廣久葛本舗・秋月:紅葉の終わりと春を待つ桜並木【さよならまたね】

ほぼ毎年、春か秋、秋月に行ってる。
20年前くらいから。

秋月にある資料館のポスターを作る仕事で、知った。

息子が生まれてから運転免許を取ったので、その頃からずっと来てることになる。

 

春には桜並木、秋は深い紅葉。
大好きな窯元もあった。
割とちゃんとしたお値段だったので、一年に1個づつ買ってた。
10年くらい前からは疎遠になったんだけど。

 

今年はちゃんとした紅葉、見てないなあ…。

11月の休日でいつもはピークなんだけど、今年は暖かいから少し遅いみたい。
12月の頭でもまだ紅葉してたから、もしかしたらまだあるかも?と
早朝から出かけた。

 

予定より少し遅れて出発。8時半過ぎに到着。

駐車場がらあき。
出店も開いてない。パン屋は開いてない。

冷たい空気だけ。

 

紅葉は、ピークを過ぎて散ってた。
ところどころに面影を残して。

2015-12-06 08.38.32

 

細胞が目覚めるくらいの冷たさで。くしゃみが連続で出る。

2015-12-06 08.48.20

 

草木染めの職人さんに聞いたことがある。

桜色の染料は、冬の桜の枝から取るらしい。
春を待って、濃いピンク色をこの冷たい黒々とした枝は隠し持ってるんだ。
花を咲かせるために。ぎゅっと。

そんなことを思い出しながら、歩く。

猫がお出迎え
猫がお出迎え

 

秋月に来たら、絶対ここに寄ると決めてる廣久葛本舗

創業文政二年(1819年)の老舗。ここの店舗は「葛をもっとポピュラーにしたい」と20年ほど前にできたらしい。
昔は雰囲気違ってたもんね。販売だけだったような気もする。

抹茶セットをいただく。

ストーブがごうごうと燃えてる
ストーブがごうごうと燃えてる店内
優しく、甘い。つるっとした葛。
優しく、甘い。つるっとした葛。

 

忙しさにかまけて、桜や紅葉を見なくなるのは寂しいな。
都会に住んでいるからこその、自然好き。
レジャーとしての自然との関わりしか持たないことに特にやましさは持っていない。

生活に欠けてるものとしての、四季。
そんなことを考えた日。

また来年
また来年





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

人生五十年。新人インターンの気持ち。知らないことが多すぎて…... みんな、インターネット使ってるよね? 不思議だとおもわない? どうしてパソコン上にキーワードをいれて「検索」したら、あんなにドバドバ「あなたの探してるのはこれじゃない?」なんてのが出てくるのか...
あれから1年、はやいものだなぁ。マーヤ21歳はじめてのライブは遅刻早退女子ズ... マーヤがラストティーンエイジの年にはじめたバンド「マーヤとストーカーズ」から。 20歳、そして 21歳の誕生日をむかえた。 まあ年ごろの娘さんらしい悩みや迷いや怒りをおりまぜながら生...
2015年仕事納めに思う。仕事って「楽する」べきじゃないと思うけど、「楽しむ方法... 出来上がった文字や写真を配置したり、パンフレットの全体を考えたり ちょっとしたイラストを泣く泣く描く仕事から、文章を書く仕事に変わったのが1年ちょっと前。 50歳なんて現場仕事じゃないよね。 ...
ピンクの象のはなし 先日のキャバーンビートでの投げ銭ライブ。 今回は喘息がでてて絶不調だったんだけど。 うれしいことがあった。   出演者の一人から 「ピンクの象を歌ってた方ですよね?」 と...
ナナロク社の作る本は とてもめんどくさい。 めんどくさいから、やらないことを それでもやりたいって人が知恵を振り絞ってる感じがする。 ナナロク社 もちろん、僕らは能力者やスペックホルダーではないので でき...
池松壮亮がエレガンスをまとう時「海を感じる時」「愛の渦」「大人ドロップ」「紙の月...   「海を感じる時」 「愛の渦」 「大人ドロップ」 「紙の月」 僕が見た、彼の映画はこれだけ。 あとTVドラマ「MOZU」   若い...
無印良品の本屋コーナーがすごいんだけれども。... 無印良品っていうシルシ。 なんかすごい威圧感を感じる。エコロジカルなコムデギャルソン?ジャパニーズリベラシオン? すごーく薄味の料理をだされて、それも品のいい形のうつわで。 見て見ぬ...
ニコランコラン作・人形劇三部作:最終章【チケット発行人】の裏では…... ニコランコランが、いつ人形をつくりはじめたのか、わすれた。 最初のころは、半立体のタペストリーだった気がする。 それが、平面からぽんっと抜け出してきた。 数年前。作品も増えてきたから「せ...
高橋プランクトンという男を知っていますか?... ここ数ヶ月、いろんなところですれ違ったり、ライブを見てくれたり、噂を聞いたりしていたのだけど、先日のブローインのライブで初めて彼の歌を聴いた。 プランクトンのように小さくて、プテラノドンのように...
浅草演芸ホールで本物の美しさを知る【東京おのぼりツアー記:その3】... 東京おのぼりツアーシリーズ >>27年ぶりのブルートニックLIVE。【東京おのぼりツアー記:その1】 >>グザヴィエ・ドランのエレファントソング@渋谷UPLINK【東京おのぼりツアー記:そ...