『ナイーブ GO ON !!! 』なサニーデイおめでとう

3/21、サニーデイ@清川キャバーンビート
サニーこと安田クニヒデさんの自腹誕生日イベント。翌日で53才。

ライブハウスの常識を超えたビュッフェスタイル!
トークショーあり、ゲストライブあり、自作映画上映ありのごった煮3時間!

 

しょっぱな、不肖わたくしがトークのナビゲーターを頼まれ、
会場の皆さんに聞いてみた。

「サニーさんってどんな人?」

・タイミングが悪い
・なんかもったいなさがある。残念
・節操がない
・一言多い。
・ギターがうまい(私に言わせれば、「うまくなった」んだけどね(笑)←なぜか上から)

うんうんうん。
あ、「大好き」って声もあったよ。←男性より。

ちなみに、本人の自己分析は「使い勝手のいい男」。
それも異議なしだけど(笑)。

 

私が思うに、サニーさんは「ナイーブな人」。

「あ~ね!」 と、あちこちから納得の声がもれていた。

 

大人になるって、ある意味ナイーブじゃなくなることだ。
職場で、育児で、ご近所づきあいで、ナイーブさはいらない。

求められるのは、合理性や、効率や、献身や、感じの良さ。
思いやりや想像力。
和をもって貴しとなすこと。
「自分が自分が」とふりかざすナイーブさは、それらの対極にある。

みんないつからか、それを理解して、大人らしく振る舞えるようになる。
それは大事なこと。大多数が大人にならないと、社会は回らないから。
私もそうしてる・・・はず。できてますよね?(笑)

だけど、これは日本社会に特有な部分も多いのかな?
大人は、自分の意見を言わない。
ような気が、する。

 

おとなしくて、従順で、上を見ず、やるべきことに忠実。
忍耐強く、出る杭にはならず、黙って見てるか、むしろ出る杭を打つ側に回る。

そういう雰囲気ができあがってるから、言いにくいのか。
それとも、みんなが言わないから、雰囲気ができあがってしまうのかわからんけども、
とりあえず、管理するがわにとっては、いい庶民だと思う。

 

そんな中で、
インフルエンサーというほどの地位も名誉もお金もない(たぶん)サニーさんときたら

「君すんごいね! バックでギター弾かせて!」
「これ作ったから聞いて!」
「これ作ったから見て!」
「アイツのすごさにジェラシー」
「悔しい!」
「傷ついた!」
「しんどい」
「しんどいから休みます」
「もうすぐ休むから見に来てね!」
「最後だから! ほんと最後!」
「休む理由をブログに書きます」
「書いたから見てね」
「休むけどライブは見に行くからね」
「お誘い? OKです」
「お願い? OKです」
「はい、できたよ(速い)」
「一言? ○×△%×()◆◎$&・・・・・」(長い)
「休んでる間にこれ作りました!」(休んでない)
「今度誕生日イベントやります! 自腹でやるから来てね!」
「誕生日だから俺が曲決めていいよね!」
「誕生日だから俺の映画上映していいよね!」

(以下、半永久的に続く・・・)

こうして書いてると、ナイーブというか、厚かましいというか?
どっちかわかんないけど、
なんかさ、ほんと、鬱陶しいけど、そこがいい!

 

私はさ、地に足をつけて、ささやかに、かつ、良く生きたいと思ってるけど、
それは、おとなしく、従順に、意識高く生きたいのとは違う。

分別なんてクソくらえ!

って思うときがある。

そんなとき、
いくつになっても自分じぶん言って、
飽きもせず凝りもせず好きなものを作って、
感動したり傷ついたりで忙しい姿をさらけ出しているサニーさんみたいな人がいるのは、
たいへん、ありがたい。

分別、冷笑、無関心、諦観、
そういうものから、はるか離れたところにいる人。

 

そんなサニーさんとは
ジェンダーや政治みたいな話も、よくする。

これだけ「自分が、じぶんが」とナイーブな人が世の中のことも語れるのは
実は矛盾したことじゃなくて、

「自分」というものさしがあるから、
常に「自分」と「世界」とを相対的に見つめることができるのだと思う。

世間のものさしを当たり前に無思考に受け入れていては、疑問や抵抗は生まれない。

ワガママな私としては、
「みんな、がんばって自分を殺してるから、
それが当たり前になってるから、
他人のことも、自分より弱い人のことも、社会のことにも
無関心でいられるんじゃないの?」
と思うことがある。

ワガママな自分
ナイーブな自分を大事に

みんながそうできるために、寛容さが必要なのだ。
法も政治も良識も、本来はそのためにある。

イベントが終わったあと、
「ゲストライブ面白かったねー。バラエティで」とマークに言ったら、

「そう、バラエティ! それがサニーなんだよ。だから僕はサニーが大好き!」
と力強い日本語でリプライされた。
わかるわ~。

 

この日、くそ寒いサニーデイでしたが
雨が降ってもサニー
雪が降ってもサニー

いくつになってもナイーブでバラエティで
節操なく、愛が重いサニーさんでいてね。
実は必要とされてる人だと思う!!!

 

 

(あ、そんなサニーさんですが、時間も約束も守りちゃんと仕事もしている社会人であり、奥さんに花を捧げる良き夫である(たぶん)こともつけくわえておきます)

 

この記事を書いたのは

【308号室】エミの moonshine 離れ

 

文中の写真はすべて

【407号室】批評と愛情のあいだくらい《橘ちひろ》

 

二人は「ママじゃない私ポートレート」で大活躍中です!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

【生々しく踊る人々】森山未來・田中泯... NHKで、森山未來の自撮りドキュメンタリー『踊る阿呆』を見ました。   2013年10月、単身イスラエルに渡り、 コンテンポラリーダンスのカンパニーを拠点に活動した一年間...
【映画】『エル ELLE』 タフな彼女の変態ムービー... 映画からなかなか遠い生活を送る、出不精で財布のひもが固い私。 こないだ、友だちが『シン・ゴジラ』のDVDを貸してくれたのがきっかけで、 1年ぶりくらいに映画作品というものを見た。家で、夫と。 ...
又吉がニュースZEROに出てた 2016年3月10日の「ニュース ZERO」。 ピース又吉が、被災地の中学校に行って特別授業をする様子が流れていました。 石巻市立、雄勝中学校。 もとの校舎は津波に流されて、 5年...
宇多田ヒカルが活動再開するので、活動休止した時に書いたものを再掲してみるよヽ(´... 宇多田ヒカルが活動再開するんだって! うれしい。超うれしい。ありがとう!サニーさん書いた記事を見て、(https://mylifeismine.net/archives/5038) 以前、自分のブロ...
アサデスに出るデス、の巻 ある日のこと、幼稚園のママ仲間から一本のお電話。 「KBCの人が、家事をするダンナさんがいるお宅を取材したいって探してるんだけど、エミちゃんち、どう?」 【家事シェアのすすめ】とい...
青天白日のラストゾンビーズ 9月の晴天。半袖が心地よい。 夫の車に乗せてもらって某ホールへ、友人のバンドのライブを見に行く。そのバンドにとっては解散ライブになる。 夫と5歳の息子はそのまま博多駅に向かった。ホームで新幹線...
嵐と鉄拳の銀色連休 シルバーウィークの個人的記録をば。 「今さらかよっ!」てツッコミは甘んじて受けます。 湯布院に行きました。夫が勤める会社の保養所があるのです。 湯布院の山の手、別荘村の別荘のなかの1軒。 ...
菊池桃子が語る「子どもは親とは別の時代を生きるんだよ」って話... ちょうど1年ほど前ですか、菊池桃子のこと書いたんですが。 【菊池桃子がめざす 「排除のない社会」】 ななんと、縁あって、生・菊池桃子の話を聞くことができました! 「福岡県私立幼稚園振...
渡辺謙ですら、けっこう恰好悪いんだから。... 9月ですね。今年もあと4ヶ月で終わるのですね。 年の初めに胸の中で思ってみた、いくつかの抱負のようなものを思い返して、「うむむ・・・」となってます。 人はどうしても易きに流れる・・・。「人は」...
小さなライブを見に行って。~第2回 斜め45度企画~... 6月1日。 息子5歳に「おやすみ~また明日逢いましょう」と言って(帰宅した夫にバトンタッチして) 夜遊びしてましたの。 「第2回 斜め45度企画」というイベント。 20代の...