リーディングって、知ってる?【劇団ミミちゃん企画を見ました】

お芝居はとんと疎くて(なのに、戯曲勉強会に参加してたこともありました)、わからないこと多いんですけど。

「リーディング」っていうジャンル?方法?があるのを最近知りました。

 

お芝居って

  • 役者さんが役を演じる。大道具、小道具、音楽、照明。規模はいろいろあるけれど、そういうものが舞台をもりあげる。
  • 一人とか二人とかの少ない役者さんが、セリフと立ち回りで見せる。

 

とかだと思ってました。

 

コントとかお芝居とかの区切りはわからないけどね。

 

 

で、リーディングって、その名のとおり「本を読む」んですよ。脚本を。手に持って。
だからよけいに「セリフと抑揚」がどれだけ、状況を描写できるか?ってのが勝負になる気がします。
見る側にゆだねられる部分が多いかも。

 

 

松永美咲さんの「劇団ミミちゃん」の前回公演もリーディングでした。
真っ白い部屋や、彩りに溢れた情景がぱーっとあふれる、おもしろいものでした。

 

 

昨日見たのは、「自殺しようと、自殺のメッカ?にやってきた二人の女性」のお話。

 

 

演劇の面白い瞬間っていくつかあると思うんだ。

 

  • 登場人物のおかれてる状況に「なるほどー」とおもう瞬間
  • 登場人物のキャラクターの輪郭がぴたっとわかる瞬間
  • この先この人たちはどうするんだろうと、舞台を見ながら別の想像力が働きだす瞬間
  • 自分の想像した展開が裏切られる瞬間、上回る瞬間
  • 登場人物に共感する共鳴する瞬間
  • おかしい、腹立つ、イライラする、泣くなど、感情が揺さぶられる瞬間

 

※身体表現は別ね。すごい動きって、アタマで考えることをぶっ飛ばすから。

image

 

リーディングは「見る人がアタマを使う」ほうの演劇だとおもう。

 

ふたりとも「死ななきゃいけない(と思い込んでる)状況」があって、死にに来てるんだけど、
お互いの話をきいて「わたしのほうが不幸だ!」「いえいえあなたになにがわかる!」ってな感じの、女子会てき雰囲気になったり、
急に「あんた死んだらいいじゃん。わたしは別に今死ななくても」とか、死のうとしてるのをとめられて、怪我しちゃって文句言うとか。

 

途中から、すごいおかしなコメディになってく。登場人物に共感したり、こういうことあるよねーって思ったり。コント的な譲り合いがあったり。

 

人間の適当さや、相手より優位に立ちたいエゴとか。てんこもり。
でも、ポジティブに「かわいらしい」人たち。

 

きっと、寿命をまっとうするだろう余韻。

 

 

 

 

僕は4分くらいの歌で、ものがたりを語りたいと思ってるけど、演劇ってすごく参考になる。
セリフ読みをやったことがあるけど、まったくダメで(笑)向いてないことはわかったけど。
歌なら、演劇じみた歌なら、やれるかな?と思ってる。

 

 

 

演劇っておもしろいなあ。リーディングって不思議だなあ。劇団ミミちゃん企画。今度はいつかわからないけど。こうなってくるとリーディングじゃないものも見たいね。と、かるくプッシュ(笑)





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

薔薇を咲かせたいなら、イバラの道を。虹を見たいなら、雨に濡れなきゃ。... 先週金曜日はgigiでライブでした。 この日はほとんどあったことはない若い友人がきてくれた。 彼女は若くていろんなことに苛立ち、進まない足を見ながら進んでて。 自分自身ではそれを後退だとかん...