーンビートの町田さんに紹介してもらい、少し話した。
今日ここに、妻と二人でいれるのは、あなたのおかげなんですよ、と。

「96エーカーの森」という僕のCDも渡せた。

 

002

 

これは特別な夜ではないかもしれないし
また二人でライブを見ることもあると思う。
僕がキャバーンビートで音楽活動を続けていれば、もしかしたらオープニングアクトも(笑)

 

生きていてよかった。
ふたりでいれてよかった。
そんな夜。

ああ、全然ライブレポートにならなかった(笑)

2016-11-06-10-03-11





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら