器の楽しみ方

器が大好き。

皿も碗も、ティーカップ、珈琲カップ、鉢も好き。

 

アンティークの洋食器を集め始めたのは20年以上前から。
スージークーパーの綺麗なピンクに心奪われた。

 

和物も普段使いで
色々な窯元の物を持つようになったけど、新品のより昔の器が好き。

 

染付もいいけど色絵の面白さは捨てがたい。多様な絵柄。

 

色絵の中には
赤絵という言葉通り
赤を主調にした焼き物が多いのだが、先日緑の強い碗を見つけた。

2015-07-26 20.25.28

 

明治前期のもの。
里芋の煮っころがしなんてもって
テーブルに並べたいと。

2015-07-26-19.28.04

 

使い方は自由でいいと思う。
本来の器の用途とは違うかもだけど
家の中では自分の好きな料理を盛りつけて。

 

本当に欲しいのは古代の美しい白磁碗。
奈良・平安期
福岡市鴻臚館(こうろかん)跡では越州窯系青磁(えっしゅうようけいせいじ)も大量に出土する。

完形品も。
これも一つうちにあると嬉しい。

 

当時、良い物は都に運ばれていたので、本州などで発掘されると
たとえ小さな破片でも素手で扱うなんてしない程貴重と聞いた。
たまに見つかって大騒ぎで問合せなんかあったりするのだ。

 

ところ変わればだ。

 

土師器(はじき)だって面白い。極稀に獣の足跡がついた皿なとが完形品で発掘されたりする。
製品としては不良品だけど、そんなの気にせず使っていたのかな?
乾かしてるところに小さな動物がちょこちょこ歩いたのかな?

 

うちの猫をみたら納得する。
人の仕事の邪魔が大好きだもの。
でも、この足跡猫のモノではなかった。
いたずらっ子はダレかな。

 

古い器は現在とは違う。
だれも本当の風景や作り手の環境、思いを知る事が出来ない。

だから手にした者に自由な想像の機会を与えてくれる。

これが私の一番好きな器の楽しみ方。

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら