さよならドビュッシー:感想【素人の演技が映画の邪魔をしない傑作】

ベタで、山口百恵の「赤いシリーズ」をおもいおこさせるストーリー。

ピアニストになることを目標にしている16歳の遥(橋本愛)は両親や祖父、いとこらに囲まれ幸せに暮らしていたが、ある日火事に巻き込まれ一人だけ生き残 る。全身に大やけどを負い心にも大きな傷を抱えた遥だったが、ピアニストになることを諦めず、コンクール優勝を目指して猛練習を再開。しかし、彼女の周囲 で不可解な現象が続発し……。

多分、橋本愛がでてなかったら、みなかっただろうな。
そのくらい彼女の関わる映画は面白いのが多い(気がする)

とはいえ、そんなみてるほうではなくて。

  • 大人ドロップ
  • アバター

とかかな?

けっきょくあまちゃんも見てないし。
大森靖子のPVを一番見てるかも。

 

演技が光るとか、そんなことないし。

一般的に美人か?っていうとサブカル色強すぎだし。台詞回し固いし。

 

でも、橋本愛が好き。できれば

  • エコエコアザラク
  • 冨江

で主演して欲しい。

GALLERY009771_1

 

話がそれた。

 

監督の利重剛が大好き。

BeRLiN(ベルリン)(1995年)
クロエ(2001年)

あんまり作品をとらない人だけど、逆光のやわらかい絵柄とか、ノスタルジーと寓話的な絵柄が大好き。

 

この映画でびっくりしたのはピアノの先生役の清塚信也。
ピアノプレイがものすごくかっこよくて。

最初にピアノを弾くシーンで、橋本愛のように涙が出た(笑)

こみ上げてくるんよ。
ステージのシーンじゃなくて、部屋でピアノ弾いてるだけのに。

そして、指導のシーンのハイテンションな感じが、演技ではなくて、演奏が好き!ピアノが好き!っておいうラブラブ光線が放射されていて最高にワクワクする。

 

 

映画全体、役者らしい人は数名。声優さんだったりミュージシャンだったり。
演技合戦はのぞむべくもなく。

その違和感をリアリティーとして提示してみせる利重剛監督の手腕はすごいと思う。

 

  • 友情
  • いえなかったこと
  • 夢みること
  • 自己肯定ができないこと
  • お金の恐怖

いろんなものが割と品欲ちりばめられている映画でした。

e5a5ce3a_1359795473495

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら