呪怨 ザ・ファイナル:感想《ある意味日本のホラーをだめにした傑作シリーズ》

日本の平成ホラーは、「女優霊」で発火して、「リング」で燃え上がりはじめた印象。

この呪怨シリーズはビデオ作品が口コミでひろがって、映画化したという、ある種のアメリカンドリーム?

  • しろぬりの白パンツのじゅおん君
  • 貞子をハイパーにした感じの伽椰子さんの動きと声(音?)
  • わけわかんないご都合主煮のストーリー。

みんながこれを劣悪コピーしてホラー映画を作りまくった。

じゅおん

 

ホラー映画はパーティー映画だからいいんだよ!なんて声も聞こえるけど。
やっぱり映画としての体をなしてないものが多すぎて。
ホラー好きなぼくとしては、断罪したい。

呪怨がすべてをダメにした、と。

 

呪怨はホラーをお祭り映画にしてしまった。
お笑いにしてしまった。
サビ始まりのJPOPにしてしまった。

見たあとの気持ち悪さとか、不安感とかのまったくないホラー。
健全といえば健全かも。
それとも即物的な現代の空気をしっかりとらえたものなのかもしれないね。

 

対するマイアイドル「貞子」には呪うべき事項があり、シンパシーがあり、ドラマがあるっていう昔ながらの映画。ホラー映画っていうジャンルじゃなくて、ものがたり。
でも冒頭の死体のシーンはものすごい印象。こわい。夢にみそう。

伽椰子さんが異様だったとしても、もう僕らは貞子を知ってしまってるから。

 

その後のくだらない映画は、本物をおいしくするための燻製用チップだとおもうんだ。
美少女ホラーに出てくる女優さんは、ほんものの美少女探検のための道具かも。

 

さて、次は?

まずは「劇場霊」に期待しますか

わ~い!
わ~い!

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

スポットライト 世紀のスクープ:感想【戦わない者たちの事情】潰されても、潰される... https://youtu.be/h8TwCzA59Lg   スポットライト 世紀のスクープ:真実をさらけ出すために ボストングローブのスクープは、くだらない芸能人不倫ニュースとか...
シン・ゴジラ【ネタバレせずにどれだけ書けるか?】吉本新喜劇から進撃の巨人まで(も... https://youtu.be/izauIfJl4II シン・ゴジラ:いやあ。怖いっすよ。きもいっすよ。 ゴジラ映画で育った僕ら昭和40年選手から見ると、今回の「シン・ゴジラ」は僕らのお父さん世...
《リピーテッド:感想》ニコール・キッドマンのリアル老け顔... 朝、目が覚めたら「記憶」がない。 飲みすぎ?いやいや鏡に映る自分の姿は、まるで20年もたっかたのような老け具合。 しかも、 隣にしらない男が寝ている。私は裸だ。いったになにが?? ...
パトリック《戦慄病棟:感想》残念なイケメン映画... https://youtu.be/v5YKOEjC_Zw 脳死状態のイケメンくん。自分のことをかまってくれる新人看護婦に心を開いて、サイキック能力までひらいてしまっちゃうお話。  ...
きみに読む物語:感想【目の覚めるような美しいシーンで綴られる一生の恋物語】... https://youtu.be/TNOAYjwwUI0   きみに読む物語:珍しく核心をついた邦題 あのグロリアのジーナローランスが真っ赤なスーツで美しい。冒頭のシーン。 読み...
駆込み女と駆出し男:感想【詳細もセリフもちんぷんかんぷんでも】時代劇は古い言葉で... 軽薄を絵に描いたようなからっぽの大泉洋。主演的なあつかいだけど物語を転がすくらいで、ちょうどいい塩梅。 江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆...