写真について思うこと【性の消費としてのアマチュア写真】被写体と写真家、撮影会のセクハラ問題

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

ツイッターで「撮影会でカメラマンにセクハラにあった」というのを見た。
その子は引退するという。

撮影会というものをほぼ知らないんだけど。
知らない人に写真を撮られるって、普通に考えて「危険な香り」がプンプンする。

幾らかのお金を払って、知らない女の子を撮影する。
それは
幾らかのお金を払って、知らない女の子と話す
幾らかのお金を払って、知らない女の子に触る
幾らかのお金を払って、知らない女の子と性行為をする
それとどう違うんだろう??

写真を撮るって、なんだろうと思う。

 

 

おっさんカメラマン(含む自分)に写真を撮られるって、どんな気持ちなんだろ?
何かその先にあるからみんな、モデルになるたがるのだろうしなぁ。
僕はかわいい女の子ではないから、その気持ちがわからない。
ぼくは被写体をかっこよく、おしゃれに撮りたいと思うだけ。

 

そもそもは風俗じゃないんだから、デートクラブじゃないんだから
モラルがあるんじゃないか?
ルールがあるんじゃないか?
それが一番なんだけど。

 

 

 

 

僕はもともとはライブの写真を撮ってた。
演奏者がカッコいいのと、照明と暗闇がかっこよかったから。

 

それから撮らなくなった。
「ライブ写真を撮る人」として、なんとなくモヤモヤしたから。
しばらく妻や家族を撮ってた。

 

今は「友達」を撮ってる。
知ってる人、お互いを知ってる人を撮ってる。

知らない人を撮ろうって気は起きない。
きっとうまく撮れないだろうと思うから。

 

 

 

撮影会の写真、ときどき見るけど
特に面白くもなんともない。
なんというか、カメラが願望処理の言い訳に使われてる感じがする。
あまり気分のいいものではない。
あきらかなパンチラ狙いとか、股間ねらいとか。

ま、自分の撮る写真は「好き」だから、人の写真は好きだったり嫌いだったりするもんだけど(笑)
僕の写真も見る人によっては気分のいいものではないんだろうから、その辺はお互い様かもしれないけど。
やっぱり知り合う前の「被写体募集」とか「カメラマン募集」ってのはよくわからない。

 

 

 

こっからは違う話ね。

いろんな写真集を見るのが好きで、ツタヤでよく立ち読みしてる。
最近思うのは

  • ドラマチックだったり
  • 可愛い女の子だったり
  • おしゃれなメイクと衣装だったり
  • 際どいセクシャリティだったり
  • やわらかそうなからだだったり
  • 強いメッセージだったり

そんなものがないと、写真って成立しないんだろうか?
ってこと。

 

普通の、同年代の、おしゃれにしてるわけではないおっさんとオバさんたちで
美しさとか、そういうのと違った写真って撮れないかなぁと思ってる。

友達の女の子の写真ばっかり撮ってる僕が言うのもなんだし、撮れる気もしないんだけど。

でも、なんか

よくできた写真(大好き!なんよ、ほんとに)を見るたびに
よくできてないと写真ってダメなのか?
てのを感じる。

だから?
どうする?

そういうアイデアはない。
多分何もないものを「写真」にする力もない。
でも。

なんかもやもやする。

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら