「壁の上の少年」人形劇練習【初恋とアイデンティティ】

斜め45度企画の美咲さんに声をかけてもらって、妻の二コランコランは人形劇を作る。

だいたい年に一本くらいの予定で今まで来たんだけど、今年二本目。

 

  • 脚本と人形、大道具制作・主演の二コランコラン
  • ダブル主演の牧畜業者
  • 音楽とナレーションその他のサニー

 

この三人でやり続けてもう数年。

 

>>>二コランコランのHPで過去作が見れます

 

 

僕が音楽をやるときは妻にバックアップしてもらったり、参加してもらったり。
人形劇は逆で、僕がバックアップとか。

こないだプレゼンした「趣味を持つということ」にもつながるのかもしれないけど、頻度はともかく「ボス」になったり「バックアップに回ったり」することって、パートナーシップにおいてかなり重要な気がする。

責任を持つのは誰で、決断をするのは誰か。

どちらか一方だけが責任とリターンを受けてると、わからないことが多い。

でも同じ分野(例えばどちらともがミュージシャンだったり)だと、趣向の違いとか方向性の違いとかで喧嘩になってしまうこともあるかもしれない。

 

その点、「攻守入れ替え」っていい。

 

今回もそうなんだけど、まず脚本を書かねばならない。
彼女は2ヶ月ごとの仕事をしてるので、フルタイム中にアイデアを練り、休みに入ったら制作をやる。

ある程度のものが出来上がるまで、彼女は僕には相談しない。僕は割とすく「これどう思う??」って聞いちゃうタイプだけど。

二コランコランは「書きたいもの・言いたいこと・物語にしたいこと」の内圧をぐんぐん上げて行ってから一気に仕上げるタイプかな。

 

今回の物語は、今という時代にぴったりフィットしてる。と言うより「今の時代のムード」にかなり後押しされてるものだ。

 

町から少し離れた小高い丘に、高い高い城壁に囲まれた小さな村がありました。
この村で作られるワインは最上級のものでしたので、まちの人々は

「このワインの特別な製法が他国にもれないよう、高い壁で守っているのだ」

と思っておりました。
町の人々は、この村の住人が「トゥテラリィ」と呼ばれる守護者と「従順な女性たち」だけとは
まったく知りませんでした。

 

 

本が上がって、三人で練習するまでの間、各自で自主練習する。

一回目の練習で

  • 小道具のセット、入れ替え
  • 場面転換と音楽のイメージ
  • 暗転のタイミング

などを図り、上演時間を図る。

もたついたところを省いたり、説明不足になりそうなところをつけたしたり。脚本自体が変わる。
それをまた各自で練習して、二回目の練習で詰めていく。

アドリブも乗ってきて、お芝居が生き生きし始める。

練習終わった後はものも言えないほど疲れて、体もボロボロだ。

 

出来上がっていく間、意見を戦わせる。
音楽についての注文も多々ある。

お芝居のボスは二コランコランで、僕は彼女のイメージに近い音楽と効果音を作る。
作り変える。

 

今回ほど「強い意志」を感じたお話はなかった。
ずっとブツブツいいながら手帳に手書きで断片を書き綴り、人形のラフを描いてる間は、家の中でも「話しかけられない」ほどだ。

 

 

僕は割とシンガーのサポートをするので「相手の描いてる完成形に近づける作業」を多くやってる。そこに自分の色を少し混ぜることも大好き。

 

自分で看板しょってるだけじゃ、わからないことがあるなぁと思う。
ずっと責任をしょってたり、責任のないところで生きると、人としてのバランスを失うなぁとも思う。

 

11/25日土曜。見に来ていただけると嬉しいです。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

Glitter@サンデリカ【たくさんの『好き』を集めた小さな幸せ空間】... 10月15日・16日と二日間開催されたイベント「Glitter」に参加しました。 >>WEBはこちら 自分の「好き」を持ち寄って、いろんな形や色の「好き」が並んでる。 誰かが統括...
2017年、東京の風景。小沢健二が気づいた間違いと、年をとるということ。... LIFEで弾け飛んだ後、小沢健二は 球体の奏でる音楽 Eclectic 刹那 毎日の環境学 なんていう模索CDをぽつぽつとだし、僕はそれを全部買って、田口商店に売った(笑) あ、球...
たくさんの尻が信号を赤に変える【ブローインでのライブwith萠珈】... 大濠公園駅で萠珈を拾ってブローインへ。 若くていきのいいソングライターを丸塚さんに見せたくて、僕の出演時間内でゲストに出てもらおうと思ったのだ。 昭和通りをただ真っ直ぐ行けば20分もかからずに...
ちらっと、どんたく。 実は、どんたくって、ほぼ行ったことがない。 毎年この時期は実家に帰ってたりするから。 今年はGWが長めで、前半に帰省した。 友人がブラスバンドで演奏するので、見に行ってみた。 すごい人が多...
拉麺屋台don~ケンちゃんラーメン~【ジャクソン君のラーメンを食べに行ってきた】... 10数年来の友人である、ジャクソン君。 彼はタフで、すごくいいやつ。 痛みとか無情とかをしっかりと理解してるのに明るさに満ちてる。 言ってみれば僕とまったくちがう。 音楽の現場で知...
ゲリラハウス週間その3【仕事の合間に、ギターサポート】映画好きな萠珈さんと、すべ... いやあ、今週3回目のゲリラハウス。 日曜日ではあるけれど、2月は仕事が不調でやることがたくさん。思いっきり仕事の日。 5時から8時まで抜け出して、ギターサポートに。 その相手は「おさかゆか」...
NOZOMI PIENA:TA :CO2:井上紗矢香【それぞれの戦い方】... 高橋プランクトンに誘ってもらって、キャバーンビートのライブに言った。 サポートギタリスト(と言い切れるかどうか笑)として。 プランクトンとのことは、また後日。書ききれないからね(笑) 三...
博多駅の真ん中で起きた奇妙なこと【納涼:呪いのチューナー】... こないだのライブでのMCから。 博多駅で黒いチューナーを拾った。 人がたくさん行き交う中、ポツンと、落ちていた。黒いチューナー。 人生でチューナーをなくしたことは数十回。 カポタストを...
ハロウィン怖い【まんじゅう怖いじゃなくて】@ONEDROPプレイボール... ハロウィンで仮装して仮装空間に逃げ込む。 そりゃ楽しいと思う。 でも数年前の「焼き鳥屋門前払事件」から、若干、アンチハロウィン。 もちろん仮装する女の子は好きだし、ナイトメアビフォアクリ...
KIDROCK投げ銭:ギター2台のインストで気分はビアガーデン(笑)... ギタ−2台のインストユニット「カルピスフリスビー」二回目のライブ。 選曲は前回やったものもあるけど、全てがリ・アレンジ。 レゲエ! レゲエにあまりなじみはなくて。 僕の知ってる...