どっちもは、無理って話。

僕は近視だ。
遠くのものが見えない。

中学校くらいからメガネ生活。
どんどん進んでいって、0.0なんとかまで悪くなった。

割と大きな目をしてるんだけど、使い物にならない。

 

それが10年くらい前から、近くも見えづらくなってきた。
「老眼」の始まり。

老いが始まるってこと。

 

数年前から「遠近両用メガネ」というものになり、

「遠くと近くの見えにくいところを矯正する」ことができるようになった。
ほっと一安心。

も。

つかの間。

 

近くがさらに見えなくなってきた。

 

生きてるってのは体のガタを増やしてくことやねぇ。

 

もう今のままでは、近くも遠くも見えるようにするのは難しいらしく、どっちかを諦めることになった。
仕事はパソコンを一日中使うので、遠くを諦め、手元が見えるようなレンズにしようと思った。
結構な出費だ。

 

生きてるってのは出費を重ねてくことやね。

 

メガネは顔の一部です〜なんて広告文があったけど、今かけてるメガネは気に入ってるし、代えたくないのでレンズだけ交換。

手元がすっきり見えるようになった!!

 

手元をしっかり見るか
遠くの景色をしっかり見るか

どっちも上手くいける人もいるし、そうでもない人もいる。

 

僕は、どっちつかずな方だなぁ。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら