ぼくの「もったいない時間」について

ああ、いまの時間もったいないな。と感じることがある。

若い頃は「信号待ち」とか

東京にいた頃は「通勤」とか

 

ぼくにとっての「もったいない時間」の代表は

 

「頭痛時間」です。

 

頭痛と一緒に育ってきたんじゃないかな?と思うくらい。

頭痛の検査とかして、スキャンとかして

「脳がきれいですよ~」って言われても頭痛はとれない。

 

しかし「脳がきれい」って?

 

今日も朝から調子悪く、ガンガンきてる。

二日酔いみたいに。

実際お酒をあまり飲まないので飲んだときはいつも二日酔いだけどね。

 

仕事でも、そうでなくても重要なことがたくさんあって

やりたいことも、やらなきゃいけないこともたくさんあるけど。

 

頭痛はやだなあ。

 

 

あと、もうひとつ重要な「もったいない時間」

 

それは「キーボードのうち間違い」

 

僕はブラインドタッチができないので、キーボードを見ながらしか打てない。しかも、右手は親指、ひとさし指、中指。左手は人差し指だけ。

たとえば「キーボード」って打とうとして

『ki-bo-do』

って打ってしまい、「あああああ」と思って、変換してから打ち直す。

会社ではウインドウズ、家ではマックなので

ショートカットが違ってて「あああああ」ってなる。

 

もったいない。

 

さらに、他の指たち。

微妙に緊張した面持ちで「キーボードに当たらないように、気をつけなきゃ!」って感じで。ピシッと、空間にある。

 

これって、大変だよね。

 

 

いわば10人のチームで、その仕事ができるのは、合計4人。あとの6人はジャマをしないように、ピシッとしてる。

 

これって案外できなくない?

 

 

ぼくは、活躍する(?)右手親指、ひとさし指、中指。左手人差し指の4本もすごいと思うけど、ビシッと待ってる6本が、なかなか、好き。

 

とはいえ、本当は
10本の指が活躍できる場所を作らないといけないんだけどね。

 

 

あ、あと、毎日何かを忘れて、玄関までもうダッシュするの、もったいない、か、なあ?





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら