松田翔太さんのことなど

こないだ、NHK「あさイチ」のインタビューコーナー「プレミアムトーク」に松田翔太が出てた。

b0206037_11565238

作品以外での露出が少ない役者。しかも生放送。まさにプレミアム感あふれるトークじゃないですか!

斜に構えるでもなく、ウケを狙うでもなく、ナチュラルに喋ってて好感。

2008年の大河ドラマ『篤姫』の14代将軍・徳川家茂役で登場したときは、めまいのするような大根さんだった将太さんも、今年30才になるんだって。私も年取るはずだよ・・・(36才です)。

あ、ちなみに私、大河ドラマを見ることをライフワークにしているので、大河の話題はちょいちょい出てくると思い ます。
あと、「大根役者は大河の華」という標語(造語)を胸に抱いて生きてるのでそこんとこヨロシクね。東出昌大くんをクサす奴は俺が許さん。

そうそう、松田翔太ね。

映画『イニシエーション ラブ』で、久しぶりにごく普通の若者(サラリーマン)役をやって楽しかった、て言ってた。
恋人役の前田敦子ちゃんと、波打ち際でキャッキャ水遊びするシーンとか、「現実では絶対ないシチュエーションですよね」と。「どうでしたか?」と聞かれて「いやあ・・・けっこういいもんですね」とニッコリしてた。

https://youtu.be/w8MEaS2neHE

役者になる前、18才(だったかな)で、イギリスに留学していたころの話も面白かった。
まだ何者でもなく、お金もなくて、アートの学校に行ってたけど別にそこに深入りしたわけでもなく、「これ」という何かを残したわけじゃないんだろうけど、若いころに異文化の中で過ごしたことを、すごく糧にしているのがわかった。

私はいまだ鎖国に近い人生を送っているので(心はグローバルですよ!)、とても眩しく映りました。

30代が楽しみと言ってた。
これからは好きなこと、得意なことをしていきたいと。20代ではいろんなことをやって、得意なことがだいぶわかった気がする、と。
そしてお父さんの亡くなった39才という年をすごく意識していると、とても自然に語っていました。

松田龍平・翔太の兄弟のすばらしいところは、
龍平を見たときは龍平を、翔太を見たときは翔太を、

「こっちのほうが (兄よりも / 弟よりも) ステキ!!」

と、その都度いちいち思えるところじゃないでしょうか?
私、『あまちゃん』を見てたころは断然、水口=龍平派でした。

でも、2012年大河『平清盛』での後白河法皇や、高橋克実と入れ替わって中身がやくざの親分になっちゃう『ドン・キホーテ』なんかを見ていると、「親父の無頼や暴力性を受け継ぐのは、案外、翔太のほうなんじゃないか?」と思ったりします。
「甲乙つけがたーい!」「どっちにしようか迷っちゃうー!」という、乙女(乙女?)の浮気心をじゅうぶんに満足させてくれるのが松田兄弟です。本 当の乙女は、たぶん「甲乙」なんて語彙を使いませんけどね。

「やっぱり翔太よね!」と鼻息を荒くしながら見たプレミアムトークでした。

ちなみに、この番組を進行しているイノッチことV6の井ノ原快彦さんは、当代きっての魅力的なインタビュアーだと個人的に思っています。

『“ママじゃない私”ポートレート』という企画(趣味です単なる)にて、なんちゃってインタビュアーをやってるあたくしですので、キラキラ尊敬の目で井ノ原さんを見てます。
『“ママじゃない私”ポートレート』

この企画については、またいつか機会があれば詳しく・・・。

 

見たテレビとか、読んだ本とか、スポーツとか、日常のつれづれなど、つらつら書きたいと思います。

ていうか、そういうことをつらつら書いてるブログは既にあるんですけどね。

『moonshine』

インスタ全盛のこの時代に、文字しかないブログとして有名です(嘘です無名です)。ひとつ、なにとぞ。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら