台湾は3泊4日で2キロ太ります03【モダンでクールな林茂森茶行】兄弟喧嘩のお茶問屋さん

林茂森茶行と林華泰茶行。隣同士のお茶問屋

台北駅隣のコスモスホテルからタクシーで。
交通費がなんとも安い!100元くらいだったので400円弱?日本だと初乗り以下だ。

台北MRTで行くなら大頭橋駅から少し歩く感じ。

 

目指すお茶問屋はなぜか、二軒同じ「林」を名乗ってる。よくある「本家」と「元祖」みたいなのかな?と思った。
事前のミヤちゃん調べによると

先代が亡くなってから後継者問題が勃発し、兄が「林華泰茶行」を継ぎ、弟と従業員一部が隣に「林茂森茶行」を出したらしい。

隣に??

なかなか考えにくいんだけど(笑)

僕らは飛び出した弟さんのお店「林茂森茶行」へ行った。

 

 

林茂森茶行はモダンでクールな内装。東方美人を買いました。

 

ズラリ並んだお茶の缶。
おしゃれな茶器も売られてます

 

こんにちわ〜ニイハオ〜と中に入る。
静かな店内。

お茶問屋さんというイメージからは想像つかなかった。おしゃれ!

缶の上に「1000元」とか書かれてる。
ということは4000円弱??うわ!高いなと思ってしまった。

お茶のことは詳しくないけどね(笑)

 

良さげなお茶を選んで、試飲させてもらいました。

日本語で「試飲できますか?」が通じるくらいのレベル。
お買い物には十分なのではないでしょうか?

 

試飲したのは「凍頂烏龍茶」というお茶。

お茶はエッジが立つものが多い気がしてたけど、流石にコンビニ茶とは違うね。
丸くて、まろやかで甘みがあって。

「おお、これは美味しい!」と素人でも思えるくらいの美味しさでした。

屋根の裏側、かっこいい!

 

店員さんが長身、長髪で、無口。
俳優のよう。
後で調べるとオーナーの息子さんらしい。

ワーワー喋られるより、なんかよかった。
とにかく店内に流れる時間が「ゆったり」としていました。

 

いよいよ購入。

買ったのは「東方美人」一斤1800元。1000元以上のお茶は「いいもの」らしい。自宅でガブガブ飲むならもう少し安くても。

600gが一斤なんだけど、150gから買えます。
150gで400元(1500円くらい)。
150gといっても、結構あった。

家で二人で楽しむ分にはこれくらいでもいいかも。

 

お支払いはVISAカードです。

クールなおにいさん。気軽に写真を撮ってくれました。

 

買ったお茶。クーポンを使って、おまけをもらいました。

SINCE1883って書いてるあたりがいいね。うちが実質本物だ(笑)

 

 

隣の林華泰茶行ものぞいてみた。
こちらは古い店構え。でも中にお客さんは多かった。
気軽に話しかけてくる感じでした。

お茶問屋のイメージには林華泰茶行の方が近いかも。

きっとこちらの方が好きな人が多いのではないだろうかな〜。

 

 

【708号室】女子じゃなくても台湾は愉し!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら