2019年11月はブレードランナー【酸性雨が降りしきる未来に追いついてしまった】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

2019年11月。
ロサンゼルス。
映画ブレードランナーの舞台。

あの憂鬱で頭痛がする雨のスラム。
僕らの未来がこんなものだとは思わなかった。

映画の公開は1982年。
封切り当時は見てないと思う。
ブレードランナー以前、未来はどう描かれてたのか想像ができないくらい、ブレードランナーは強烈だった。
先駆けたスターウォーズは「宇宙のどこか」の話だった。だから別物だ。

未来はあかるく、クリーンになる。
僕らは自分たちが「非クリーンで、捨てられるもの」になるとは

監督のリドリースコットは「エイリアン」という、とてつもなく恐ろしい映画を作ったあと、イケイケ状態だったのだろう(笑)
ジュラルミンに輝く近未来のイメージをぶっ壊して、環境汚染にまみれた退廃的な近未来の大都市を描いた。

 

 

雨がふりしきる。
日本語のコマーシャルが流れる。
うどんの屋台がある。
アジア人の僕らにとっては、とても嬉しいことだった。
僕らの日常が「未来に繋がってる」気がしたからね。

 

先日、ルドガーハウワーが亡くなった。

これほど悲しく美しいキャラクターもなかなかいない。
ハリソンフォード以外はほぼ知らない人で、このあとは「ブレードランナー出身俳優」として心に残った。

なぜ?彼はデッカードを助けたのか?
いろんな人がいろいろ考えを持ってる。
映画ってそんなふうに「100人違う感想、意見」を持つことができる可能性を秘めたアートだね。

 

 

冒頭の「レプリカント」を質問するシーンから、緊張感とドキドキ(というよりはイライラ)が続く。

透明のビニールコートで打たれ、ガラスを何枚もぶち破るレプリカント

レイチェルのお人形のようなルックスと、髪をほどいた後のアメリカン(笑)なオンナの姿の「落差」

ダリルハンナのメイク、くるっくると回る姿。

セバスチャンのお家のロボットたち

チェス

目玉を潰されるタイレル

折り紙の鶴

 

すべてが教科書のようにそこにある。
この「セオリー」から抜け出そうと、多くの映画がチャレンジしてる。
巨大な映画があるからこそ、新しいアイデアが生まれる。

 

 

雨がふってネオンが光れば「あ、ブレードランナーみたい」と思う。
人によって作られた機械の悲しみを歌えば「あ、レプリカントみたい」と思う。

 

いま、2019年11月。
僕ら貧民の上には酸性雨よりもタチの悪いブルーズが吹いている。

偏見、差別、貧富の差は広がるばかり。
雨に濡れるものはいつもびしょ濡れ。

汚いこと、きついことは誰かにさせて、一握りの上級者はモニタを監視するばかり。
ぼくらは追い詰められながら、誰かを追い詰めてる。

 

雨が止むことはない。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら