眠れない夜と眠るだけの猫

夜、すっと眠りに入れない。
入眠剤を飲んでも、きっちり三時間で目が覚める。

ああ、寝るのも体力がいるんだなあー
老人にちかくなってきてるのかなぁー

昼間、がつがつと文章を考え、キーボードを打ってるんだけど、その間ずっと足元で猫は寝てる。
いびきをかいて寝てる。
なんだかうらやましい。

夜、目を閉じると頭がさえてくる。
仕事も音楽もアイデアがでてくる。
いかんいかん、明日考えようとするけど、だめ。

猫は夜、うろうろしてる。
でも、結果、寝てる。
うらやましいもんだ。

 

いろんなことを詰め込みすぎだといわれる。
仕事も、そのほかも、集中してやってしまうので、めちゃめちゃ早い。
ゆっくりと、いいペースで仕事できないから、時間で計算されるサラリーマンは無理だった。
土曜の早朝とか、夜中とか仕事してる。
平日の夜は音楽をやってたりする。ここ一年くらいスケジュールはパンパンだ。

でも、それがマイペースなんよね。
マイペースはひとそれぞれで、生き物それぞれ。
猫は眠る。
ぼくは忙しくする。

ほんとうに眠たいときには、西鉄バスで気絶してる(笑)
たぶん、世の中で一番いい不眠症治療法は「西鉄バスにのる」ことだ。
数分で気絶する。

 

きょうはすこし休憩気味のこの「私の人生、わたしのもの」。
それも、いいよね~~。

 

今朝はすごいあおぞら。
ミサイルも見えそう。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

久しぶりのゲリラハウス【社会人バンドライブに潜入】一ヶ月ぶりくらいなのにね... 活動休止ライブが10/19だったから、ちょうど一ヶ月ぶり。ゲリラハウスで行われたイベントで、こさいみなみのギターサポートで参加してきました。 いろんな事情とか、すったもんだの挙句(笑)予定してい...
新しい音楽に会える方法【Amazon musicとYoutubeの合わせ技】... 寝たきりだった土日にとにかくお父さんお母さんに怒られるくらいスマホを見た。 CD棚を見ても、いまひとつ聞きたいものがなかったり、パソコン開くまでもない(僕の場合は電源入れるのがギックリ腰でできなかっ...
小佐井みなみレコ発ワンマン完全レポート@ゲリラハウス【白いワンピースのクイーンと... 2017年12月22日。小佐井みなみのCD発売記念ワンマンライブ。   リハーサルでひと通りやってみて、いろんな確認した後、炭水化物を摂取しに。 まさかの「...
ネイティブアメリカン=マイノリティ?【自分が多数派だと思い込む不思議】高石純二く... 自分とは違う人たちを、僕らは品定めする。 なにがちがうのか?その考え方、生き方は「正しい」のか?常識に照らし合わせておかしくないか? 自分の属している、もしくは思想が似ている人たちと集まってい...
PLAYBALLオールスターズ【こんなにバラバラな出演者の夜】... 一月から第二火曜日。ゲリラハウスで小佐井みなみさんの横でギター弾いてる。 毎週トリをつとめる人が決まってる面白いイベントなんだけど、五月は火曜日が5回あるのでレギュラー四人衆が総出演。 そこに混ぜ...
千年夜市@清流公園【マイエンジェル・ノーモアキス】男と女の熱い夜... 秋の雰囲気たっぷりの、千年夜市。 先々週中止になったこさいみなみとのライブ。長かった夏の終わりのライブ。 今年の春よりすごく規模が大きくなってる! ステージも。お店の数も。 &...
デュエット!デュエット!@ゲリラハウス... 飲み会で部下の女の子に「デュエット」を強要する上司。 僕は会社にいたことがあまりないのでそういう姿を見たことはないけど。 デュエットて、好き。   自分で作る時、実は「自...
さよなら2017年の桜@一瞬の晴れ間を狙って秋月へ。... 今年は本当、雨に降られたね。 一年間待って、ようやく咲いたと思ったら、雨。寒い。 花見なんて若い頃は何が楽しいのか全然わからんかった。 まだ寒いのに、ブルーシートに座って酔っ払って。 かっ...
白く塗りつぶせ ほんとうにつらくて、どうしようもない事がおきて。 誰とも話したくないし、誰とも会いたくない。   そんな数日。   善意も悪意も幸せも不幸せにも触れたくな...
篠山紀信展 写真力@福岡アジア美術館【昭和の香りのおっぱいカーブ】... 篠山紀信はすごいと思わなかった、あの頃。 僕ら昭和40年世代には、篠山紀信は「GORO」でグラビアを撮る人というイメージだった。 荒々しいもの、尖ったものが好きな10代20代の頃は、加納典明や荒木...