NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick 電子粒子の水彩画【デジタルチャイルド達の小さな隆起】

NOZOMI PIENA:TAのサウンドを作ってるMastarrjaにとても興味があって。
でもライブハウスでのライブはあまりやってないみたい。

次回ライブの予定が僕らの人形劇と重なっていていけないな〜〜残念!と思っていたら、急遽キューブリックでライブするという。

こりゃ行かねば。

 

真っ暗なステージにアップルマークが静かに光ってる。
なんか高まるね。

 

卓の前に立つMastarrjaは、少し控えめにハンズアップする。

イントロがめちゃくちゃかっこいい。

 

 

昔、エブリシング・バット・ザ・ガールというユニットがいて、アコースティックなサウンドでデビューして。
ボサノヴァやらをぐしゃっと潰したような「冷たくてコミ障ぽいサウンド」が好きだった。

いきなりある時ドラムンベースをサウンドの核に持ってきた。
びっくりしたけど、その前のアルバムのポップサウンドよりすごくしっくりきた。

デジタルのビートにはアコースティックとの親和性の高いものが多くある。

 

このところリスナーとしてはギター弾き語りにもうあまり興味がなくて、バンドサウンドも特に聞きたい音はなくなってる。

きっとここ数年、お腹いっぱい聞いたからだろう。

 

そんな時に聞いたNOZOMI PIENA:TAがえらいかっこよかった。
ビートの効いた水彩画。
ドルッティコラムから静かな殺気を外して、穏やかな自然風景を足したような。
それでいてパフォーマンスやステージの見せ方はPOPで。
キャラクターの立て方も考えてて、「エンターテインメント」を腹をくくってやってるようなライブだった。

ただ、僕はそういう「エンターテインメント」のない「音楽だけ」を見たいと常に思っていた。
音楽以外の情報はいらないから。
キャラクターとか、人柄とか関係ないから。
ビシビシくるやつを聞きたいだけだから。

 

それがかなったのが

NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick

だった。

 

NOZOMI PIENA:TAの書いた曲とMastarrjaの書いた曲のさがとても面白い。
同じクリエイターが音を作るんだけど、

先攻、後攻みたいな。

先にサーブをするのはどっち?みたいな。

 

NOZOMI PIENA:TAはいつもより倍以上の躍動感に満ちていた。
デジタルなビートとフィジカルなパフォーマンス。

 

すごい気持ちがいい。

 

自分ではできないけど、好きな音楽ってあるよね。
この二人がやってることはまさにそう。

そして僕は自分にできないこと、自分が描けない世界を書き上げる人が好き。
歌詞も、サウンドも。
最近好きで聞いてる人、見に行ってる人はそんな人たち。

 

僕が今まで必死に作り上げてきたアコースティックサウンドや、バンドサウンドを、新しい音で、新しい才能で上書きしてくれるような人たちがまだいる。

僕のキャリアを消し去ってくれるような人がいるから、ワクワクする。
いつでも新人に戻れる!!

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

きりぎりす音楽会【いつもとは違う場所に立つこと】... さて。きりぎりすのお話。 週末だけ?プレアデスという昔からあるライブハウスで、平日の夜がいろいろな形態に変わる。 とても面白い考え方。シェアハウスのよう。 お店にはお店の常連さんがいる。...
平戸へ:紐差教会と宝亀教会【平戸牛と足湯と教会めぐり02】... 生月から橋を渡って平戸へ戻る。 うとうとするな〜〜いかんかん。   紐差教会と宝亀教会 紐差教会のある紐差地区の信者は潜伏キリシタンではなく、仏教徒で明治初期に洗礼を受けたという...
鮫肌尻子とダイナマイトレコ発LIVE@キャバーンビート【優しくてかっこいいロック... 鮫肌尻子とダイナマイトは導火線に火をつけた! ラウンジサウンズカーニバル、その他にもいろんなイベントががっつりバッティングしてる祝日に。 まるで何か「みそぎ」でもあるかのように。 ブードゥーラウ...
クエイ兄弟のファントム・ミュージアム@三菱地所アルティアム【くるくると回る時間と... クエイ兄弟:ねじまき鳥とは彼らのこと ずいぶん前のことだけど、「ストリート・オブ・クロコダイル」という映画を見た。 その鉛の箱庭のムードと可愛らしさにずとん!と心を奪われた。 汚れたガラスの向こ...
白く塗りつぶせ ほんとうにつらくて、どうしようもない事がおきて。 誰とも話したくないし、誰とも会いたくない。   そんな数日。   善意も悪意も幸せも不幸せにも触れたくな...
ココリカとねこ【人形劇の裏側では】:斜め45度企画... ニコランコランへの人形劇のオファーがきた。 一年に一本の割合で作品を書き、人形を作り、演出する。 そばでそれを見てると思う。「めっちゃ大変だなあ」と。 人形を作るのって、手間暇とお金がかかる...
ちょうどカメラを買って10年になるんだなぁ【7年くらい間が抜けてるけど】... 初めてデジタル一眼レフを買ったのが2007年。 野良猫の写真を撮りに行っていた。   あと、街並みとか、人とか   初めてライブの...
倉敷へ。その1:倉敷美観地区巡り... 倉敷へいく。奇跡的に晴れた! 結婚記念日に何かしら(ご飯食べに行ったり)くらいはしてたんだけど、 今年一年は本当にいろんな意味で「地獄」を見たので、その慰労も兼ねて一泊だけど旅行にでもいくかーと。...
音楽を続けてるとうれしいことがあるよね【数年前に対バンした男の子から声をかけられ... 住吉ブギのオープンマイクに出場。 ジャズオープンマイク修行の大何段かは忘れたけど。 今回から「おひねり制度」になったブギのオープンマイク。 一枚百円のチケットを5枚購入し、よかった人にあげる...
高橋プランクトンと4人の戦士【ブローインの風にまかれた夜】... 高橋プランクトンとブローイン:何回対バンしただろうか? 馬出のブローインというライブバー&カフェは「オリジナル曲」だけで勝負する場所。 初めて出た頃、対バンの人たちの「本気度」に当てられて、僕はス...