27年ぶりのブルートニックLIVE。【東京おのぼりツアー記:その1】

高校時分、一番最初に影響を受けたバンド「ルースターズ」のベーシスト、井上富雄が作った新しいバンド。

最初に出た12インチシングル(死語?)のデザイン、音、歌詞とメロディー。どれをとってもピッタリとはまった。まだ渋谷系なんて言葉がないころ、MODS(博多のバンドじゃないよ)たちが聞いていたであろうジャズやソウルをベースにしたサウンドで。

ロックギターがイヤになっていた僕は、歪んでないギターサウンド。トロンボーン。白いスーツ。クールなかっこ良さにしびれた。甘くて音程が不安定なボーカルにも(笑)

51ShzCpeDRL._SY300_
古くなったら、新しくする。そんなコピーがびしっと心に響いた!
ファッションリーダー!

 

 

1988年10月7日。

東京に住んでいた僕は、福岡に残してきた彼女と一緒に、日本青年館というホールに、ライブを見に行った。そのときはルースターズを解散したばかりの花田裕之がゲストで。2列目で見ていた彼女はいまでも「花田さんは、私から目をそらした」といってる(笑)

 

あれから27年たって、再結成のうわさを聞いた。

 

東京だけだろうねぇ。いいなあ・・・と思ってた。
ライブを見に東京へ行くなんて、そんな余裕はなかったし。

 

でもある日フェイスブックでバースデーライブがあるということを知った。

金曜日。

井上富雄が4バンド出ずっぱり。

 

ちょっとだけ、迷った。家に帰って妻にいう。(27年前の彼女!)

 

「ブルートニックがライブやるらしい。4バンドとも井上くん、でるらしい。」
「いってみようか。27年間を確かめに。」

 

 

いろんなフリーツアーを探してふたりで二泊。60000ちょっとというのを見つけた。

あの頃は飛行機が苦手で、新幹線で往復してたなあ。
携帯電話もパソコンもなくて、生きてるか死んでるか確認するのは公衆電話だった。あと、書簡。

 

 

2015年7月4日

下北沢は雨。おもったより小さなライブハウス。やっぱり!の年齢層の高さ(笑)スマイリーMc。北九州のヤンキー臭が少し香る大人たち。

 

定時に始まった。

最初は

▼occupy

[井上富雄(B.,Vo.)、池畑潤二(Ds.)、細海魚(Key.)、イマイアキノブ(G.,Vo.)]

半分ヒートウェイブ。インストバンド。でも途中、Dee Dee Feverのkeicotさんがゲスト参加してのトゥナイト。イギーポップバージョン。会場は踊らないけど(笑)めんたいロックの悪しき慣習か?微動だにしないおじちゃん達。グッと来るダンスバンドなのにね。きれいなスーツと帽子でクスリヲキメテ踊りたい。

 

▼blue tonic

[井上富雄(G.,Vo.)、冷牟田竜之(B.)、木原龍太郎(Key.)、田中ゲンショウ(Ds.)]

あっけらかんと始まった。27年ぶりのブルートニック。日本のトップベーシスト井上富雄が、ものすごく一生懸命ギターを弾いてる。あのころのような流れるようなフレージングはなかったけど、全曲テンポを落とし気味の、熱い演奏。バカみたいに大暴れするんじゃなくて、腰をうかせる演奏。

僕の後ろの女の子(30さいくらい?)は全曲歌って、踊ってた。どこで知ったんだろうね。

わりとイガイガした感じで解散したイメージあるけど、ハッピーバースデーソングを織り込んだり、アットホームなステージ。

オレンジフラワーとか、感涙。

会場は踊らないけど(苦笑)。めんたいロックの悪しき(以下同)

40分くらいかな?もう満腹です。

ああ、きてよかった。青春の青っぽさを持ってる楽曲。永遠に残るね。ブルー!

 

 

▼band HANADA

[花田裕之(Vo.,G.)、井上富雄(B.)、大西ツル(G.)、椎野恭一(Ds.)]

うってかわって、男くさい(笑)花田。うたいっぱなし、ほうりっぱなしのメロディー。いい加減なギター。地味なフレーズ。ギターひとつで全国を回る旅人感満載。井上はズボンプレスも持って行きそうなのに。このふたりが同じバンドにいたなんてね。

安心しきってベースを歌わせてる井上富雄。

会場はやっぱり、歓声があがるね。めんたいロックに好かれてる花田氏。淡々と弾く。

 

▼Barrier Gates

[井上富雄(B.,Vo.)、尾上サトシ(G.)、田中ゲンショウ(Ds.)、クジヒロコ(Key.)、YUKARIE(Sax.)]

はじめてみた、現在進行形の井上富雄バンド。

かっこいい。

ほれる。

甘いボーカルは、甘いベースラインとあいまって、極上。

夜間飛行とか、甘い夜風とか。

歌詞の世界も、極甘。とろけるサウンド。

現代のMODSバンドじゃないだろうか?ミドルテンポのダンスミュージック。夜中のバー。地下室の饗宴。

ほんとにいい音楽。

ああ、こんなバンドしたい。

 

シャウトもなく、コール&レスポンスもなく、ディストーションもなく、メッセージもない。だけど熱い。熱い夜。ナイトフィーバー。

 

ああ、こんなバンドしたい。

 

 

アンコール?ではなく、客だしBGMとして古田たかし御大と、斉藤ネコ先生が登場。

moonriverやas time gose byなんかをインストで。

もう!斉藤ネコ先生の生のヴァイオリンを生音で聞けるなんて。素晴らしい贅沢!

 

 

雨の下北沢。満腹の夜。

 

27年がたって、ぼくらは大人になった。

子供がもう21歳。僕らが出会った年を越えた。

音楽はずっとそこにあって、変わったり、変わらなかったり。

いろんな事が、きっと、誰にでもあっただろう27年。

僕らにも歴史ができて。

4時間たちっぱなしで身体は悲鳴を上げてるし、ホテルは遠くて弱音を吐くけど(笑)

9898

 

 

ライブ以外の東京レポートはまた、別に書きます。

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら