無印良品の本屋コーナーがすごいんだけれども。

無印良品っていうシルシ。

なんかすごい威圧感を感じる。エコロジカルなコムデギャルソン?ジャパニーズリベラシオン?

すごーく薄味の料理をだされて、それも品のいい形のうつわで。

見て見ぬふりをする店員さんのまえで食べ、隣人に味の感想がうまくいえないときの感じ。

いや、売ってるカレーとかお菓子とか、うまいんだよ!

 

なんだろう。

 

堕落してない感じ?

うわー。ごめんなさい。っていう感じ。

 

 

キャナルシティにある無印良品の入り口に、本屋さんというか、本コーナーがあって。

平積みだろうが棚いれだろうが、すごくいい本ばっかり!

これはAmazon以上の迷宮かも。だって、手で触れるし。

 

そのコーナー立ち読みするだけで「なんかのエアビーム」を受けて、汚れた部分がとれていくような。

いかんいかん、そんな浄化されたら、僕は形をなくしてしまう。ってくらい。

哲学も料理も写真集も童話もごちゃまぜなんだけど、圧倒的な情報量。

本屋にある本の89%くらいはくだらないと思う大の本屋好きの僕には、致命傷になるくらいの、良い情報のかたまり。

 

自分の趣味的に65%くらいは完全にツボ。本は家にあまり置けないから、マンションの一階にあるといいなって感じの、よい本屋。

 

そして、5%くらいの自分が完全に拒否反応をしめす世界。

エロマンガやホラー、ずるずる引きずる系のサブカル本。そういうのがまるでない。空気中の酸素のパーセンテージがなんぼかは忘れたけど、僕のコアな部分「堕落した部分」が切り離された世界が、無印良品にある。

 

たとえばリブロなら、素敵な本が山のようにあるなか、くだらない本や堕落した本があってほっとする。探せないけどためにならない本もあるだろう。下世話な本もあるだろう。

 

 

知らない間に、ぼくはそんな「汚れてないような発言」をしたりして、息苦しくさせてないだろうか?そう気づいたとき、頭がガーン!

 

してるかも?してるかも?わー!!!

 

ってこんな話自体が「汚れてないような発言」?わー袋小路、デッドエンドストリート。

 

エコロジーは素晴らしい。未来の子供たちに緑と希望を。でも、自分の生活は今のままに近い状態でなんとかしたい。

 

このジレンマを少なからず感じていきてるんじゃないかなあ、みんな。無意識だろうが、意識的だろうが。

 

しゃーこれも「汚れてない(以下略)・・・

 

 

 

相変わらず無印の洋服には全然ぴんとこないんだけど。

無印の文具の書きやすさ、つかいやすさを愛してますが、宇宙服のボールペンを買ってしまうおじちゃんです。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら