田中ミツルLIVEで感じた「プロとアマの差」タフで優しい汗だくのシンガー

こんばんは。ブログアカート管理人にサニーです。

日曜日、田中ミツルさんのライブにオープニングアクトとして彩虹が抜擢されたのでそのサポートとしてギター弾いて来ました。

田中ミツルさん。
実はちゃんと聞いたことがなく、僕が社会人バンドを組むようになったきっかけの小山卓治さんと一緒にライブやられてたり、同じ九州の人?熱いシンガーソングライター?ということくらいしかしらなかった。本当に失礼だ。

 

お店が「ゆらゆら」というところ。話には何度か聞いていたんだけど、伺うのは初めて。
かわいい。
それだけで気分が上がる。

トイレスペースがめちゃくちゃかわいいのです。そんなお店が悪いわけない。
そしてリハ後に食べたカレーのうまいことよ!!
辛くて、うまい。幸せ。

 

主役の田中ミツルさん。
怖い人だったらやだなーなんて思いながら(笑)リハから打ち上げまでご一緒させていただきました。
リハの空き時間には一緒にギター弾かせてもらったりして、リラックスムード。

でも、本番がはじまると。
いやぁ。ほんと、打ちのめされました。

 

彩虹はいつも以上に緊張してて、集中に時間がかかっていた(笑)人が緊張してるとなんか冷静になるね。
でも彼女は先頭を走っていく。僕は並走して、彼女のエンジンに薪をくべる、もしくは石炭を、ニトロを。
全力で駆け抜けました。

僕らは30分弱で燃え尽きる。
ところが田中ミツルさんときたら!

アンコールまであわせて2時間弱。余計なおしゃべりもなく、歌う。弾く。

やはり、一度プロの道に入り、そこでがっつりと鍛えられた基礎力というか、底力というか。
技術とかそんな言葉では表せない「パワー」

この人自身が「田中ミツルという楽器」なんだなあと。

 

歌詞は優しく、王道な日本語ロック。
日常を奮い立たせたり、一夜の恋に萌えたりする登場人物たち。
とりたてて新しさとか、そういうのはないんだけど、その歌が「田中ミツル」という楽器を通して発せされると、超ド級の迫力をもって観客を震わせる。

ぎゅうぎゅうの客席。
見に来てたかたは同世代。つまり人生50年クラスの方々。
青春のある時に、ミツルさんの歌にふれて、人生を豊かにできた人たちじゃないかなと推測。

 

ギタリストのはしくれとして見たときに、田中ミツルさんの弾き語りは驚異的だ。
リズムが歌の中心にあるから、ギター一本でもリズム隊がいるみたいで
ギターには弦が6本あるということを思い出させてくれるサウンド。
低い音はベースで、高い音はピアノのよう。
がっちりと握られたコードは、まるで重機のように重くがっちり。
コードチェンジのあいまにいれるフレーズのかっこよさ。

久々に、ギターのおとに震えた。
弾き語りのギターの音に。

 

 

僕と彩虹はステージ側の裏手に座っていたのでお客さんの顔がよく見えた。
みんな、すごくいい顔をしてた。

きけば、田中ミツルさんは音楽活動をやめ、最近復帰したらしい。
カメラマンをしていた女性のかた(美人さん!!!)は

「18さいのときに彼を知って、もう30年以上になるわ」と笑っていた。

長くやる。やり続けることができなかったとしても、いつかタイミングがやって来たらやる。
歌うことを忘れないでいる。
とても重要で、とても難しいこと。

でも今日のお客さんたちをみてて
「歌には責任がある」とおもった。

誰かの人生の、どこかのタイミングでアーティストの歌が組み込まれて、長い時間をかけても、また「聞きたい」と思わせる。
長く歌い続けるアーティストもすごいけど、それを待ってるお客さんもすごい。
歌を生むのはシンガーだけど、歌を育て、見守るのはリスナーなんだなあとしみじみ思った。

誰かのために作った歌を僕は信じない。
マーケーティングされた客層のための歌を信じない。
アーティストは「自分のために」歌を作り、「自分のために歌う」べきだ。
それが結果として誰かの心を揺さぶる。
これこそが「歌の力」だと思うし、「歌を聴く人の力」だとおもう。

 

そんなことを、田中ミツルさんの美しい腕を見ながら思った。

まつりは終わった。

ようやくリラックス彩虹
飲み屋のおっさんだ。

 

打ち上げでは彩虹ともすこし話したし、お客さんとも話せた。人見知りを発動してることが彩虹にはばれてた。うむむ。
しかし、ウエストってめちゃくちゃ安いね。

 

こんな機会をもらえるのも彩虹のおかげだ。
サポートギタリストは、主役に誘ってもらえないと演奏することができないからね。

ありがとう。これからもよろしく。
最後に主催の天野くんにも特別の賛辞を。ほんとうにお疲れ様でした。

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

acane上京前ラストサポート!【おじさんが若者たちに囲まれて笑】元気で楽しんで... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 1/6に長浜のライブハウスCBで行われたacaneのライブに、ギターサポートとして参加してきました。   いろんな人が戦っ...
セックスをしない、できない日本人【性交渉、経験なしが25%(日本の18~39歳男... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   3K新聞ねただから急には信じられないけど(笑)でも 18~39歳の日本人の25%に異性間の性交渉経験がないとする研究結果(1...
2019年のソメイヨシノ【外国人がたくさん桜を観に来る】いながらにして国際的(笑... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 こないだの土曜日、暖かい日。 福岡城址にお花見にいってきました。 夜桜は観たけど寒かった。今日はあったかくて、レジャーシートで昼寝しそうだ。 ...
駕与丁公園にバラを見に行ったんだけどつぼみだった。【バラ祭りは5/12】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   まだまだ10連休のお話です(笑) 最後の四日間はライブ関連で潰れるので「ゴールデンウイークぽいとこにつれてけ!」という熱...
‪高橋プランクトン企画「最強たち」‬@八幡 デルソル‬【総論】さびしい夜と音楽を... こんばんは。ブログアパート管理人にサニーです。 昨日は八幡のデルソルに妻と一緒に出かけました。 高橋プランクトンの横でギターを弾きに。 そしてかわいすぎるライブカフェ「デルソル」を妻に見せた...
オリオンシティは夜中の3時【踏切で、十字路で、花を持った女が立つ】彩虹photo... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   ブラックホールの祭りが終わったのが夜中2時。 それからフォトセッションスタート。 彩虹が予定していたところはもう電気が...
女の子を「〜ちゃん」と呼べないおっさんは僕だ【そして、何人かは呼べてる不思議】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 皆さんは女の子を(女の人、でも)呼ぶとき 「〜ちゃん」 と呼べる?最初から。   僕は呼べない。なぜか?カタブツ...
内田裕也、親父とおなじくらいの年のロックンローラーの死【敵国音楽に魅了されて】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 内田裕也が死んだというニュースが入って来た。 「あの樹木希林さんの夫」という肩書きで。79才。うちの親父とほぼ変わらない。 子供時代に終戦を迎...
会社は家族、社員は子供。【明治じゃないよ今ある会社だよ】会社は社会よりも遅れをと... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   連休まっただなかですね〜。 今日はこの間聞いたおはなし。 友人の勤めてる会社は40人弱の10年めくらいの会社で。 ス...
腰痛の休日【妻と平尾大池に撮影に】ゆっくり歩いてるとおじいさんになったような気持... こんばんわ。ブログアパート管理人のサニーです。 いい天気な土曜日。 寒いけど。 腰痛ひどいけど。 じっと寝たきりというのは精神的にも苦痛なので、少しだけ出かけることに。  ...