NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick 電子粒子の水彩画【デジタルチャイルド達の小さな隆起】

NOZOMI PIENA:TAのサウンドを作ってるMastarrjaにとても興味があって。
でもライブハウスでのライブはあまりやってないみたい。

次回ライブの予定が僕らの人形劇と重なっていていけないな〜〜残念!と思っていたら、急遽キューブリックでライブするという。

こりゃ行かねば。

 

真っ暗なステージにアップルマークが静かに光ってる。
なんか高まるね。

 

卓の前に立つMastarrjaは、少し控えめにハンズアップする。

イントロがめちゃくちゃかっこいい。

 

 

昔、エブリシング・バット・ザ・ガールというユニットがいて、アコースティックなサウンドでデビューして。
ボサノヴァやらをぐしゃっと潰したような「冷たくてコミ障ぽいサウンド」が好きだった。

いきなりある時ドラムンベースをサウンドの核に持ってきた。
びっくりしたけど、その前のアルバムのポップサウンドよりすごくしっくりきた。

デジタルのビートにはアコースティックとの親和性の高いものが多くある。

 

このところリスナーとしてはギター弾き語りにもうあまり興味がなくて、バンドサウンドも特に聞きたい音はなくなってる。

きっとここ数年、お腹いっぱい聞いたからだろう。

 

そんな時に聞いたNOZOMI PIENA:TAがえらいかっこよかった。
ビートの効いた水彩画。
ドルッティコラムから静かな殺気を外して、穏やかな自然風景を足したような。
それでいてパフォーマンスやステージの見せ方はPOPで。
キャラクターの立て方も考えてて、「エンターテインメント」を腹をくくってやってるようなライブだった。

ただ、僕はそういう「エンターテインメント」のない「音楽だけ」を見たいと常に思っていた。
音楽以外の情報はいらないから。
キャラクターとか、人柄とか関係ないから。
ビシビシくるやつを聞きたいだけだから。

 

それがかなったのが

NOZOMI PIENA:TA feat Mastarrja@Queblick

だった。

 

NOZOMI PIENA:TAの書いた曲とMastarrjaの書いた曲のさがとても面白い。
同じクリエイターが音を作るんだけど、

先攻、後攻みたいな。

先にサーブをするのはどっち?みたいな。

 

NOZOMI PIENA:TAはいつもより倍以上の躍動感に満ちていた。
デジタルなビートとフィジカルなパフォーマンス。

 

すごい気持ちがいい。

 

自分ではできないけど、好きな音楽ってあるよね。
この二人がやってることはまさにそう。

そして僕は自分にできないこと、自分が描けない世界を書き上げる人が好き。
歌詞も、サウンドも。
最近好きで聞いてる人、見に行ってる人はそんな人たち。

 

僕が今まで必死に作り上げてきたアコースティックサウンドや、バンドサウンドを、新しい音で、新しい才能で上書きしてくれるような人たちがまだいる。

僕のキャリアを消し去ってくれるような人がいるから、ワクワクする。
いつでも新人に戻れる!!

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

エルメスの手しごと「アトリエがやってきた」@JR九州ホール... エルメスの手しごと「アトリエがやってきた」:ハイファッションを支える力 金曜日に妻からラインがきて「これにいきたい」とのこと。 URLを押すと、「エルメスの手しごと」とある。 エルメスの職人...
救急センターへ【やばいかな?と思った夜】... ここ一ヶ月くらいずっと タンの絡まない軽めの咳が出続ける。 最初はかかりつけの内科に行って、ぜんそくの予防薬をもらった。 でもよくならず。 大人ぜんそくを扱ってる病院へセカンドオピニオ...
倉敷へ。その3【大原美術館巡り】... 大原美術館は個人が作ったもの。 1930年(昭和5年)に日本で最初の近代西洋美術館で、 倉敷を基盤に幅広く活躍した実業家大原孫三郎が、 洋画家児島虎次郎が収集した西洋絵画の展示の為に造られたそう。 ...
ギター2台のインスト。これまたやったことのない企画【カルピスフリスビー誕生】... チャーリー林バンドで対バンしたpanamintのギタリスト、マツナガさんからある日連絡があった。 「ギター2台でインストやってみない?」 昔、ギター2台のユニット「G2」というのをやってい...
鮫肌尻子とダイナマイトレコ発LIVE@キャバーンビート【優しくてかっこいいロック... 鮫肌尻子とダイナマイトは導火線に火をつけた! ラウンジサウンズカーニバル、その他にもいろんなイベントががっつりバッティングしてる祝日に。 まるで何か「みそぎ」でもあるかのように。 ブードゥーラウ...
お気に入りのお店がなくなる【大名の大衆フレンチ:ガザ】... ワイン飲みのかっこいい友人(すごいアーティスト)から教えてもらったお店。 しょっちゅう行くわけじゃないけど、その店に行くはワクワクする。 妻の誕生日。 そういうハレの日には、ここ「ガザ」へ行...