ブラックファイトシリーズ@T-Gumbo【ライブはとても体調下り坂】でもそんな時ほどうまくいくんよね(笑)

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

ブラックファイトシリーズ@T-Gumboレポの続き!

 

 

路地裏の、雑居ビルのライブバー。
それだけで気分が上がるよ==!!

 

ツトムさんたちは来てた。
たどり着いた。ホッとした。

 

低気圧なのに頭痛がない。よかったー。
と思ってたら。

彩虹と「うるさい猫」のリハーサルしてると、ある音域になるとまったく音が聞こえなくなる。
ひえーー!自分のギターの音がモニタリングできない(汗)

左耳はいつもどおり水の中のような音で、右耳が怪しい。
こりゃー宇宙遊泳のような演奏になるかも。
ボーカルはきこえるからいいか。

耳が聞こえないとまっすぐ歩けない。
あちこち当たる。

なんとかギター弾いて、歌ってみて声の響きを骨に伝えて、感じる。
これが「音が聞こえなくなった時」の僕のリハーサル。

 

オープニングアクトのブラックさんと、念願のステージ。このためにやって来たんだ。一生懸命やる。
耳はもう無理っぽい。集中するぞ!

できることは精一杯やった。
時々、「すっ」っと聞こえるようになるから不思議だ。で、またすっと消えるけどね。

ブラックさんありがとうございます。
ほんとに楽しいです。
まだまだ、まとわりつくと思います。
よろしくお願いします。

今度時間ある時に、じっくりイントロを復活させましょう。

 

続けて高橋プランクトンと。
なんだかこの日はむちゃくちゃだった(笑)
僕は嵐にとばされるカラスのようにギターを弾いた。
最前列に秀さんがいると、焦らずに弾ける(笑)
落ち着ける、ってのはちょっと違うけど、安心できる。
よし!やるぞ!って気になる。

プランクトンはそうそうに弦を切り、チューニングがぐちゃぐちゃ。
でも僕はもう気にせずに彼のギターの「代わりに」なるように弾いた。
聞こえなかったけどね(笑)

 

うるさい猫は彩虹の「愛され度」が会場にぱんぱんになっていて、うれしい。
ジョーク?の「サニー」コールもうれしいもんだ。

先日の回帰丸のダメージから復帰した彼女は、遠藤ミチロウに向けて「仰げば尊し」を歌った。
いざ、さらば。

かっこいいよ君は。
そのままいけよ。

しのみやさんにはいつも感謝してる。
本人にはあまり言えないけど(笑)
とても感謝してる。
ハグをした。

 

さて。
「はる」さんという新顔の子がいた。
まあ、ギターがセンスいい。上手。
今の若者たちの楽曲。歌。歌詞。コード。
とてもよかった。

プランクトンが連れてくる後輩はすごい人が多い。もちろんピンとこない人もいる笑。音楽も芸術も「受け手側の問題」だから、僕にその感度、感性がないんだろうと思うけど。
プラさん!さすがの人たらしだ。

 

ソロはもう、喜びと苛立ちが混ざりまくっていた。
僕の前は爆音のバンドだった。
ヒットパレードだった。
いい気持ちで盛り上がってるだろうから、どーんと落としてやろうとおもった。
酔いが覚めちゃうくらいに(笑)

  • サマータイム
  • コートダジュールドライブ
  • リトルウイング〜imagine the world
  • ジャワ更紗
  • スカンジナビア(with 彩虹)

僕は耳が聞こえなかろうがギタリストだ。
ギターが偉いんだ。
というわけで「ギターが偉い」曲を集めた。
彩虹のスカンジナビアは過去最高に良かった。こんな風に10分でも20分でも間奏でセッションしたい。

 

もう、精一杯だった。
立っていられなかった。
めまいがぐるんぐるん。

 

失礼極まりないけど、ホテルに帰ることに。
皆さん本当にごめんなさい。

 

ホテルまでフラフラしながら歩き、ほか弁を買い、食べる。
外は大風。

ホテルの窓は一晩中うなりつづけ、聴覚過敏と共感覚で僕の脳みそは弾けそうなくらい。
数人の黒い衣装を来た人が踊りまくり、ロープを投げ、焦げ臭い匂いをさせ、甲高い声で笑い続ける。
頭の中で。

もうやめて。
耳栓をする。すこしだけ眠れた。

死人のように目を覚ました。
頭痛がなかったのがラッキー。

 

 

雨は少し降ってるけど、上がりそうだ。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら