世界一夢ある女の子【MISATO SAKURAI 写真展】@sup stand fukuoka

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

すごく晴れた、でも風の冷たい土曜日。
友人の写真展を見に行きました。

僕自身もよく撮影する福岡人気スポットのビルに入る「sup stand fukuoka」というカフェで。

お店に着くと中は大盛況!
「並んで待ってる??」って思うくらい。
わかものたくさん!

彼女、櫻井みさとは、女の子を撮る。
いつだったかツイッターで、「撮影小道具のかすみ草を染めました〜〜」みたいな書き込みがあって。
「そう!それよ!」となんどもうなづいたのでした。

彼女はスタイリングをする。
小道具を作る。
もちろん写真を撮るために。

なんていうか「撮影」という一番光り輝くステージだけじゃなくて、その周りに至るまで「やりたいこと」を地道に詰めて積み上げてる感じがとても好きで。
世界観、なんていう嘘くさい言葉ではいい表せない「あたたかさ」と「ひかり」を感じるのです。

彼女もきっと写真を習ってはないとおもう。

数年前に「こんなのとってるんです」と見せてくれた写真もかわいかったけど、そのあといろんなモデルを撮り、現場を体験し、いいこともやなこともあったうえで今出来上がった彼女の写真をみると、その堂々としたモデルの立ち姿と同じくらい、彼女の姿勢の良さを感じる。

彼女の周りには、若くて可愛い女の子だたくさんいる(笑)
おっさんサニーはちょっといづらいくらいだ。

展示の合間にも、すっと外に出て、さっと撮ってくる。
そういうところもいいよね。

作り込んで表現もするし、軽さもある。

 

アマチュアで写真展をする人たち、多い。
どんどんやったらいいと思う。

人生の祭りだもん。

 

僕は展覧会をする気は無いのだけど(めんどくさそうという理由から笑)人の展示を見に行くのは大好き。
写真なり、絵なりの「主役」だけじゃなく、その場所をえらび、準備して告知して、人が来てくれるかどうか心配しらいする、その全てが「まつり」だもんね。

 

表現する、作品を作るっていうのは障害だらけだ。
何もやらなければ、なんの苦労もない。
でもやっちゃうひとは、やる。

凹んだり、ブーたれたり、泣いたり、怒ったりしながら、やる。
自分も含めて「いったいなんなんだ!」っと思うときがある。
そのエネルギーの源はなんだ?って。

 

写真を撮ると、写真好きな仲間ができるのかもしれない。
僕は「横のつながり」が苦手なので全然ないけど(笑)。
人の作品を見て刺激を受けて、自分の好きなところを知る。
自分のものだと冷静にみれないものも、他の人の作品だとわかる。

それがまた自分に帰ってくる。
とても楽しい。

 

 

写真は、誰でも始められるからすき。
特になにを習わなくてもいい。
まずは好きな雑誌にのってるような写真をとったり、お友達との写真を撮ったり。
ただのピースサインの写真だって、それはあなたの「作品」だ。
それって、なんか、すごくない??

 

みさとはすごく頑張ってる。
そしてときどきすごくめげてる(笑)
僕はめげながらも彼女がまた作品を作り続けることを知ってるから、見守ってる(笑)
そうこうしてる内にまたやる気出してる。
ほんと、いいことだ。

 

ぼくもがんばる。おっさんだろうがなんだろうが。
みさとの写真がみさとにしか撮れないのと同じように
僕の写真は僕にしか撮れない。
それってすごいよね。

世界一夢ある女の子【MISATO SAKURAI 写真展】@sup stand fukuoka
3/22までやってるよー

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら