オリオンシティ・ナイトレコ発ライブ@ブラックホール【オリオン祭り第一部終了】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

去年の5月に高橋プランクトンのギタリストとして折尾ブラックホールに初めて行って。
そこで山田ツトムさんという同級生と会って。
その娘さんが僕の企画「ミザルキカザルイワザル」に興味を持ってくれて。
8月、たけっちに招待されて、初めてブラックホールのステージに立って。
山田彩虹さんを撮影しながら「オリオンシティナイト」の構想をねり
10月に「魂のゆらぎ」イベントに両日参加して、作った3曲初披露。
2019年1月にレコーディングして、今日2019年2月23日、CD発売ライブの日を迎えた。

縁ってのはある日突然繋がって、世界がひっくり返るような動きを見せる。
初めてブラックホールの扉を開けた時の感じを覚えてる。
チーフ、ツトムさん、そして秀さん。
人見知りどうし(笑)がかもしだすぎこちない時間をくぐり抜けて、少しづつ近くなる。
まったくもって正しい「親しくなる時間」を過ごした。

 

2019年2月23日。
午後、山田ツトムさんに引きつられオリオンシティを歩く。
その後彩虹さんとオリオンシティで撮影を敢行。
そのことはまた後日。

 

ライブは、「魔物」のぜちさんからスタート。
この人は本当にいかれてる。お医者さんだそうだ。ほんとにちっちゃなころから彩虹さんを可愛がっている。

 

「つきがおらんなって いしばる つきがぶるぶる ふるう」

 

と、3歳か4歳の頃、彩虹さんは突然呪文のように口走っていたそうだ(笑)なんかすごい。
それをメモしていたというぜちさんもすごい。

ぜちさんも含め、彼女の周りにはたくさんのお父さんがいる。血の繋がりのない、ね。
それが嫌になった時もあるだろう。
街が育てた女の子なんかもしれん。その街は変わりゆくけれど。

 

魔物のあとをついで、ぼくだ。
この日のセットは

  • スカンジナビア
  • ピンクの象
  • ドーパミンロック
  • サマータイム
  • PKO
  • 速達

ブラックホールのステージは、よそから来た人を飲み込む。
その結果、思いもよらず「自分」を出せる。
この日もそうだった。

殴り込みに来たケイクマから「ドヤ顔」を指摘されるくらい、調子が良かったようだ。
なんの駆け引きもなく、すっと、出せる。
当たり前のように歌える。歌声コンプレックスも、下戸コンプレックスもなく。

 

締めは彩虹withサニー

CD曲オリオンシティナイトを一発目に持ってくる。
ひとりでもなんども歌っているようで、堂に入ってる。
この歌のメロディも、なにかにすっと導かれたかのように出て来た。
この歌は100%彩虹のものだ。

そのあと、彩虹オリジナルを2曲。
延々とリフレインが続くオリジナリティ溢れる曲。
現在のヴェルヴェットアンダーグラウンドのよう。
弾き語りだけどバンドサウンド。

 

 

後半が、もう大変。
リハでも体力の限界なくらいストロークした、CDの曲「黒い穴」「justicia」とぶっ続く。

限界!!(笑)いや、笑えないほど。

彩虹はステージで何かが憑依する。というより彼女のなかの何かが表に出てくる。
人の裏に入ってるなにかが表に現れることが「表現」だ。

とか考えてる余裕はなく。途中、握力がなくなってピックが飛ぶ(笑)
それでもゴールまでぶっ飛ばす。
身体中の骨が痛い(笑)

ラストはオリオンシティナイトのこの日の特別おまけ「パンクバージョン」

 

終わった。
指は裂けて、呼吸は苦しい。
そんななかでも「幸せだ」と思った。
この日ぼくは、幸せだった。

 

アンコールに、ぜちさんと。
それをみてて「ああ、ほんとうによかった」と思った。

 

ブログが長い!とブロックボーイチーフに言われたのでこのこの辺にしておきたい(笑)
続き、第二部のブラックホールライブはまた後日。

 

最後に。CDに書かせていただいた僕のライナーノーツを転載する。
このようなもったいぶった文章を書くために僕はCDを作ったのかもしれない。やらしい(笑)

 

「魔物たち」というイベントで初めて折尾ブラックホールを体感した。
防空壕の隣で、戦争が終わって70年以上経った今も言葉とビートと少しばかりの美しいメロディーを武器に戦う人たちをみた。
幾重にも貼られた過去のポスターと部屋の隅にうごめくキオクの吐く黒い霧に胸をやられながら。

この夜が引き寄せてくれたのは、黒いオリオンシティにかかる美しい虹「彩虹」。
この場所が歴史の一頁になる前に彼女とブラックホールについて書かなければならないと思った。
頭の中にメロディが割り込んできた。

〜オリオンシティ小さな虹がかかる生きてる人の上死んだ人の上にも〜

黒い穴の中では誰もが輝いていた。
黒は厳密に言えば「色」ではないかもしれない。でも僕たちは全ての色に命を吹き込むこの色に畏敬の念を抱く。黒がなければ色は輝かない。至高のブラック、最高のブラックホールにまだまだ新しい爪痕を!彩虹のロックンロールのワンピースになれて幸せだ。 <2019年2月 サニー>

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

IMSイムズの思い出【天神ビックバンは本当に自爆するかも】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 2021年に天神のイムズが営業終了して、再開発されるっていうニュースを見た。 再開発、という言葉だけで「爆裂都市」を思い出してしまう53才です(...
フェアリーシスターズ音楽やっても委員会にお呼ばれしてきた【生演奏に生トーク、楽し... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 きのう、3号線をがっつり走って北九州は小倉まで、「フェアリーシスターズ音楽やっても委員会」というyoutube番組にお邪魔して来ました。 オ...
お誕生日はいつだって、いくつになったって祝うべきだ【三月はふたりの誕生月】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 三月はぼくら夫婦の誕生月。 よく「この歳になったから誕生日なんてうれしくない」っていうことをききますよね。   &...
いちごさんとガスマスくんのブリリアントなお部屋〜【お人形と雑談すれば見えて来る世... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   人形&人形劇作家ニコランコランがつくる「いちごさん(アラサー)」と「ガスマスくん(おっさん幼児)」のふたりが、ゲストにいろんな...
あの悪い人と、僕らは違う?【いつか自分がそうなるかも。可能性はゼロじゃない】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 最近嫌なニュースが続いて、不眠がまた復活しそうな感じ。   虐待とか、殺人とかからのひどい話や、うそつきの成果たち、バイトく...
どろろ【手塚治虫の大傑作】奪われたものを取り返してゆく〜ジェンダー、生まれついて... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 TVをほとんど見ないので新しい番組とかの情報はSNS経由。 そこで「どろろ」がリメイクされてるのを知った。 あの、手塚治虫の「どろろ」。 ...