NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick 電子粒子の水彩画【デジタルチャイルド達の小さな隆起】

NOZOMI PIENA:TAのサウンドを作ってるMastarrjaにとても興味があって。
でもライブハウスでのライブはあまりやってないみたい。

次回ライブの予定が僕らの人形劇と重なっていていけないな〜〜残念!と思っていたら、急遽キューブリックでライブするという。

こりゃ行かねば。

 

真っ暗なステージにアップルマークが静かに光ってる。
なんか高まるね。

 

卓の前に立つMastarrjaは、少し控えめにハンズアップする。

イントロがめちゃくちゃかっこいい。

 

 

昔、エブリシング・バット・ザ・ガールというユニットがいて、アコースティックなサウンドでデビューして。
ボサノヴァやらをぐしゃっと潰したような「冷たくてコミ障ぽいサウンド」が好きだった。

いきなりある時ドラムンベースをサウンドの核に持ってきた。
びっくりしたけど、その前のアルバムのポップサウンドよりすごくしっくりきた。

デジタルのビートにはアコースティックとの親和性の高いものが多くある。

 

このところリスナーとしてはギター弾き語りにもうあまり興味がなくて、バンドサウンドも特に聞きたい音はなくなってる。

きっとここ数年、お腹いっぱい聞いたからだろう。

 

そんな時に聞いたNOZOMI PIENA:TAがえらいかっこよかった。
ビートの効いた水彩画。
ドルッティコラムから静かな殺気を外して、穏やかな自然風景を足したような。
それでいてパフォーマンスやステージの見せ方はPOPで。
キャラクターの立て方も考えてて、「エンターテインメント」を腹をくくってやってるようなライブだった。

ただ、僕はそういう「エンターテインメント」のない「音楽だけ」を見たいと常に思っていた。
音楽以外の情報はいらないから。
キャラクターとか、人柄とか関係ないから。
ビシビシくるやつを聞きたいだけだから。

 

それがかなったのが

NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick

だった。

 

NOZOMI PIENA:TAの書いた曲とMastarrjaの書いた曲のさがとても面白い。
同じクリエイターが音を作るんだけど、

先攻、後攻みたいな。

先にサーブをするのはどっち?みたいな。

 

NOZOMI PIENA:TAはいつもより倍以上の躍動感に満ちていた。
デジタルなビートとフィジカルなパフォーマンス。

 

すごい気持ちがいい。

 

自分ではできないけど、好きな音楽ってあるよね。
この二人がやってることはまさにそう。

そして僕は自分にできないこと、自分が描けない世界を書き上げる人が好き。
歌詞も、サウンドも。
最近好きで聞いてる人、見に行ってる人はそんな人たち。

 

僕が今まで必死に作り上げてきたアコースティックサウンドや、バンドサウンドを、新しい音で、新しい才能で上書きしてくれるような人たちがまだいる。

僕のキャリアを消し去ってくれるような人がいるから、ワクワクする。
いつでも新人に戻れる!!

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

倉敷へ。その4【一晩寝て考えた。欲しいもの】宇宙を首に、時計を指に... 倉敷でお買い物:作戦会議 朝ごはんをホテルでたっぷり食べながらいろいろと話しあった。 持ち金がいくらで、欲しいものはどれか。 一番欲しいものについて 今欲しいものについて ...
歌姫たちの背中と横顔:02【山田芭瑠の憂鬱な柔らかいシルエット】... 山田芭瑠【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:02】 初めて行ったオープンマイクで見つけた、出会えたダイヤモンド。 カバーと、オリジナル2曲。 ステージの上での圧倒的な存在感と、ステージを降りた...
ぶんぶんうるさい目の前の蚊【飛蚊症はつらいよ】... 前から気になっていたんだけど。 というか子供のころからなんだけど、目の前に泡の飛沫のようなものとか、ミミズみたいなものがウロウロしてる。 そんなもんかな~と思っていたけど、ここ一週間くらい急に...
2017年:お花見は雨模様らしい。五分咲きの夜桜を見に行ってみた。... 2017年4月4日。 会社の近くの桜は、いい感じ。お弁当食べる人もちらほらいるくらい暖かい。 この後、木曜日から日曜日まで雨模様らしく。 家に帰ると、この美しい世界 &...
ピンクの口紅と白い顔の女の子たち。... なんとかフライデーとか言われてもねぇ。 先日、天神のファッションビル(て、今でもいうの?)をウロウロしてた。 あれ?この子、さっきも見た。 あれ?さっきの店員さんと、同じ顔?? ...
52歳の誕生日をむかえて:sunnydayイベントお礼とご報告... 2017年3月22日。 無事に52歳になりました。 そして、本当にたくさんの友人からお祝いの言葉をいただきました。 キャバーンビートで自分の誕生日を祝ってライブをやる。そんな恥ずかしいことで...