SPIZ30/50@マリンメッセ福岡【ズルしても真面目にも生きていける気がしたよ】

SPIZ30/50:スピッツを初めて見れた

小佐井みなみのお友達とスピッツのことを話してたとき
「ライブのチケットが2枚あまりそうなんですが行きませんか?」とお誘いを受けた。
その場で妻に確認をとって、チケットをお願いした。

その後、二転三転あったんだけど(笑)
二人でスピッツに行けることになった。

マリンメッセ福岡なんていう大きな会場は初めてだし。
いわゆる「プロ」のバンドをそんなにたくさん見に行っていないので、微妙な不安感もあったりして(笑)

ツアーTシャツをきた人たちがぞろぞろ。
ブッパンもぞろぞろ。
なんかドキドキするぞ。

スタンド席というところで、だいぶ遠いとこではあるけど、すごく見やすい。
僕ら夫婦はスピッツと同様「小さめ」なので、大きな人が前にいると「肩と肩の間からステージを見る」か、「見える位置を見つけたら死守する」ってのをやらなくちゃいけないんだけど。

30分以上も前に会場に入り、椅子に座って待つ。
うとうとした。

 

主催者の前節から愛情のこもった雰囲気が漂ってくる。

会場の明かりが落とされ、ライブが始まった。

 

 

SPIZ30/50:実はそれほど熱心なスピッツファンではない

コンサートチケットはいつも取れないって聞いていたし。
今回は「初めてスピッツをみた」という人の多いライブだったようだ。こんな大きな会場で2デイズだから、僕らみたいな「一見さん」も観れるチャンスがあったのかも。

 

知らない曲もある。

持ってるCDは真ん中の8まいと、一番上の猫の。あとベストとか未発表曲集とか。
最近は遠ざかっていた。

クリスピー!〜スーベニア

その頃がなじみ深い。

 

その頃の歌で、がっつり泣かされた。

 

涙がキラリとか

チェリーとか

ロビンソンとか。

なんだろう、曲の持つ力もあるだろうけど、自分の中に溜まってるもの、いろいろなことがあって過ぎ去った過去が曲とともに蘇るのかもしれない。

ロビンソンのイントロだけでもいろんな思い出がある。

でも、やっぱり「けもの道」だ。

 

諦めないで
それは未来へ
かすかに続くけもの道
すべての意味を作り始める
あまりに青い空の下

 

誰だって生きてりゃいろいろある。
諦めてしまうこともあるし、いつだって、今だって深い悲しみとさみしさと後悔とともにある。
でも未来へ続くけもの道だと信じる。
この歌で何度踏みとどまったか。

  • そんなことやる意味あるの?
  • 会社辞めてどーすんの?
  • なんでタダで他人のサポートしたりするの?バカじゃない?
  • なんで?

いろんな人から、いろんなことを言われる。
何かをやるってことは、やらない人からの攻撃を覚悟しないといけない。

 

意味なんてあるんだろうか?

 

そう思う時、いつも「けもの道」を探す。

すべての意味を作り始めればいいんだと思う。

 

SPIZ30/50:ザ・ライブバンドとして小さなおっさん達

一万人を相手にバンドメンバー4人と、長年のサポートキーボードひとりだけで立ち向かう彼らは「ロックバンド」だった。

ゆるやかな曲にもビートがあり、歌詞を歌い間違え(笑)動き回る。

こんなにたくさん、曲をやるんだ。

こんなにたくさん、いい曲があるんだ。

すごいや。

 

難解とまでは言わないにしろ、ストレートな歌詞ではないし、言葉から起因する風景や心象を大事に作品を作ってるバンド。
その彼らが、ガンガンに演奏してる。フィジカルだ。

そりゃ1000回を超えるライブで鍛えたバンドの力だ。

 

時に思うのがギターの素晴らしさ。(まあ、僕がギターが好きってのもあるかもだけど)
あんななりをした(笑)ギタリストが、繊細で美しいイントロを弾く。
歌のバッキングの塩梅も素晴らしいし、間奏での世界の広げ方もすごい。

歌モノバンドの、しかもギターボーカルがいる場合のギタリストの一番いい仕事の仕方じゃないだろうか。
曲を理解して、広げ、間奏ではバトンを受け取る。
素晴らしい。

 

 

曲が、歌が真ん中で。それを生かす演奏をする。
それが歌ものバンドの最高な形。

 

SPIZ30/50:30年も一緒って、どんな気分かな?

今30年間一緒の会社に勤め上げる人って少ないと思う。
いい時もきつい時も、4人が一緒にいるって、どんな感じだろうか?

20歳くらいの頃に始めた「大好きなこと」を、同じメンバーでやり続ける。

誰も辞めずに。

誰も死なずに。

よく知らないけど、「バンドではできないことをやるためにソロアルバムを出した」って話も聞かない。

 

お客さんも20歳が50歳になる。
お子さんを連れてる人も、お母さんを連れてる人も、僕らより年上の夫婦も。
20代の若者も、たくさんいた。

長くやる。
きちんとやる。
コツコツやる。
これが一番難しくて、一番の成功法なのかもしれない。

 

いろんな人と組んではやめてばかりの僕には想像もつかないなぁ。

 

ライブが終わり。
ポツポツ話しながら歩き、
20年くらい前によく行っていた洋食屋さんへ行行った。

月がきれいな夜。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ラストお花見は冷泉公園で【肉を食べたり、ギターを弾いたり】... 今年は結局、割と長い時間お花見できたね。 2017年最後のお花見は、お世話になってる人のお誘いで、冷泉公園に。 日差しがすごくて、ポカポカ。 と言うより日に焼けまくる感じ。 桜はという...
東京ディスティニーランド@斜め45度企画【生むものと生まれたもの】... 東京ディスティニーランド:ここはもうライブバーじゃない。君は人間じゃない 一年のうちに何度が見れる東京ディスティニーランド。 地獄でもあり天国でもある一人芝居。 長い時間、夢の中に叩き込まれ...
UTEROコピバンNIGHT【好き!VS好き!】ステージの上と下で飛び交う愛のコ... UTEROコピバンNIGHTに行ってきました。 UTERO自体、新しくなって初めて(笑) なんか轟音のライブハウスも久しぶり。 耳の調子がどんどん悪くなっていて(まあ、加齢によるものもあ...
歌姫たちの背中と横顔:01【acaneさんのまっすぐな視線】... acaneさん【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:01】 彼女の好きな音楽や、彼女の音楽スタイル。そして路上活動。 僕にとっては何一つ、本当に何一つ共通点がない(笑) 同じ「海」だとしても、釣...
ウーマンラッシュアワー@THE MANZAI【「我が国」に含まれない地域の人たち... お正月のTVが好きだった。 お笑い番組があるから。 でもひな壇番組が嫌いで。 つまんないから。   TVが終わって行ってる。僕らのTVが。 次の日の話題を絶えず提供し...
サンハウスというバンドの思い出【日本語でかっこよくロックをやること】... 高校生の頃。 ルースターズやロッカーズなどの「めんたいロック」と言われるムーブメントがあった。 海外で派生したパンクロックの、飛び火。 だったと思う。 地元の身近な音楽たち。 音楽の授業...
あなたは誰に憧れている?【なりたい人は誰?】... 「憧れてたり、こんな風になりたい人っていますか?」 ツタヤでのノマド中にちひろさんから聞かれた。   そういえば昔から このレコード好き! この映画好き! ...
あの時、チャットルームに入らなければ…。全てが始まった日のことを。... 人生って、「あの時、ああしなければ」ってことの連続。 いいことも、悪いことも。 悪いことは割といつまでも心にあって「後悔」っていう重石になる。 でも、「やってよかった!」ってことは忘...
自撮りについて、ちょっと話を聞いてみた... 自撮り。 もはや「地鶏」よりも完全に変換率の高いもの。 自分で自分の写真を撮ることだけの意味じゃなくて、たぶんその後SNSに公開することまでふくめて、の意味だと思う。 こないだ、わりと社...
デュエット!デュエット!@ゲリラハウス... 飲み会で部下の女の子に「デュエット」を強要する上司。 僕は会社にいたことがあまりないのでそういう姿を見たことはないけど。 デュエットて、好き。   自分で作る時、実は「自...