ゲリラハウスオープンマイク【ラス前のfeelin gooooooood】

ゲリラハウスでのオープンマイク。
僕にとっての「JAZZカバー修行の場」だった。

昨日、ようやく、見えた景色があった。
ニーナシモーンの「feelin good」を歌いたくて。ずっと練習した。公園で歌い、オープンマイクで歌い、もちろん家でも毎日歌い。

ずっと「借り物」だったこの歌が、昨日「僕のもの」になった。
もちろんこれからもっと深めていくけど。
僕の庭に、引き摺り下ろすことができた。

こさいみなみ師匠は「今一歩ですね」と批評してくれたが(笑)
萠珈といい、こさいみなみといい、いいコメントをくれる。

 

 

このあと休む!って決めてから、ずいぶん深く、濃く、音楽をやれた。
ちょっとホッとしてる。
もちろん「100回のライブに100回の残念」という師匠の言葉通り、残念は永遠に続くけど、なんか、よかった。

僕にとってのゲリラハウスは「中島晴香ワンマン」の印象。
その時に彼女に作ったSTAYをどうしても歌いたかったので、やった。

 

ステイ。このままそばにいて。
でもそれは叶わぬ想いなんだ。
変わらないものなんてない。
全ては塵になって、風にふかれて消えてゆく。
永遠にあるものなんてない。

 

この日は先日ブギで再開した田口くんや、出会ったばかりなのに何度も見に来てくれた小金丸さん。昼の世界に復帰したたけっち、久しぶりのトモヤくんなど、「リユニオン」な雰囲気満載だった。

 

ライブのあとは本当にどっと疲れて。しばらく口が聞けなくなる。
このところいつもそうだ。

いろんな人のライブ見たあと、気軽に声かけしてたのが「良いことではない」のかなぁと思うくらい。やったあとは「がっつり篭る」のが好きな人がいたら申し訳なかったなぁ。

 

今日はマークと初ライブ。
ギターをもたせたら、僕は自信に満ちることができる。
世界で一番すごいと思える。壮大な勘違いだけどね。

ギターをずっと弾いていたい。
誰かの音楽に合わせて。
純粋な気持ち。

今日はマーク・ロウの暗くて歪んだ世界を拡大させようと弾いた。
フレーズは考えてない。
流れてくる音と歌が僕のギターを燃えさせてくれる。

 

音楽で描ける世界があるなら、僕はやっぱりギターという絵の具を投げつけたい。

 

そしてこさいみなみと久しぶりのゲリラハウス。
相変わらず雑に扱われて、もう、うんざり〜。

今日はパーカッションにトモヤくん。三人でのチープスリル。
去年のクリスマスマーケットを思い出すなぁ。
やっぱり雨が降ってたなぁ(笑)

いい思い出がたくさんだ。
そしてそれはずべて「過去」だ。

 

大合唱(笑)

 

終わった。

気持ちがよかった。

楽しかった。

 

 

いろんな道を右往左往して、また遠くに「光」を見つけることができた。
今年のぐずぐずは無駄じゃなかった。

 

 

全ては終わります。
一旦、僕は僕を寝かしつけます。

大好きな音楽という表現を「嫌いになる」前に
多くの音楽仲間に「さよならも言わずに消えること」のないように。

 

たけっちが言ってた。

「周りにもいろんな理由で活動を休止する人がいるけど、その人が戻ってくる時のために、僕は地味に、地道に、普通に活動を続けてます」と。

泣けたね。

 

 

この記事が出る頃、ゲリラハウスで休止前最後のライブ(毎月のブローイン以外ね)がスタートしてます。

出演者全員と絡むという、僕らしい終わり方です。

 

毎回傷つけてごめんね。少し休もうね。

 

ゲリラハウス前でラストツーショット?を。

 

涅槃で会おうなんてまだ言わないぜ。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら