NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick 電子粒子の水彩画【デジタルチャイルド達の小さな隆起】

NOZOMI PIENA:TAのサウンドを作ってるMastarrjaにとても興味があって。
でもライブハウスでのライブはあまりやってないみたい。

次回ライブの予定が僕らの人形劇と重なっていていけないな〜〜残念!と思っていたら、急遽キューブリックでライブするという。

こりゃ行かねば。

 

真っ暗なステージにアップルマークが静かに光ってる。
なんか高まるね。

 

卓の前に立つMastarrjaは、少し控えめにハンズアップする。

イントロがめちゃくちゃかっこいい。

 

 

昔、エブリシング・バット・ザ・ガールというユニットがいて、アコースティックなサウンドでデビューして。
ボサノヴァやらをぐしゃっと潰したような「冷たくてコミ障ぽいサウンド」が好きだった。

いきなりある時ドラムンベースをサウンドの核に持ってきた。
びっくりしたけど、その前のアルバムのポップサウンドよりすごくしっくりきた。

デジタルのビートにはアコースティックとの親和性の高いものが多くある。

 

このところリスナーとしてはギター弾き語りにもうあまり興味がなくて、バンドサウンドも特に聞きたい音はなくなってる。

きっとここ数年、お腹いっぱい聞いたからだろう。

 

そんな時に聞いたNOZOMI PIENA:TAがえらいかっこよかった。
ビートの効いた水彩画。
ドルッティコラムから静かな殺気を外して、穏やかな自然風景を足したような。
それでいてパフォーマンスやステージの見せ方はPOPで。
キャラクターの立て方も考えてて、「エンターテインメント」を腹をくくってやってるようなライブだった。

ただ、僕はそういう「エンターテインメント」のない「音楽だけ」を見たいと常に思っていた。
音楽以外の情報はいらないから。
キャラクターとか、人柄とか関係ないから。
ビシビシくるやつを聞きたいだけだから。

 

それがかなったのが

NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick

だった。

 

NOZOMI PIENA:TAの書いた曲とMastarrjaの書いた曲のさがとても面白い。
同じクリエイターが音を作るんだけど、

先攻、後攻みたいな。

先にサーブをするのはどっち?みたいな。

 

NOZOMI PIENA:TAはいつもより倍以上の躍動感に満ちていた。
デジタルなビートとフィジカルなパフォーマンス。

 

すごい気持ちがいい。

 

自分ではできないけど、好きな音楽ってあるよね。
この二人がやってることはまさにそう。

そして僕は自分にできないこと、自分が描けない世界を書き上げる人が好き。
歌詞も、サウンドも。
最近好きで聞いてる人、見に行ってる人はそんな人たち。

 

僕が今まで必死に作り上げてきたアコースティックサウンドや、バンドサウンドを、新しい音で、新しい才能で上書きしてくれるような人たちがまだいる。

僕のキャリアを消し去ってくれるような人がいるから、ワクワクする。
いつでも新人に戻れる!!

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

嗅ぎつけられたらあっけなく一人さ〜萠珈の描く風景画〜... 電線に絡まる 御機嫌トリさ 嗅ぎつけられたら あっけなく独りさ うねり くねり 流れ着く川のほとり 通り一遍なやりとり 〜音甲斐(ねがい)〜萠珈   日本語はもっと遊べる...
ひとりぼっちのPLAYBALL@ゲリラハウス【マリリンモンローを歌う小佐井みなみ... 先月で「ブリリアントなお部屋」の出演は任期満了。 今回は「サポートギタリスト:サニー」としての出演。 思えば、前回まではすごく緊張してたんだなぁ。ブリリアントなお部屋と、playball sh...
篠山紀信展 写真力@福岡アジア美術館【昭和の香りのおっぱいカーブ】... 篠山紀信はすごいと思わなかった、あの頃。 僕ら昭和40年世代には、篠山紀信は「GORO」でグラビアを撮る人というイメージだった。 荒々しいもの、尖ったものが好きな10代20代の頃は、加納典明や荒木...
R2D2目撃をこれまでにない熱さで語る小佐井みなみ@キャバーンビート洋楽女子会... さてさて。小佐井みなみさんとのライブラッシュだった5月も終わり。 5/31のキャバーンビートでのライブは5月最後を飾るにふさわしいものだった(笑) 洋楽女子会は洋楽のカバーを中心に艶やかな娘さ...
眠れない夜と眠るだけの猫 夜、すっと眠りに入れない。 入眠剤を飲んでも、きっちり三時間で目が覚める。 ああ、寝るのも体力がいるんだなあー 老人にちかくなってきてるのかなぁー 昼間、がつがつと文章を考え、キーボー...
さよならは別れの言葉じゃなくて〜マーヤとカナの壮行会@キャバーンビート〜... 初めて会った時は高校生だったマーヤも、今や22歳。 春から就職で東京に行くので壮行会を、一番お世話になったキャバーンビートでやろうということになった。 しかも、僕のバンド「クルー・オブ・ブルー...
iphone消失【バックアップも不具合】さて、真っ白になった過去へ... 古いアイフォンを友人にあげた。 で、その友人から「個人情報を消してくれ云々」というメールが来たので、 パソコンから「古い5s」のデータを消去しようとした。 何度か確認した。 ...
萠珈(モカ)ワンマンライブ【赤い衣摺れは宵待の合言葉】銀のナイフの冷たさよ... 夢ってのは寝て見るものじゃない。 なんていうと「夢は叶えるものだ!」なんていう気持ちの悪い熱血漢を右往左往させる合言葉のようだけど。 萠珈のライブを見に行った。しばらくぶりのドラムレジェンドに...
「壁の上の少年」人形劇練習【初恋とアイデンティティ】... 斜め45度企画の美咲さんに声をかけてもらって、妻の二コランコランは人形劇を作る。 だいたい年に一本くらいの予定で今まで来たんだけど、今年二本目。   脚本と人形、大道具...
ノスタルジーは人それぞれ【自分の過去を投影する勝手な思い込み】... ここ数年、若い人と交流(?)することが増えて。 話したり、SNSの書き込みなんか見てて 「ああ、こんな気持ちだった頃があったなぁ」と思うことが多々ある。   ある人の...