壁の上の少年:nicorancoran人形劇【求めよう望もう】

壁の上の少年:その棺の中には女の子が

又新しい棺が届きましたね。
さあ、目をおあけなさい。あなたは今日からこの、のどかで美しい村の住人です。
神に祈りを捧げる為に教会に参りましょう。
私たちは暴力も脅迫も好みません。
ご自分で歩いて行けますね。

 

町から少し離れた小高い丘に、高い高いカベに囲まれた小さな村がありました。この村で作られるワインは最上級のものでしたので、まちの人々は

「このワインの特別な製法が他国にもれないよう、高いカベで守っているのだ」

と思っておりました。
町の人々は、この村の住人が 「トゥテラリィ」と呼ばれる「守護者」と従順な女性たちだけとはまったく知りませんでした。

 

 

管理されることで安らぎを得る。
少しだけ持っていた「何か」を手放して、群れの中で「善き人」として生きる。

物語は「架空」だけれど、今、ここにある世界とつながっている。

 

  • 考えることをやめて
  • 言われるがままに善きことを続け
  • ただ毎日を過ごす

 

今回のお芝居は「2017年の日本」でしかできなかった物語。

この子新入りだな。あれ?笑ってるぞ?ここの人たちは笑ったりしないのに・・・

 

登場するのは

  • 自由を謳歌するキツネ
  • 100年以上生きてるフクロウ
  • 壁の外からやってきた少年
  • 守護者達
  • 薄紫の髪の少女

 

失ったものを取り戻す物語。
自分の力で壁を超えないと、待ってるだけじゃ誰も助けになんかこない。

自由を謳歌するキツネくん

 

壁の上の少年:管理しやすく「考えない善き人」に育てよう

  • 日々の暮らしに疑問を持ったり
  • 芸術を楽しんだり
  • 歌を作って歌ったり
  • 物語を作ったり

そういうことをされると、管理するものは仕事がやりにくくなる。
「なぜ?」という気持ちを持たせずに「あなたは善い行いを続けていれば幸せになりますよ」と言い続けることで洗脳し「労働力」としてのみ利用する。

管理される側は教えられただけの「善いこと」を日々続けてるから、自分が善き人であることに疑いを持たない。

まさに、「今」。

壁の上から降り立った少年のたくらみとは?

 

そんな安全な壁の中で「自分には名前があること」に気づく少女達。
「壁の上の少年」はそんなお話。

 

キツネくんが劇中で歌う歌はこんな歌詞です

 

 

ただただ イエスと返事して

決まりを守って いい子いい子

お前とあいつとあの子とその子

違いはあるの? 誰でも一緒

連れてこられた 神の子たちは

今日も微笑み絶やさず静か

ニセモノ母さん大助かりさ

  

可愛い羊に餌を与える

見えない囲いの中の安らぎ

良き人 集えよ よそ見をするな

優しい抱擁で 涙を流そう

諸君は選ばれし 神の子だ

言葉も知恵も 不浄の沼に

深く沈めて 支えあえば良い

優しい抱擁で 涙を流そう

 

この村、ちょっと変でしょ?興味があるんだ。

 

これはちょっと面白くなりそうだな!ニヤリ

 

 

壁の上の少年:多数決の外側で生きることを決めた人たち

その人達の行いは、管理する人たちにとって「悪行」だとされる。

 

  • 善き国を作ろうなんていう妄想に染まらず「自分らしく生きること」を求める人たち
  • 「世の中に役立つ自分」より前に「自分らしい自分」であることを望む人たち
  • 「誰かのための自分」ではなく「自分のための自分」でいようとする人たち

 

 

「壁の上の少年」は、管理される安らぎの中で「善行」を続けることへの疑問を投げかけるお話。

 

後日、動画を公開する予定です。
お芝居を見に来られなかったあなたも、ぜひ一度。

 

薄紫の髪の毛の少女の正体は?

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

アンノイス(中島晴香)@グランドハイアット【動き始めた三人組】... アンノイス:クイーンと王子二人 音楽でも映画でもお世話になってる中島晴香嬢のバンド「アンノイス」をキャナルシティーのグランドハイアットホテルロビーに見に行く。家族で。 いつもは通り過ぎるか、向...
Amikaというシンガーソングライターが好き。「揺れる光ない海の底」「会えない事... 今から10数年前。中古レコード屋さんで一枚のCDを見つけた。 Amika 揺れる光ない海の底 知らない人のCDを買うのが好きで、購入判断するのはジャケットと、曲のタイトル。 揺れる光ない...
岡山後楽園【旅の最後に】紅葉と新婚さん... 岡山オリエント美術館を出て、少し歩く。 さすがに足はもうガタガタだ。でもギックリ腰は悪くならなかった。 おまけに二日間とも晴れていて。こんなことなかった今ままで(笑)   ...
私のあなたの眠れる力を 社会へ【ワークライフバランスプレゼン勉強会に参加して思っ... 夫婦という一番小さな社会の存在 友達のエミさんが「壇上でしゃべる」というので見に行った。 そのくらいの距離感であることと、個人的な感想だということをまず最初に。   専業主婦であ...
ロックバンドのさびしい現実【THE JAMのベーシスト来日公演】... いやいや、営業妨害とかする気はさらさらないですし、こんな個人のブログなんでそんな力はないですよ。と前置きした上で。 これはどうなんですか?? FBで流れてきた広告。 昔大好き...
七夕の夜に。お客さんを全く呼べない僕が言うのもなんだけど... アマチュア音楽活動をしてると、「集客力」という言葉にぶちあたる。 お客さんを集める力。 それがミュージシャンには「一番必要」なもの。   集客とか動員とか、その言葉が出るたび...
東京ディスティニーランド@斜め45度企画【生むものと生まれたもの】... 東京ディスティニーランド:ここはもうライブバーじゃない。君は人間じゃない 一年のうちに何度が見れる東京ディスティニーランド。 地獄でもあり天国でもある一人芝居。 長い時間、夢の中に叩き込まれ...
SPIZ30/50@マリンメッセ福岡【ズルしても真面目にも生きていける気がしたよ... SPIZ30/50:スピッツを初めて見れた 小佐井みなみのお友達とスピッツのことを話してたとき 「ライブのチケットが2枚あまりそうなんですが行きませんか?」とお誘いを受けた。 その場で妻に確認を...
2007年、ROOMSの階段を上っていった小沢健二が2017年に伝えること。... おばさんたちが案内する未来の世界 2007年11月15日 天神 ROOMSで開場待ちをしていた僕ら夫婦の横を、南米の帽子をかぶった小沢健二が登っていった。 背中越しに、空気が変わるくらいのオー...
不眠症の文化人類学テレフォン【SNS】〜さっさと寝ちまえサイレントマジョリティ〜... おつー。 おまえさー電話でろよマジで。 何やってるん?今。 飯食ってる?なんでだよ、もう夜中の三時よ。 そんな時間に電話すんなってか(笑)   俺?俺はほら不眠症...