極道大戦争:感想【市原隼人の肉弾戦・意味などいらない?無理やりアクション】

これまた評判の悪い映画。
しかも監督はなんでもござれの三池崇史。

風に立つライオンや藁の盾で泣かせ、愛と誠で観客を置いてきぼりにし。
年に数本は映画撮らなきゃ死んじゃいんじゃない?ってくらい働く三池監督。

この映画の大失敗の理由は?探ってみたいと思い、鑑賞。

大戦争

う〜ん。わけわかんない。

でも映画として面白い。途中まで普通の重々しいヤクザの様相。
市原隼人がつぶらな瞳と、ガチガチマッチョな体で頑張る。
このまま一風変わったヤクザアクションにするっていう手もあったかもしれない。

映画は暴走を始める。
割と中途半端に。
意味不明のギャグを交えて。

ところがそうなってきてから、頭の中に「?」が広がっていき、マイノリティになっちゃった人間のヤクザ連中にすごくシンパシーを感じるようになる。
わあ、ヤクザって頑張ってるんだ(映画の世界では、ね。)って思う。

 

 

僕はアクションシーンに興味がないので、あまり重要視していないんだけど、タイマン勝負が永遠に続くかのような過剰な演出とか割と面白かった。
途中からの展開を受け入れるかどうかで、この作品の価値?星の数は変わるんだろうな。


大戦争

いきなり世界が変わって

え?え?って思ってるうちにわードンガラガッシャン!
そんな映画。

これは映画見ながら

「ふんふん、まあ次はこうなって、こいつが死んで、ああなって、ここで盛り上がってこう終わるでしょう」

なんて予想しながら、「ほーらねやっぱり。ほほほ」なんていう映画ファンに対するほくそ笑みに対するアンチテーゼか??(笑)

でもそれが「ああ!やっぱり!こんなわけわかんないクソっぽいの撮るなんてさすが三池監督」なんて呼ばれちゃうことになるんだろう。残念。

 

いつもB級映画で顔を見る俳優俳優さんが大勢出ていて、なんか気持ちがほっこりする。
これはのもしかしたら「俳優さんたちへの忘年会」的な意味合いもあるのかも?なんてね。

大戦争

まあマッチョな市原隼人はあんまり好きではない。
悲しいからっぽの目を生かすためのマッチョだとはわかるけど。

リリィシュシュの市原隼人が、やっぱり好き。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

私たちのハァハァ:感想【わけわからず走り出す、そしてこける女子高生ブランドムービ... https://youtu.be/I7lr8afQgY8 私たちのハァハァ:これが映画なのかどうかは見る人の自由 ラブポップというどうしようもないJK映画があった。映画の態をなしてないんだけど、な...
深夜食堂映画:感想【思い込みと勘違いでイイ話はできている】小林薫の深い顔・田中裕... https://youtu.be/u23h5Y3NrTE TVでも人気の深夜食堂。 映画版をWOWOWで見た。 深夜から朝まで開いてる食堂。 メニューはトン汁定食と、できるものいろいろ...
《ヘドヴィック&アングリーインチ:感想》世界最高のロックバンド... 男性として生まれ、愛を手にし、愛に裏切られ、女性として愛を手に入れようともがき、愛の起源を知る。 前半は楽曲のよさとぶっ飛ばしライブシーンが一杯で、楽しいことこの上なし! 世界一好きなバン...
映画「バクマン」を見て思ったこと(映画の感想とはちょっとちがうかな?)... https://youtu.be/AjuyrRTqfkE 映画館で見たかったけど、逃してしまった「バクマン」をDVDで見た。 TVドラマであってる「重版出来」とも共鳴しあって、かなりの力作で。...
【パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト:感想】美しい音楽には美しいミュージシャ... https://youtu.be/wp0vuaMkEqU   バイオリニスト、作曲家のパガニーニ。ブルースでいえばロバートジョンソン。悪魔に魂を売って、演奏技術を手にしたっていう噂?...
MOZU劇場版:感想【15話見てくれたファンへの感謝祭】... https://youtu.be/jur-t0TNUW0   劇場版MOZUを、早速見てきた。 封切り後の週末としては、お客さんまばらだった。 まあしょうがないか。 だってこれ...