《美女と野獣:感想》薔薇とデコルテ、かぐわしい!

レア・セドゥ主演のほうね。

美女と野獣ってアメリカ的なものかと思ってた。

フランス原作なんですね。ディズニーとかミュージカルの印象が強いから、「フランス映画でこれ、撮ってうまくいくのかね?」と思ったけど、まさにフランス映画だった。

  • ストーリーを追わず、ディティール勝負
  • 男は女に翻弄される
  • 女はいつでも上から目線
  • なぜ恋に落ちるかは不明

これぞまさにフランス映画!ヴィヴァ!

poster23

 

約束を守れないのは男も女も一緒だね。好奇心がトラブルを引き起こす。

いつの時代もお父さんは、娘との約束を守ろうとする。

 

いろんな説明はがんがん省いてる感じがするし、なんで野獣が好きになるのか?分かった人いる?

全編「薔薇」が敷きつめられていて、ささやき声が続き、画面にはいつもレア・セドゥのうつくしいデコルテが。

これはもしかして

説明不足な映画

ではなくて

ストーリーやセリフが素通りするくらい「美しき谷間」の映画なのかもしれない。

 

まあまあキャラクターのたった登場人物(占い師とか、姉姉妹とか、野獣の同僚?とか)いたし、進撃の巨人的なの(これはイントゥザウッズにもろかぶり)もいたのに。頭に残るのは「うつくしいドレスとコルセット」

ぎゅうぎゅうにしめあげて。

 

いい時代だなあ。

コルセットうつくしいなあ。

128026-238x300 128027-230x300

 

ディズニーの映画や他の舞台はみたことないから、なんだけど、美女と野獣レア・セドゥ版。いいんじゃない??

 

そしてレア・セドゥは、どの役をしても、上から目線。

フランス映画にはこんな上から目線の女優が絶対大切!

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら