呪怨 ザ・ファイナル:感想《ある意味日本のホラーをだめにした傑作シリーズ》

日本の平成ホラーは、「女優霊」で発火して、「リング」で燃え上がりはじめた印象。

この呪怨シリーズはビデオ作品が口コミでひろがって、映画化したという、ある種のアメリカンドリーム?

  • しろぬりの白パンツのじゅおん君
  • 貞子をハイパーにした感じの伽椰子さんの動きと声(音?)
  • わけわかんないご都合主煮のストーリー。

みんながこれを劣悪コピーしてホラー映画を作りまくった。

じゅおん

 

ホラー映画はパーティー映画だからいいんだよ!なんて声も聞こえるけど。
やっぱり映画としての体をなしてないものが多すぎて。
ホラー好きなぼくとしては、断罪したい。

呪怨がすべてをダメにした、と。

 

呪怨はホラーをお祭り映画にしてしまった。
お笑いにしてしまった。
サビ始まりのJPOPにしてしまった。

見たあとの気持ち悪さとか、不安感とかのまったくないホラー。
健全といえば健全かも。
それとも即物的な現代の空気をしっかりとらえたものなのかもしれないね。

 

対するマイアイドル「貞子」には呪うべき事項があり、シンパシーがあり、ドラマがあるっていう昔ながらの映画。ホラー映画っていうジャンルじゃなくて、ものがたり。
でも冒頭の死体のシーンはものすごい印象。こわい。夢にみそう。

伽椰子さんが異様だったとしても、もう僕らは貞子を知ってしまってるから。

 

その後のくだらない映画は、本物をおいしくするための燻製用チップだとおもうんだ。
美少女ホラーに出てくる女優さんは、ほんものの美少女探検のための道具かも。

 

さて、次は?

まずは「劇場霊」に期待しますか

わ~い!
わ~い!

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

私の少女:感想【ペ・ドゥナの映画は外さない】悪者は悪い心でできてるんじゃない... https://youtu.be/fzHgIzUezCY 少女を虐待する義理の父 その母 小さな町の閉塞感 不法滞在の労働者 マイノリティーの警察官 そして 殴られ続ける少女 ...
進撃の巨人:エンドオブザワールド感想【東宝映画だよ?みんな!何か勘違いしてない?... 前作に続き酷評の嵐。進撃の巨人映画後編。 この、全編後編にわけるのはほんとやな文化だよなあ。3時間半にまとめればいいじゃんよー。倍の金額とってでも。 スペックの映画番見た時は前編がまだあっ...
【NY心霊捜査官:感想】絶対なりたくない職業はこれ!... https://youtu.be/AdR31ooQ2wo 都会の暗闇をどぶさらいする刑事さん。ほんとに大変な仕事だろうなあ。わけわかんない事件、残虐な犯人。 そんなんばっかで機嫌がわるいし...
幕が上がる【夢追いの不安と希望】ももいろクローバーZ贔屓の人じゃなくても楽しめる... https://youtu.be/3K9yQHFBUxs   「幕が上がる」ももクロちゃんが好きだからこそ、ちょっと敬遠していた。 彼女たちのストーリー自体がまるで映画のようだから...
【泣く男】感想 チャン・ドンゴン主演の東映セントラル映画。... https://youtu.be/R_LZQ4jsnfc 殺し屋が仕事をする。 人を殺すなんて仕事、普通じゃできないよね。でも、彼はいろんなツライことの後、殺し屋になった。 ちゃんと...
戦争と一人の女:感想【イデオロギーを映画化する危うさと、それでも踏ん張る江口のり... https://youtu.be/bNzwB6iWLJM   戦争と一人の女:嫌われることをやる映画人 日本人がいかに戦争で狂ったことをやってきたか!ということを、エロというわかり...