<伊勢・高3殺害>「かわいそうで殺した」男子生徒が供述(2015年10月7日)

4777

死んでしまうということが、わからない。ということ。

 

高校生1年生の夏休みに、親友がタクシーにはねられて死んだ。
きのうまでいた人がいなくなる。
そのことが理解できずに、淡々とした気持ちだった。

もうあえなくなるとか
もう笑えなくなるとか

そういうのって、しばらくしてからしか理解できなかった。

 

生きていても価値がないから死にたい。

 

そんなこと、ほとんど全員一度は思ったことあるんじゃないだろうか?
ただ、そんなことはしちゃいけないとかいう、あいまいで漠然とした理念?教え?みたいなものが染み込んでて死ななかったのかもしれない。単純に気が変わっただけかも。

 

友達に「殺して」と頼まれたら、どうする?
それがその子の願いなら、どうする?

 

自殺しようとした人を助けて恨まれることがあるという。
そのひとの願いを絶ったから。

生きていなきゃダメだとか
死んだらダメだとか
ダメダメダメダメダメダメダメばっかり。

 

死んだあとのことはわからない。
だから現実を回避する方法として「死」を選択する。
すごくよくわかる。

だって生きていたって、なんの意味もないように感じるもの。

あさごはんに毎朝感謝してるひとがいるだろうか?
目が覚めて、目の前にきのうとおなじ光景があることに感謝してるひとがいる?
この国で。

生きてることが日常だったら、生きてることに意味なんてないし、感じなくていいんだよ。
そして
意味のない毎日をすごすことに、意味を見出す必要なんてないんだよ。

生きていてもしかたがないからって、それを変えることはないんだよ。

4210b9f5ebd9e81b3ae414aaf29f198b_s

 

10代のころは「死」がとてもセンチメンタルで
学校で誰か死んだら、泣いて、花が飾られて
みんなにとって特別な存在になれる

でも、すぐに忘れちゃう。

 

クラスメイトは恋したり、バンドやったり、万引きしたり。
そのひとの日常を過ごし始める。

 

今回のできごと(事件って呼びたくない)で、殺してしまった、殺してあげた男の子のことを思うと、胸が締め付けられる。

彼の優しさなのか分別のなさなのかはわからないけど
彼はもう恋したり、バンドやったり、万引きしたりの「日常」にもどるすべを失った。

きのうとは見える景色が変わってしまった。
悲しすぎる。

 

あなたは、友達から「殺してくれ」と頼まれたら
その人に死ぬほど恨まれても止める事ができますか?
僕にその勇気はあるだろううか。

 

ただ、

生きてると、一年一年年をとって、いままでできなかった楽しいことがあるよ。
こんな適当な人生だったとしても、まだまだ面白いことあるよ。

そんな風に見て感じてもらえるような人生を、生きてる人として送りたい。

学生の頃って、一番つまんないから。
とりあえず、いろんなものから逃げて、責任を取らず、正しくあろうとせず、おとなになるまで生きようよ。

 

あなたからみたら「生きていたってしかたない」と思うような人がいっぱい生きて、歩いているよ。

82274f44dea188d89907ddd181a156e0_s

 

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら