救命女性に「土俵からおりて」市長はくも膜下出血

久しぶりにgigiネタ投稿です。

京都府舞鶴市で開かれた大相撲巡業中にあいさつをしていた市長が倒れた際、救命措置をしていた女性に土俵からおりるようにアナウンスがありました。倒れた市長はその後、くも膜下出血で手術を受けていました。

4日午後2時すぎ、舞鶴市の体育館で行われた大相撲春巡業の土俵上で、あいさつに立った多々見良三市長(67)が途中で意識を失い、倒れました。実行委員会によりますと、看護資格を持っていたとみられる女性2人が土俵に上がり、救命措置をしていたところ、日本相撲協会の関係者から「女性の方は土俵からおりてください」とのアナウンスが2回ほど流れたということです。アナウンスの内容は相撲協会独自の判断だったといいます。多々見市長はくも膜下出血で手術を行い、命に別状はないということです。市の担当者は「最初の手当てのおかげで命が助かり、女性が確認できたらお礼を言いたい」とコメントしています。
共同通信によりますと、八角理事長は「行司が動転して呼び掛けたものでしたが、人命に関わる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と談話を出しています。

 

 

話題の「土俵に女性」問題。これって報道の偏見とか煽りとかでいつものようにねじ曲がってるみたいだけど。

 

伝統っていうのはマニアックだと思うんだ。
それを気にしない人には何の役にも立たないし、意味のないもの。

 

守らなきゃいけない、伝えていかなきゃいけないなんて考えてるのはマニアの方だけ。
他の人には全く何の役にも立たない。

相撲っていうものを伝統だ神事だって言ってるマニアの人と、それ以外の人では意見が違うから平行線だと思う。

そしてそのマニアの人たちは本当にそのことを愛してるんだと思う。世間がどうであれ、世情がどうであれ。
それ自体はとても尊いこと。
そのマニアの世界にどんなルールがあろうと、それが時代に即してないからという理由でねじ伏せるのはおかしいと思う。

 

宗教だって、めんたいロックだって、カルトムービーだって同じただの「マニア」。マニアじゃない人にとっては理解不能。

 

そういうしきたりを持つマニアックな世界が存在してるってことを「へーそうなんだ」って知ることと「そんな世界もあるんやね」って思うことが大事だと思うけどな〜。

自分がそれほど興味のないことなら、世情や常識を武器に文句を言い、自分の住む村のルールは絶対だって思う。よくあることだけど。

マニアな世界は、マニアでない僕たちになんの損もさせない。

 

僕らが声を上げるべきは、
「僕らの日常生活を奪う可能性のある」こと
「自由を奪う可能性がある」こと

だと思う。

マニアの中のことは、マニアの中から変わっていくだろうし、合わなければマニアをやめればいいだけの話。

でも政治は違う。
僕らが声を上げるべきは政治的なこと。
自由を奪われないように気をつけて生きていくこと。

あとは、マニアそれぞれに信じるマニュアルがあり、それをどう変えるか、変えないかはマニア自身が決めること。

 

そして最重要なのは「緊急時の対処法」をマニアだろうがなかろうが知っておくこと。今回は市長に命に別状ないってことだからよかったね。

さらに言うなら、気が動転してだろうがなかろうが、とっさの時にはその人の「常識」が口から出るってこと。
この行司さんも、相撲を愛するマニアで、マニアックな世界観の中発言したんだと思う。緊急性にはピンとこなかったんだろう。

そういう失敗もあるよ。誰だってあると思う。
「女人禁制の土俵に女性が上がった!」っていう事柄の方が市長が倒れたってことよりもびっくりしたんだと思う。

そういうマニアがいるってこと。
そして人は緊急時に「命を一番に!」って考えることがなかなか難しいってこと。

 

男女平等や差別のルールを訴えるべき方向は、そこじゃないと思う。
男女の議員数や経済格差が50/50になった時には、マニアに目を向けてもいいだろうけど。

 

 

【403号室】ジジねたに噛み付く【サニー】別室





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ジョニー・デップの妻を豪政府が正式に起訴──懲役10年の可能性も(7月17日)... オーストラリアの鉄壁の守り。頭が下がるね~ 鎖国してるよな勢いだけど、留学生とか外国からの流入は大歓迎してて。 どのくらいめどうかっていうと。   うちは一年間息子がオー...
女子高生16歳は容疑者に好意を持っていた それなのに誘拐の疑いで男逮捕に疑問噴出... 難しい世の中だよなあ。 法律で禁止されているわけではない出会い系サイトをつかっていてあったとしても どこかでリアルに知り合ったとしても。 自由に結婚できる年齢の16歳。 心の隙間を...
宇多田ヒカルが来春活動再開!結婚、出産経て「人間活動」終了【2015年12月8日... シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(32)が来春、約6年ぶりに音楽活動を再開することが7日、スポーツ報知の取材で分かった。 2010年8月に「『人間活動』に専念しようと思います」という表...
東京五輪エンブレム、またソックリ指摘 今度はスペイン(7月31日)... もう、まさに貧すればどんす。突込みがはじまると、とまらないね。 もとグラフィックデザイナーの立場からすると、こんなのは盗作でもなんでもないし、 100人に「東京オリンピックのマークかん...
<新国立>経費高騰「承知せず」 安藤氏、現行案継続を希望(7月16日)... これ、かっこいいねーこんなのできたらいいね~ ほーほーほーいいかね。これ。へぇー なんかほら、流線型で、近未来のイメージ ほーほーほー近未来近未来。近い未来ってことか?いつごろ? ...
サメ出現、遊泳禁止相次ぐ 「かき入れ時なのに…」ビーチ閑散、観光に打撃 茨城(8... 海にはサメがおるって! ぜったい、おるっって!! もう怖いって!   小学校の頃連れて行かれた「ジョーズ」 まさにこれこそがトラウマ映画。 ...
「先生触らないでください」 教え子らへのセクハラ深刻(7月22日)... このヤフーニュースは「先生同士のセクハラ問題」だけど、ここではファンタジーの代名詞でもあるだろう「禁断の学校LOVE」について、ちょっとつぶやきたい。 教え子と、ラブラブラブですか~ ...
台風15号:石垣島で船2隻が沈水 記録的暴風、屋根飛ばし電柱倒す(8月24日)... 【八重山】台風15号の通過で、観測史上最大の瞬間風速71メートルを記録した沖縄県八重山地方では24日午前、車の横転や信号機の倒壊など被害が明らかになっている。(沖縄タイムス) 台風シーズン到来。 ...
米プレイボーイ誌、「ヌード」卒業へ 創業者も合意(2015年10月13日)...  【ニューヨーク支局】米男性娯楽誌「プレイボーイ」が、同誌の看板だった女性のヌードグラビア掲載を、来年3月の誌面改革を機に取りやめる方向で検討していることが分かった。12日付の米紙ニューヨーク・タイム...
沖ノ島、女人禁制・裸でみそぎ 今も本気で守られている「しきたり」 世界文化遺産の...  7月28日、福岡県宗像市の沖ノ島が世界文化遺産登録の国内候補に選ばれました。「神の島」と呼ばれる島には、今も、独特なしきたりが残っています。島全体がご神体とされる沖ノ島。千数百年前からの祭祀(さ...